タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

てんやわんや(ちょこっと追記)

2014.06.05(11:32) 1385

【追記】

冒頭から書き足しちゃいます。



今回、カルナータカのバンガロールとマイソールのそこここで見かけた花。


ざっとにわか雨が降ると、まわりの空気がひんやりとして、この花が街のあちこちに撒かれたように散っていて、それはそれは美しかったです。

インド映画の雨のシーンのあの幸福感がなんとなく実感できた瞬間でした。

ツイッターできいたらMay Flower と教えていただきました。
今も咲いてる?って聞いたら
咲いてるけど五月ほどじゃない、と。

この時期に行けて、本当に良かった

さて本題

① あわやチケット紛失?

シンガポールで乗り継ぎの時間の間。  
免税店でお買い物してると、やれチケット見せろ、とか、ほれパスポートはどうした?とかあるでしょう?
それにインド人の皆様から、今どこだ?いつつくんだ?とありがたいお問い合わせをあちこちから。
お返事している間にどこにしまったかわからなくなったんですね。

もうすぐあたしの番なのに、チケットはどこ?!

結局近くの椅子でカバンの中、炎の大捜査線しまして、最後にバンガロール行きの飛行機に乗り込みました。

②リキシャ・ワーラーめ!



一日貸切にしたオート。
このおっちゃんが、いちいちあたしの行先をきく。
大体、今日行きたいところに最初に話した時に、オッケー、って言ったよね。

映画見終わったあとに迎えに来たオートには巨大なカナダ人を乗せていた。
まあ、その間に仕事したい事情は分かるからいいとして、なんであたしのお尻がはんぶんはみ出した状態でオートに乗  らなければならんの? 
 
しかも、そのカナダ人をホテルに送った後、「次はどこだ?」
目的地を言うと「そんな遠くには行けない」
「住所を言え」
しかも、行きたかったお店と違うところに連れて行かれて「ここがRain Treeだ」。
おいっ!

あたしはこの向かいのVinod Videoに行きたいのに、「もっといいところを知ってる」といって、まあ、そんならとのったあたしが愚かでした。
その店、しまってて、戻ってくれ!というと「そんなに遠くには行けない」
 
しかも、いちいち「次はどこに行くんだ?」と聞く。
途中から「覚えてる?言ってみて!」と返したら、ちゃんと言えるじゃない。
ちゃんと連れてってはくれなかったけど(爆)

でも、これ、観光地じゃないバンガロールだかやったけど、ほかではこわくてできないな。

オートの運転手相手に、お互い大きい声でへっぽこ英語で言い合ったのは、ちょっとおかしかったけど。
 
これに懲りたので、次回からはホテルのタクシー(翌日もう一度DVD買いに行ったとき使いました。2時間500ルピー。)高くても使う。

③ガイドさんが来ない!

バンガロールは観光地ではないので、英語のガイドさんだけなんですって。
というか、ガイドさん自体が少ないらしい。
到着した日は空港に迎えに来てくれた方と緊張しながら3日目のナンディヒル出発時間を打ち合わせ。
9時に約束したのに、その日担当のガイドさんが9時20分になっても来ない。
電話したら「10時ですよ、約束の時間は、マダム。今、車で向かってます」だって。
のちに別件で現地の日本の旅行会社の現地事務所に電話で問い合わせたときに確認したら、やっぱり9時だった!!!
旅行社の方(日本人)、「あー、そんなこと言ってごまかしてましたか」。
あたしゃやっぱりごまかされてたんだな!!

④ワイナリーは?

ワイナリーに行きたくてナンディ・ヒルのツアー、頼んだのに、ナンディヒルだけで帰ろうとするガイドさん。
ワイナリーは?って聞いたら「知らない・・・・。」
「そのワイナリーはここから遠いし、三日前までに予約しないと入れない、って。」

この件については旅行者に問い合わせたら、翌日別のところを見つけてくださったので納得しましたが、きけて良かった です。
しかも素敵なワイナリーだったし。
じゃなかったら、そのままもやもやしたまま帰国してた。
前日のリキシャワーラーとさんざん言い合ってたからウォーミングアップできてたんだな、きっと。
 
でも、次回は最初に行こうとしてたとこ、行くぞ。

⑤部屋に入れて!!!
 
