タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

お脳みそが痺れる/Bachchan

2013.11.20(16:09) 1294

今年の4月にインド・カルナータカで公開になったSUDEEP様の【Bachchan】。
字幕なしのVCDと3作品1枚のDVDは10月下旬に発売されるものの、DVDは出ず。

Sudeep様ご自身のツィートで



DVD発売を知ったのが11月12日でした。
翌日カンナダ屋さんから入荷したので発送しますよのお知らせ。

待つこと1週間。
やっと届きました。
昨日届いていたのですが、仕事で留守の間だったらしく持ち帰り。
夕方電話したら、再配達は明日です、とので、やっと今日の11時に届いて、荷物を解く手ももどかしく、さっそく鑑賞。

【お話】
警察に突然、男(Sudeep)が乱入。
警官を殺し警察のバイクを奪い逃走。

次にやってきた病院で医師を殺したのち逮捕されます。

取り調べに当たるVijayakumar(Jagapati Babu)。
やがて犯行の動機がBharathの口から語られ始めます・・・。

これ、謎解きがはいるので、どこまで語っていいものやら。
詳しいストーリーはカーヴェリ川さんのブログでご覧ください。


あたしは同じような動画だけバンバン見てましたが、ストーリーは白紙で見たのがとてもよかったと思います。
もし、これからご覧になる方がいたら、是非全くの予備知識なしで見ていただきたいです。

あちらのファンの様子では、かなりの興奮ものの作品らしい、とはうすうす感じていました。

しかし、まさかここまですごいとは・・・。

脳みそがしびれました。

冒頭の13分、スディープは全くのセリフ無しです。
歩く暴力、そのもの。

この冒頭の行き詰る殺戮、カーチェイス。
語られ始める物語。


ビジネスマンに、
楽しいダンス、
狂気のスディープ、
ロマンチック・スディープ、
そして、怒れる男!!
bachchan_13515089378_convert_20131120221513.jpg

bachchan-05_convert_20131120221634.jpg

had-to-forgo-four-films-for-bachchan-parul-18075_b_c3e4ca1bae13ebf310f41ed5aebe5a69.jpg




あたしの見たいスディープさまがてんこ盛り。

お話が進んでかなり後半で出てくるSADA NINNA KANNALIはこれから起こる出来事の予感とお相手役のBhavana演じるAshwiniが可愛いのとスディープさまのあまりの色っぽさに、鼻血ぶー太郎になりました。

そして最後にやってくる落涙シーン。

激烈なエネルギーの塊のような作品であり、同時にスディープのふり幅の大きさを堪能できる作品です。
これこそ日本で公開してほしい。
今公開中の「マッキー」見た後なら、さらにスディープのすごさが感じられると思います。

4月にカルナータカ州で公開されたあと、4月にドバイをはじめとする中東諸国で公開。
6月にドイツ、7月にオーストラリア、11月にアメリカ・カリフォルニアで公開されています。



悪者3人左(側ね。念のため)。
Bachchan111.png

事あるごとに甘いものを食べるな!と迫るDr. Srinivasa Iyengar(Nassar)
占星術警官Mahesh Deshpande役のAshish Vidyarthi
悪徳不動産業者Jayaraj(Ravishankar)

お昼に見たのに、まだ興奮が冷めやらない。

何回か見たら、また書くかも。
とりあえず初見の感想を。

甘く切ないSadha Ninna Kannali



予告編。


スポンサーサイト

んさいげん!


タイトル画像

だんだんオンになっていく!!

2011.12.25(22:04) 782

クリスマスの仕事、終了!!やっと本当のクリスマス気分になりました。

仕事場ではもう、お正月に売り場が変わってるんだろうなあ。

今夜一晩でがらりと変わるよねえ、日本は。

さて、はっかんはアメリカでイブの夜のコンサートでした。
微博より。

アメリカに着いたときは、寒さのせいかしょぼしょぼしてましたが
6679b5b0jw1dod3p1cf89j.jpg

ホテルでステーキ食べて(さすが、肉食系!!!!)


