タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

インド旅行(4)インドはつづくよどこまでも

2012.03.03(23:07) 842

最後に見た映画と見かけた動物。

今までキャセイに乗ったら香港映画!と思っていましたが、さすが、キャセイ!
ボリウッド映画も見られるんですねぇ

成田→香港で見たのは、サルマン・カーンの「ボディガード」。

ボディガード


みたかったんだぁ!!
きゃせい2


各所であげてられるサルマンの筋肉踊り!どこで出てくるんだろう?と思ったら、案外あっさり出てきてびっくり。



お相手は、あたしの車の前を走ってた

かりーな2


インドの京唄子・カリーナ・カプールです。

財閥の父親に無敵のボディガード(サルマン)を押しつけられたカリーナが、なんとか彼を振り払おうと、いたずらをしているうちに、2人の関係が・・・。

お話は単純だけど、楽しいし、サルマン氏の筋肉も堪能できたし、インドへ旅立つにはぴったりのお気楽感が最高でした。

キャセイはそのほかにも帰りの便ではアミダーブ・バッチャンのを上映していたようですが、夜のフライトで残念ながら爆睡してて見てません。
キャセイ3


キャセイでは機内音楽でもボリウッドもんがあったのよ!名付けて「印度之音」。キャセイ、GJ!

きゃせい


香港→インドでは、「Rab Ne Bana Di Jodi 」を見ました。
ほれほれ~


字幕はないけど、大体のお話は分かるから、字幕が無い分、シャーをねっとりと見つめて楽しみました。

003_convert_20120303224749.jpg


アーグラのホテルで見た「Paheli」。
これ見てインドに行きたくなったので、すごくうれしかった。

あーぐらのしゃー


ちょっと疲れてて、夕飯要らないかなぁ~なんて思ってたのに、見終わったら
「さーっ!ご飯食べに行こう!!ビールも飲むぞ!!」って元気回復しました。


見かけた動物も載せます。

こんなに身近に動物がいるところって、初めてでした。
当たり前にいるんだもん。

肝心の牛は撮りませんでした。
豚も撮り忘れました。
行きの飛行機で日本の若い女の子を不安に陥れていた犬も。あまりにいっぱい(でも無気力)いて、撮りませんでした。

象  へび


らくだ  くじゃく

りす   さる

長々とインド放蕩記にお付き合いいただきましてありがとうございます。

でも、なんでもありなインドのまだまだ入口にたったところ。

また、きっと行くわ。

インドはつづくよ、どこまでも・・。

             いんどのみち



スポンサーサイト

んさいげん!


タイトル画像

インド旅行(3) 買ったもの買わなかったもの

2012.03.02(12:50) 841

お買い物。

ラクダの皮の靴。
中谷さんの本で、これを買ってるくだりがあって、欲しかったの。



よおく、サイズ見たはずか、右のはあたしには大きくて、したの娘にあげました。
左のはぴったりだけど、上の娘が欲しがったらあげます。

実はもう一足買ったのは、大きすぎ!
なんか一生懸命選んだ割に、抜けてるのよねえ…。

これって右左がないの。
そして軽い。
お店屋さんは「丸めることもできる!」って自慢してたけど、それは…なんか意味があるのかな

ちなみに、包装はこんな風。


新聞でくるんで糸で縛るのがインド流?

靴屋さん。
285_convert_20120302130917.jpg


            



ジャイプールの象で登ったアンベール城で買った日傘。

カラフルな日傘で優雅に出勤したいな。
この夏が楽しみ。
ますます派手な色好きな今日この頃。

            



バングル。

4本とか、6本とかまとめてつけるのね。

お店屋さん、「壊れない」って言ってたけど、いくつか壊れてたよぅ~。



            



操り人形。
もともと、シャーの「Paheli」を見てインドに行きたくなったのだけど、その映画の中にも出てくるのね、こういうお人形が。
シティパレスで見かけて、ガイドさんに「ちょっと見ていいですか?」って頼んで立ち寄ってもらいました。

お店ではお人形のダンスも見せてもらました。

1操り人形


お店にはこんな風にかかってました。
2操り人形

夫婦なんで二体て一組なんですって。

これも包みはこんな風。


            






「夫は甘いものが好きなんだけど」って訊いたら勧めてくださったのがこれ。

ココナッツ味。

あたしも美味しくいただきました。



それから、駄菓子屋さんみたいなところで買った、ビールのおつまみ風なもの。
左は米粒みたいな形の、塩味。
右のは、ナッツやベビースターラーメンみたいなのが入った辛い味。

これも美味しかったです。
駄菓子屋さん

売ってたお店。

ここではもうじきやってくるホーリーのお祭用の色粉と水鉄砲も売られてました。
水鉄砲

どんなお祭りなのかな。いつか見てみたいなあ。


            



右のベッドカバー(うちのはテーブルが大きいので、これをテーブルクロスにしたいなと。
そしで左はパシュミナ。

            





空港で買ったポーチ。

最後に買えなかったもの。

シャーのStill Reading Khan


CMも見てみましょう。



デリーの空港の本屋さんで見つけたの。
でも、重すぎ!
片手では持てません。

配送にして家の中に設置までしてほしいくらい。

諦めました。

替わりに本屋さんの近くにあったシャーのポスターを激写してきました

しゃー2


んさいげん!