最後に泊まったマイソールのホテル。
カードキーはこんな感じ。



一応使えました。こう見えて鍵でした。最初は。
翌朝朝食済ませて部屋に帰ろうとすると、あれ?開かない。

こういうことは香港のホテルでもありました。
そう、磁気に近づけるとだめらしいのね。
で、フロントで処理してもらって再度部屋に戻るものの、あれ?開かない。
で、また戻って話すと「セキュリティが行くから部屋の前で待ってるように」と。

待てど暮らせど来ない。
見るに見かねたお部屋のお掃除の方があけようとしてくださいましたが・・・開かない。

その方が電話してくださって、やっとやってきたセキュリティ・・・・。
手には工具!!!
ということで、最終的には開きましたけど、あたしが出発前のパッキングしている間、お手持ちの工具で修理されていました。


⑥インド人のですよ。

確か、最初のインドでは出国の時にも泊まったホテルとか書いてイミグレに出した記憶があったのです。
最初のインドの時、ホテルの住所探していたら空港専門のガイドさんが 「私書きます」って「タージホテル」とか書いて済 ましてたのでびっくらして鮮烈な記憶があるのです。
で、今回はどこでもらえるのかなあ?と思ってたのだけど、だれもくれない。
イミグレ手前で、やっとそれらしき書類に記入している人を見つけたので、声をかけてみた。
「一枚余っていたらいただいていいですか?」
その方「いいですよ。でも、これ、インド人用ですよ」(微笑)

 ・・・・・・いつからあの書類要らなくなったの?

【追記 その2】
⑦おいてきぼり危機一髪

帰国の日。
バンガロールのKempe Gowda空港で、ゲートが開くのを待ちながらお世話になった方々にメールをしていました。
それはもう、必死の英作文。
ぐーぐる先生やうえぶりお先生をおよび立てして・・・・。

そこへ「マダム」との声。
「もしかしてこの便をご利用ですか?」

がーん!!周りにだれもいない。

メールに夢中になっていて搭乗かかってるのに気付かなかった!!
あわてるあたしに「さいごのお客様です。でも、大丈夫大丈夫」とお声掛け。

あやうくおいてかれるところでしたよ。

シンガポール航空、ありがとう。


こうして今回の一人旅はてんやわんやしながら終わりました。

心とろける思いも、ハプニングも、楽しかった!!
やっぱりインド好き。

最後に街で出会ったスディープさま。















そして、とあるおうちの塀に描かれてた神様たち。


ここにあるのって・・・つまり、日本でいうところのおうちの塀とかにあった鳥居とかと同じ?

そういえば、スディープさまのポスターのところでやってる人がいて、車窓から見ながら「オイっ!!こらっ!そこでするのはやめなさい!!」って思ったこともあったなあ。

ということで、旅日記これにて終了です。

インドでお目にかかれた皆様、ありがとうございます。

お目にかかれなかったけど、あれこれお気遣いのメールくださった皆様、ありがとうございます。
(日本語でごめんなさい、ですが。)

遅刻ガイドさんも「あなたの記事、見ましたよ~」って盛り上がってくれてありがとうございます。
「中華食べる?」ってきいてくださった旅行社の運転手さん、ずっと快適なドライブ、ありがとうございます。

日本で応援や、おめでとういってくださった皆様、感謝でいっぱいです。

長々とお付き合いいただきまして、ありがとうございます。


スポンサーサイト

んさいげん!


タイトル画像

見た映画 さらにヘタレ

2014.06.04(21:23) 1384

ご飯以上のヘタレっぷりです。

シンガポール航空はインド映画も香港映画も祭りのような賑わいだったのに・・・。


まず、「もしかして会えるのか?」の想いにドキドキしながらはぁはぁしつつ見たのが
Sudeep様の全作品「Bachchan」



終盤のらぶらぶお歌シーンにはぁはぁじゅるじゅる。

その次見たのはVijayの「Thalaivaa」。
Vijayの華麗なダンスにうっとりしながらも何せ精神状態がおかしくなっていたので、途中で睡魔が。
 
DVD買って見ます。

怪我した彼女と踊るダンス、好きだけど見つからなかったので、これもかっちょいいお歌&ダンスシーンを。

Vijay君とSudeep様の競演作品も楽しみだなあ。
ダンスはすべてVijai君にお任せしたい。



一息ついて次に見たのがサイモン・ヤムの「心戦」。
ヤムヤムは自殺幇助を繰り返した後自首してきた男の役。
重苦しいのと普通話吹き替えなのと、やっぱり「もしかして?」の気持ちと、途中でシンガポールに着いちゃったのとで途中まででした。

帰りの便でも見たのですが、やはり途中で行きとは別の骨抜き状態で見る気力が途絶えました。

近いうちDVD買って見たいです。
広東語版あるのかな。




今回の旅。
目的はあくまでも「Maanikya」を見るためでした。
ご本人にお目にかかれたのは神様がくださった最高のプレゼント。


会えなくても、旅の最初の目的、「Maanikya」を見る!という夢が叶って幸せな旅になりました。






そして、帰りの便でも見るSudeep作品「Bachchan」


実はカーヴェリ師匠によると、飛行機でカンナダ映画をやっているなんて師匠にとっても未体験。
初めてのことらしいです。

それだけヒットしたんですね、この作品。
実際めっちゃ面白いので、日本で見られたらいいなあ・・・・。


というご飯も買い物もヘタレでしたが、映画ももう一点集中の旅でした。

んさいげん!