6679b5b0jw1dodj2iihakj.jpg


リハーサルをし、

6679b5b0jw1doej6xtahbj.jpg

髪もセットして

6679b5b0jw1doeu4go3z6j.jpg


衣装も着て。
これは一番最初の衣装だ。

6679b5b0jw1doeul7vkebj.jpg


だんだん、お顔つきが変わってきます。

いいわあ。歌ってる後ろ姿、大好きです。

趙熹先生が撮ってくれました。多謝。

71906609jw1doez7ygqh7j.jpg

明日、もう一場あるようです。

今頃はコンサートも終わって休んでいるのかなあ。

来年2月はシンガポールだって。行きたいなあ。

んさいげん!


タイトル画像

「李克勤與香港小交響樂圑演唱廳2011」CD&DVD

2011.10.16(09:33) 735

先日、届いた「李克勤與香港小交響樂圑演唱廳2011」CDとDVD、一通り見終わりました。

あの夢のような夜が蘇ります。

最初の「我不會唱歌 」から、バージョンアップした柔らかい声でとろけました。
三人のテノール歌手・Opus 3との「歳月風雲」が何故か、カット。入っていません。

なので高価な眼鏡姿ももれなくカット・・・。

逆に、これはカットされるだろうなあ、と思っていた「新聞Medley」は、(さすがにスクリーンに映し出されていた映像は入らないようになっていましたが、)入っていました。

でも、これだけじゃあ、何で笑ってるの?って思うよねえ。

まあ、あれだけの内容だと、入れられないのは無理ない、ほど過激だったしね。

そして、もうひとつのMedley、RYANくんとREXくんも登場のまるでマリオ?なところも完全カットでした。

まあ、カットせざるを得ないほど、やりたい放題コンサート、でもあったということか。

コンサートDVDでも十分見応え、聴きごたえがありますが、
やはり、初日のかったーぃはっかんも、とあるところで「ぎょっ」としたはっかんも、
早くも3日目で涙ぐんだはっかんも、入っていません。

やはり、コンサートは生なのよね。
今回はそれを全場見られて、家族、職場に、改めて感謝だわ~。



ところで、これはDVDなのですが、今月14日にはブルーレイの宣伝会見もやっていたようです。

久しぶりのカーディガン・はっかんです。

ブルーレイ1


ブルーレイ2


ブルーレイ3


カーディガン4

いつ発売なの?というファンの問いかけに、はっかん自身が微博で11月と応えています。
もちろん、あたしも買いますよ。

内容は「政治的内容はカットしてます」とのこと。
内容が変わるのかな?

さらに、TVBの友人とはプレイベートに食事はしてるけど、仕事の話はしない、と。

ご飯食べながら、仕事の話なんて野暮なことはしない、んだろうなあ。
オトナだわ~。

んさいげん!


タイトル画像

ただいま!

2011.09.23(22:30) 724

香港から先ほど戻って、ただいま、電車の中。

香港で名誉の負傷。
転びました^^;
タイガーバームのお世話になってます。


でも、ガッツで歩きましたよ

あちらに滞在中に、友人からはっかんのコンサートCD.9月26日に出るよ~と、お知らせいただきました。

そして、DVDは9月30日です。

そして、DVDは9月30日です。


この微妙なタイミングさて、同じ便で頼むか、別便にするか、迷うところ。

んさいげん!


タイトル画像

香港日記(1)/李克勤與香港小交響樂團音樂會

2011.07.31(23:24) 704

すごいコンサートを見てきました。

李克勤與香港小交響樂團音樂會。

1コンサート


5コンサート

こんさーと2


TVBと自分の所属する環球との関係については、マスコミの問いかけに常に前向きな事を話していた李克勤。
しかし、もともとTVBの番組でデビューし、活動してきた彼にとって、テレビに出誰無くなったことで大きな転換を迫られている事を、感じていたと思います。
また、それと前後して、新たな、そして、彼にしかできないコンサートを、模索し始めていた事は、2008年の「李克勤演唱廳演唱會」で、様々な楽器とのコラボを見ても容易に想像できます。