タイトル画像

インド旅行 (2) たべたものとホテル

2012.02.29(21:51) 840

インドでのホテルと食べたもの。

インドに行く前に香港でワンタンメン。
このコシ、このプリプリえび!!ラブ



インドに向かう飛行機の機内食もカレー。
そして、左上の見てくれに似合わない激辛サラダ!ひーひー。


デリーのホテル、パークプラザハリナガルは2ランクアップグレードされてました。

お部屋が2つ。

デリーのホテル

テレビとトイレもふたつ。

でも、テッシュと時計はないの。

ホテルで食事を済ませ、迎えに来てくれたガイドさんと、デリー観光。

途中でタンドリーチキンのお店に。

写真はデザートのブラーブジャムン。

ブラーブラジャムン

激甘でしたので、ゆっくりゆっくり食べました。

ガイドさんはあっという間に食べてたけど・・。


インド2日目のホテルはカントリーイン&スイーツ バイ カールソン。

白鳥さん

お部屋では白鳥さんがお出迎え。

前夜のスイートルームより、あたしはこっちのホテルが居心地が良かったです。

次もジャイプール、ここに泊っても良いなあ、ってくらい。

バスルームにあった手桶。

トイレじゃなくて

これってお下を洗うのに使うの?と思っていましたが、ガイドさんによると、お風呂で使うものだそうです。

基本的に浴槽がないインドでは(ホテルにはありましたが)これを使うのだそうです。

トイレのタンクにおいて出かけたら、翌日、ちゃんとお風呂に置かれてました・・。

3日目のお昼ごはんは、かつて豪商のお屋敷だったところを使ったレストラン、だそうです。

このあたりから、かなり仲良しになったガイドさんとあたしは昼からビール!です。




4日目の朝もホテルで食事。

そのあと、教えてもらったラジャスターンでいちばん美味しいチャイ屋さんに。

チャイ屋さん

店主はこのビルのオーナーで、チャイ屋さんからこのビルを建てるまでになったのだそうです。

朝早くには物乞いの方たちにチャイとパンを配るのだそうです。

この後店主がやってきましたが、みんなに足を触られて尊敬されてました。
お洋服は白で、実に質素。

chai.jpg

その美味しいチャイ。美味しくて2杯いただきました。

パンとカチョーリ

ふわふわなパンとカチョーリ。
カチョーり。これにはスパイス風味のお豆が入っていましたが、いろんな種類があるんですって。

昼はカレーバイキング。

デザートのこれはジャレビというお菓子。これは甘みと酸味がありましたが、・・・甘い(苦笑)

ジャレビ


ここでもビール飲んでたらキングフィッシャーの、たぶんクリスマスのおまけかな?この帽子、いただきました。




この日の夜はアーグラに移動。
ホテルはハワード サロバー ポルティコと言うところ。

532_convert_20120229214327.jpg


うーん、鍵がボタン式で不安。
ハンガーの1つがハリガネでした!!


最終日の昼はモーテル兼レストランで。

お庭がとっても素敵でした。

芥子


そうそう、ラージガートでもそうだけど、インドってお供えとかでもマリーゴールドが使われてることが多いです。
インドの陽射しに良く映える。

マリーゴールド


そして、又飲む!

ここのハリヤーナのビール、実はキングフィッシャーなんだけど、ちょっと別バージョン。
このキングフィッシャー、すごく大好き!





それから、街中でパニプリも食べました。

ここのパニプリ、すごくおいしい!!

618_convert_20120229153110.jpg

かなりぱくついてます。




同じお店のバッラパープリ。

バッラパープリ

ヨーグルトとミントソースの絶妙なお味!!

インドを旅してて、ミントソースが色んなところで出てきたのですが、すごくおいしかったです。

これに限らず、ハーブ使いが上手いのね、インド。
ハーブの香り漂うポテトも激ウマ!!でしたよ!そこのポテト好きなあなたっ!!