タイトル画像

食べたもの(今回はヘタレw)

2014.06.02(22:29) 1383

食べたもの。

行きの成田からシンガポールの間のご飯。



シンガポールからバンガロール間の機内食。




午後9時30分に着く便でしたので夕食は取らずに休みました。
翌朝はややインド食のバイキング。

毎日このホテル、インドのデザートが出るのですが、この日は人参のHALUWA.


Sudeep様とお会いした後、骨抜きのあたしと会ってくださったカーヴェリ川さんに連れて行っていただいた南インドのご飯屋さん。


シーフードのカレーとマトン。
どちらも美味しかったです。

いつもならもっと食べられるのに胸いっぱいでたくさん頂けなかったのが無念。
カーヴェリ川さんのおかげでここまでSudeepさまにのめりこんだといっても過言ではないので、この日にお目にかかって、Sudeep様ネタでお付き合いいただけて、とても楽しかったです。ありがとうございます。


翌朝の朝食。

インドではフルーツが美味しくてよくいただきます。
日本じゃほんとに食べないのに。



リキシャワーラーとすったもんだの一日で疲れてホテルでいただいたパスタ。
でも重くて3分の1くらいしか食べられなかった。




翌朝はインド料理復活。
量は少ないけどおいしくいただきました。


インドデザートはKesaribath

お昼はナンディ・ヒルで。
バターチキン、だったかな。


夜はまたまたホテルでサーモンと


写真がないけどホットサンドをいただきました。
これも半分食べるのがやっとこさ。


バンガロール最終日の朝。
この日のデザートのSemiya palasamが美味しかった。

お昼はカーヴェリ川河畔のレストラン。

1人ごはんのあたしの足元にお客様。


いただいたピリヤニとトマトサラダとチキンのカレー



夕飯のお写真はなし。
この日もシーフードパスタなどというものを注文しましたが、胸がつかえて3分の1ほど口をつけて終わり。

翌朝。


昼ごはんはまたしてもビリヤニとチキンのカレー。

こうしてスプーンが突き刺さってやってきますw


タンドリーチキンが美味しかったです。


オーガニック・ガーデンで



生まれて初めて食べたジャックフルーツ。


ウエットティッシュを出そうと思ったら、この果物はオイルで手を洗うそうな。


バンガロール最後のご飯は空港でシンガポール・ヌードル。


シンガポールのチャンギ空港では大興をみつけお粥と焼売、ミルクティー。




インドに行きながら、ほとんどインドごはんがいただけなかったあたし。
胸いっぱいで食べられないって何十年ぶり?


んさいげん!


タイトル画像

かったもの

2014.06.01(18:29) 1382

記憶との闘いなのはわかっていましたが、ばたばたしていて旅行記がなかなか書けませんでした。

さて、買ったの。
スディープ様のお酒屋さんで




買ったワイン。



実は4日目に行った(これもすったもんだあったw)ワイナリーのワインでした。


そこのフルボディ。




カーヴェリ川さんに教えていただいたGandhinagarのVinodというお店はカンナダ映画だけを取り扱うお店。


ここでウペンドラ作品をメインに買いました。





お向かいのSapnaはDVDも書籍も扱っているところ。
こちらでもDVD。



ところでこのWith Enlishsautitleを謳ったSudeepさまの作品、彼が主演と初めての監督もした大好きな「My Autograph」。



・・・・・・帰宅して再生しましたが、やはり字幕はありませんでした・・・。


それからBangaloreの地図。



じつは今回のバンガロールでバリバリインド風味なおっちゃんのオートリキシャにやられまして、敗因は自分がいまいち市内の地図があたまにはいっていなかったことによるものでした。
詳しくは後日(たぶん)。

なので、くやしさのあまり三冊買いました。

ピアス。


クルタなど、お洋服はなんとこれだけですよ!


