タイトル画像

発作的夏遠足

2016.08.21(21:27) 1793

ちびっこの夏休みも気づけば残り僅か。
家族の一員として、暑い間もせっせと学童に通ったちびっこ。
今日は家族の休みが合った日曜日。
ならば!と急遽思い立って遠足決行。
せっかくならずっといつかやりたいと思っていた流しそうめんをやろう!ということに。
選んだのは長瀞。

秩父鉄道はICガードが使えないのね。
お得なフリー切符を駅員さんが勧めてくださいました。
うたた寝しながら列車に揺られて、目が覚めたら山がぐっと近くにありました。

家からおよそ2時間余りで長瀞駅に到着。
のどかな駅の風景。


まずは流しそうめんのお店へ。

大人気のお店で、美しい景色にうっとりとしながら待つこと2時間w


やっといただいたおそうめん。

豚の串焼きと鮎

お腹も膨れたので、途中お漬物を買っていただきながら


地質の宝庫岩畳へ。

冷たい川の水の中には小さなお魚やエビがいました。


もちろんちびっこ大喜び。

川に未練を残しながらもかき氷も外せない!
日本で天然氷を作っているのは、日光と軽井沢と、ここだけなんですって。
ふわふわしたかき氷、いただきました。


帰りには電車の窓から真っ赤な夕焼けを背にした富士山も見ることができて大満足。
ここ数日の不安定な天気を考えると、見られてラッキー!
ちびっこのおかげで楽しい夏休みの1日過ごさせてもらいました。
スポンサーサイト

んさいげん!


タイトル画像

どこにいたの?/シン・ゴジラ

2016.08.18(20:38) 1792

最近、家族の一人が爬虫類にはまっております。
爬虫類カフェとか行くんだって。
そんな家族に「大きな爬虫類見に行かない?」と誘って映画見に行きました。
シン・ゴジラ。

えーと、お話は東京湾にゴジラが現れててんやわんや、、というもの。
実はちゃんと全編みたゴジラってたぶんこれが最初。
作品は見てなくても、、ゴジラってどんなんか、一応わかるのね。
で、この作品で最初に出てきたとき、「これ?!」って正直思いましたw
ねこバス???
これでいいの?
と思ったのですが、だんだん、そうじゃなくなってきたので、ほっとしました。
でも、ゴジラって溶岩みたいな、体の隙間から赤々としたものが見えるものなの?
といった按配でへー!!ほぉぉ!!
となりました。
これは他のゴジラ作品も見てみたいぞ。
お話はゴジラという日本存亡の危機に立ち向かう人々、って映画だったかな。
主役はだからゴジラ、じゃなくて人間か。
思った以上に面白かったです。
で、最後のクレジットで、あらまあ!!クレさん、出てるじゃない。どこにいたの?
DVD出たらもう一度確かめてみたい。

んさいげん!


タイトル画像

どっち?どっち??/「帰ってきたドラゴン/神龍小虎闖江湖 CALL ME Dragon 」

2016.08.17(17:29) 1791

もう一本見た香港ブツ。
「帰ってきたドラゴン/神龍小虎闖江湖 CALL ME DRAGON」
bsroom021.jpg
お話
奪われた真珠を追って、一人のカンフー使いがある村を訪れた。村を支配するギャングのボスは、腹心の部下を遣って彼を倒そうとする。そこへ、主人公を助ける謎の美女が現われ……。真珠を巡って展開するカンフー・アクション。ブルース・リャンと倉田保昭の顔合わせが当時、話題を呼んだ。
<allcinema>  allcinemaより
お話はまあシンプル。
ここはひたすらブルース・リャンと倉田先生のアクションを愛でる作品でした。
ブルースリャンの足技のなんて美しいこと!!
壁のぼりのシーンままさしくキターーーーっ!!て感じ。
得点でついていた倉田先生の
「俺たちがブルース・リーに対抗できるのはこれしかない!」と編み出したアクション。
(その割に地味だった・・・とはご本人の弁  苦笑)
いえいえ、手に汗握る名場面でしたよ!!!
ところでこの作品、ちびっこも一緒に見てたんですが、後半倉田先生が出てきてから、どうやら個体識別不能に陥ったらしく、
「こっちがドラゴン(ブルース・リャン?」
「こっちがジャガー(倉田先生)?」
とずっときいていました。
二人とも若かったしね。
若かりし頃のブルース・リャン
Ryan.png
今なら一発でわかるでしょ。
ブルース・リャン近影
ad4e9f7c75f70dc66e095907585e99bd.jpg