さらに同じお店でパニプリの中に入れるお汁となんかを混ぜた辛くてややすっぱいこれも美味しかったです。

見てくれは全然そんな感じじゃないんだけど。

からくてすっぱいの

ああ、書いてもよだれが出てきます。

そして、ツアー最後に謎の中華。
これは・・・。

chuuka.jpg


でも、翌日楽しみが待っていたので、全然、無問題。

あ、中谷美紀さんはインドの中華は・・・って書かれてたけど、あたしも・・・。

翌朝香港で乗り継ぎに時間があったのでちょっとだけチムに。

ああ、香港も安らぐなあ。

インド映画ファンの皆様と飲茶させていただきました。

yamucha.jpg


インドのご飯。

ツアーのお食事では、総じてカレーと呼ばれるメインはヤギ肉カレーとお豆のカレー。

どっちも美味しかったです。

でも、今回、インドで食べたもののナンバル・ワン(NO.1)はパニプリ屋台の3種のおやつと、ジャイプールのチャイだったかなあ。



んさいげん!


タイトル画像

インド旅行 いったところ

2012.02.29(05:04) 839

26日夜、帰宅しました。

皆様には、ご心配いただきましたが、かどわかされることもなく、イケメン・インド人をかどわかすこともなく、腹も至って元気です。

ってことでちょっと今回は長めですが、お暇があるときにでも寄って行っていただけると嬉しいです。

今回は成田→香港→印度という飛行機でした。
香港と印度の間はキングフィッシャーという、同名のビールも美味い航空会社です。
(経営不振で、行った当日、大ニュースになっていましたが。)
iphone_20120227175913.jpg

デリーでは

インド門。

iphone_20120227180016.jpg

戦死したインド兵の名前が刻まれる門。

フユマーン廟。

india 22-15


india 22-11

クトゥブ・ミナール。

india 22-18




レッドフォード。
india 22-6






明らか、積み過ぎだろっ!な自転車や車とすれ違い、

india 22-9


india 22-10

高速道路では駱駝の逆走に仰天し、

町角のシャーに慌ててシャッターを押しながら

india 22-8


ラジャスターン州ジャイプールに移動。

早起きして象のタクシーに乗り、
香港人にもちょっかいを出し、目指すはアンベール城。

india 22-13


ここの鏡のモザイク模様の寝室がとってもロマンチック。

india 23-1




カーマスートラ好きのwガイドさんとあれこれ妄想をしつつ見ます。

シティパレス入口ではへびつかい登場。





腰引けてるわぁ~。

シッティパレス。

262_convert_20120228204358.jpg


そして、ジャンマンタル。
ここの現地ガイドさんがあたしの生年月日から星座を計算してて、その手つきが、あの、指関節使ってのそれなので、興奮して激写。


india 23-3

じゃんけんしそこない、じゃないのよ~。


india 23-4

そして、水の宮殿(男性たちの夏場の遊び場)と
mizunokyuden.jpg



外に出られない女性たちのための風の宮殿。

india 23-2


そして、同じラジャスターン州のアーバーネリーの階段井戸。
実はあたしにとっては、ここが一番見てみたかったの。

雨水を溜める貯水池の中にある、宮殿。
その水面を渡る風はさぞや心地よかったことでしょう。

砂漠地帯にあっては、いちばんの贅沢、だったんだろうなあ。

india 13

india 12



途中、DDLJで出てくるような辛子菜畑を車から写真をとっていたら、気を使ってくださったガイドさんたちが車を止めて、あたしをカージョルにしてくれました(爆)


 どぅちゃでかといぇちゃらさらん~♪

参考映像。

らららら~ららららら~♪



次はファティーブルシークリー。

P2240441_convert_20120228211444.jpg




sya-nagurareru.jpg


ここはシャーの映画の「Pardes」の撮影に使われたそうで、現地ガイドさんが「ここでシャールクが殴られました」と説明。

「あらあ!可愛そうなシャールク!!」


アーグラーに移動し、アーグラー城。

india 8


ここって、三分の二はインド軍が使っているそうな。

迷彩柄多し。

india 10


ここから、息子に幽閉されたサージャさんは、愛しのムムターズが眠るタージマハールを眺めていたのかな。

497_convert_20120228212534.jpg

india 7

結婚式の馬車などを眺めつつ移動。

タージマハール。

朝日に映える姿は優美です。

なかに入るときは靴を脱ぐか、靴カバーするのね。

india 15


india 16


ここではゆっくり時間をとっていただけてました。
とっても幸せなでした。



ザ・観光地巡り。

とにかく、日本語堪能で知識豊富なインド人ガイドさんの説明(含む・カーマスートラ)が最高に面白かったです。








んさいげん!


インド旅行 2011.2
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. インド旅行(4)インドはつづくよどこまでも(03/03)
  3. インド旅行(3) 買ったもの買わなかったもの(03/02)
  4. インド旅行 (2) たべたものとホテル(02/29)
  5. インド旅行 いったところ(02/29)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。