そして、今年。
10年前に香港フィルとの共演を彷彿とさせる、香港小交響楽団とのコンサート。
4コンサート



あの10年前のコンサートは私はdvdでしか見ていませんが、あのときをはるかに上回るはっかんの新境地がうかがえるものになりました。



まず、オーケストラがバックについて、踊りは完全に封印されました。

オーケストラとはっかんの豊かな表現力を生かし、新たなアレンジでお馴染みの定番のナンバーを、全く違う形に換え、しかも、さらに超絶技巧となりました。

特に「深深深」は圧巻。




李克勤演唱廳演唱會では、まだ、内容が楽器の名手とはっかん、という組み合わせを面白さに留まっていた感がありましたが、今回はその楽器の魅力や意外性とはっかんの歌、曲のアレンジが絶妙の組み合わせになりました。

ハーモニカ五重奏のメンバーとの「媽媽」、「藍月亮」、

三弦という中国古の楽器との、「希望」、さらに、その三弦をギターの様につかった「護花使者」は爆満の会場が湧きました。

繧ウ繝ウ繧オ繝シ繝茨シ誉convert_20110731231646


また、はっかんの新たな挑戦は、歌い方を変えてきたことにもあらわれています。



最初の曲「我不會唱歌」から感じましたが、あの、とろけるような美声はさらに深みと厚みがましましまた。
(もう、最初からとりはだのたったゲル状と化しましたよ、あたしは。)

さらに、特筆すべきは、テノール歌手三人と歌い上げた私の大好きな「飛花」。
これを声楽家の発声で歌ったのでした。

20110718_22464920110718_224649_347_convert_20110731222916_convert_20110731223540.jpg


その、低音部のなんとセクシーなこと!

更に二番はイタリア語ですよぅ。

イタリア語で、歌うはっかん!

こんな素晴らしいコンサート、550港ドルでみて良いんですかっ!

このコンサート、衣装も、色打ち掛け、肩から鹿の角、鳥人間、人間蛍烏賊漁網などの今までと比べ、非常に大人しく、今までのも好きだけど、基本がタキシード風味でタキシードフェチのあたしをどこまでも喜ばせてくれました。

数百万港ドルのメガネもたまらん!

・悶さ繝ウ繧オ繝シ繝・convert_20110731231737


あ、なかには湯上りバスローブピーターパンも、ありましたが。

20110718_22165120110718_221651_345_convert_20110731222605_convert_20110731223611.jpg


(今回、ちなみに、香港のふぁんしーのかた何人かにたづねたところ、イマイチ、だそうです。ほんこんやんは鹿の角がお好き⁈)

去年8月のmoov liveでは小編成のバックで踊りなし、おしゃべりも控えめ、という構成でしたが、今回はそれを更に昇華させました。

また、多分、いままでコンサートで歌っていなかったと思う、「榮譽勲章」を歌ってくれたのも嬉しかったです。
最高に大好きな曲。

いつもは12場くらいやるコンサート、今回は6場でしたが、あの歌に集中のコンサートで、最高のコンディションで、とおもうなら、6場が妥当だったかもしれません。

たまたま、初日の拜神をやる前にコロシアムに行き、様子をみていたら、こちらにやってきて、ふぁんしーたちに非常に引き締まった表情で、がんばる!って言い置いていったはっかん。
新たな挑戦にとても緊張したと思います。

なんだか、あたしも含め、オーディエンスも緊張気味だったかな。

で、三日め、後半で感きわまったはっかん。

え〜、はっかん、早すぎ?ともおもいながらもあたしもこみ上げてきてしまいまさた。

本当に素晴らしい6日間をありがとー!はっかん。

BRAVO!!




んさいげん!


李克勤與香港小交響樂團音樂會2011
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. お脳みそが痺れる/Bachchan(11/20)
  3. だんだんオンになっていく!!(12/25)
  4. 「李克勤與香港小交響樂圑演唱廳2011」CD&DVD(10/16)
  5. ただいま!(09/23)
  6. 香港日記(1)/李克勤與香港小交響樂團音樂會(07/31)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。