んさいげん!


タイトル画像

見どころは髭がーとん/イエスタデイ、ワンスモア 龍鳳門

2016.08.16(20:41) 1790

220px-Yesterday_Once_More.jpg


ジョニー・トーの作品は面白くて、好みの差はあっても「ハズレ」がないので、ほとんど全部見てるんだけど、
珍しく公開10年経っても見てなかった作品がこれ。
正確には何度か途中まで見ようとしてたんだけど、何度か挫折してました。

盗んだネックレスを山の上まで持っていくところあたりまでで、中断。

でも、今度はなんとか見終わりました。

アンディもサミーも好きな俳優さんだし、
これまでにも古いものでは「ダイエットラブ」や「Needing You」、新しいところでは「名探偵・ゴットアイ」とか好きだし。
特に「名探偵 ゴットアイ」は傑作中の傑作とおもうし。

この作品はクールなアンディがむちゃくちゃかっこいいのよねえ。
なのに、なぜか作品にのめりこめない。
アンディにもサミーにも感情移入ができないの。
この二人、愛し合っているはずなんだけど、それが感じられない。

それと、作品のテンポかな・・・。

お笑い担当の許紹雄もなんだかぱっとしないのよねえ・・。残念。

しかし、そんな中できらりと光ったのはアンディアニキの弟分、ガートンよ!!

お髭ガートンは保険会社の調査員なんだけど、これがサミーのフィアンセ・スティーブ(カール・ン)のママ(ジェニー・フー)と対抗するんだわ。いいわ~、ガートン。
あの保険金の小切手を手渡す時の引っ張り合いって、同じトーさん作品の「黒社会」の龍頭棍を渡すところと一緒だ。

と、当初、出ていることも知らなかったガートン萌え作品でありました。

あ、スティーブ役のカール・ン(吳嘉龍)ってリチャード・ンの息子さんなのね。
ああ、スティーブの名前が出てくるたび字幕をスディープと空目していたことは言わずもがなです(苦笑)



ストーリーは以下ネタバレ映画.comより。
⇒見どころは髭がーとん/イエスタデイ、ワンスモア 龍鳳門の続きを読む

んさいげん!


タイトル画像

電飾バージョンも出た!

2016.08.15(07:03) 1789

公開3日を過ぎて、いろんな劇場のSudeep様がどんどんアップされてきています。
青電飾Sudeep 様

赤電飾Sudeep 様

こ本人がいらしたSantosh劇場の

さぞや重かろう!な花飾りSudeep 様

街角のちょっとアレなSudeep様

タスキ掛け風花飾りSudeep 様。

もちろんミルクを浴びるSudeep 様も。

こちらはケララ州のポスターだそうです。
ケララの方はタミル語分かるので、あちらではタミル語バージョンが公開だそうです。

さて、あたしは盆業務最終日。軍資金稼いできます。(๑و•̀ω•́)و

んさいげん!


最近の記事
  1. 発作的夏遠足 (08/21)
  2. どこにいたの?/シン・ゴジラ (08/18)
  3. どっち?どっち??/「帰ってきたドラゴン/神龍小虎闖江湖 CALL ME Dragon 」 (08/17)
  4. 見どころは髭がーとん/イエスタデイ、ワンスモア 龍鳳門(08/16)
  5. 電飾バージョンも出た!(08/15)
次のページ
次のページ