空港で我が家のちびっこに買ったインド・バービーちゃん。



チャッパルはゴムでとめてありましたw


シンガポールの空港で買ったアイクリーム。


シンガポール人のはっかん迷の友人がいつもきれいで、彼女がそれを使っているのかわからなかったけど、何となくここで買ったらご利益(?)ありそうで買ってみました。

行きの成田で買ったマユそり。


この時点ではまだSudeepさまに会えるのかよくわからなかったのですが、眉がぼーぼーだったのを思い出し、いくらなんでもそれはいかんだろう・・・と大陸様に混じって買いました。

行きのシンガポールのチャンギ空港で買った口紅(写真省略)
これも実は日本から持って行ったものが仕事にも使っているカバンの中でなぜか砂まみれになっていて使えなくなったので、初めてのSHU UEMURAなぞを買ってみました(照)

おっさんにも五分の乙女心?

バンガロールのホテルに飾ろうと買ったオリエンタルユリ。

これで一本100ルビーは高いと思う。きっぱり。



[追記]
もうひとつ買ったもの。

カンナダ語のテキスト。
あたしの持ってるのは、ローマ字表記で会話が中心。

これはカンナダの文字も扱ってる本。




しっかし本当に今回は物欲も食欲もきれいさっぱりなかったなあ。
全部あの一瞬で完結してしまったのかも知れんわねえ。




んさいげん!


タイトル画像

行ったところ

2014.05.26(21:22) 1381

シンガポール、チャンギ空港。
第三ターミナルから一番大きい第二ターミナルに移動するトレイン。ドアが開くとこれがあります。

南国の雰囲気、もりもり。


ボタニカルガーデンの小さなガラスの庭園。


すぐ横にこんなところがあって、

上からクレヨンでこすると絵が浮き出てくるあれ。楽しい!!

バンガロール空港。別名Kempe Gouda国際空港。



Sudeepさまのお家。
この木にリスがいたの


ナンディヒルに向かう途中にあるヒンドゥ教のお寺。
ここでけっこう本格的にお祈りしていただきました。

後ろからもお祈りの声が聞こえてくるの。
それがすごくうれしくて心地よくて、泣きそうになりましたw


お寺の中は撮影禁止だけど、身を清めたりする泉は撮影オッケーでした。




いただいたありがたいお花や果物。
のちにガイドさんが頂いたヤシの実は車の窓がちょこっと開いていた時にお猿が持って行ってしまったそうですw
(運転手さん・談)

ナンディヒル、てっぺんの手前の泉。




ガイドさんがなんか放り投げてたから、なに?って聞いたらレモンですって。
レモン放り入れるとすべてのことが上手くいく、と言われているそうです。

それならビニールから出して一個あたしにも放り投げさせてほしかった・・・。


その泉の周辺で育てられてたインパチェンスやダリヤ、他の夏の花。

こういうたくさんの植木鉢ってムラムラします。


ナンディヒル。




咲いていたジャスミンの花。いい香り。


こちらは妊娠に効く葉っぱ、だそうです。


すりつぶすとマンゴーの香りがする葉っぱです。


諸事情により行けなかったバンガロールのワイナリナリーの代わりに旅行者の方が急ぎ見つけてくださった、ヘリテージワナリー。






ここのSweetWineは炭酸が効いてておいしかった。
日本に持って帰りたいと言ったら、気圧の関係でもってけない、と。残念。
買ったのはフルボディ。


マイソールに行く途中のヒンドゥ教のお寺。(名前は忘れました)

石が焼けてて「あちち・・・」と言いながら歩きました。

ガイドさんは靴下持ってくれば良かったね、と言ってましたが、あたし、こういうの嫌いじゃないです。


もうひとつのお寺。すごい行列で、ガイドさんに「並びますか?」と聞かれたので、並ばず外から見るだけでいい、と即答。



マイソール
マイソールの野菜市場。
夢のようなパクチーの山。















バナナの葉っぱ屋さん。



ラジニさんの「ムトゥ踊るマハラジャ」の舞台にもなったマハラジャの宮殿


控えの間の天井のステンドグラス。
ほんとは撮影禁止だけど、みんな撮ってるから、ささっと行って撮ってくれば?とそそのかされて撮りました。



再びバンガロールに戻って「ブルテンプル」

みんなが写真撮ってて、ガイドさんにも運転手さんにも「撮ってきたら?」と言われて撮ったのですが、この方はいったい何をする人かしら。
風車もって歩いてました。




最後に立ち寄ったのがボタニカル・ガーデン。
ここには専門に植物の勉強をするための施設もあるのだそうです。
あたし、ここ、留学したい。







この時期行われてのはマンゴーのいろんな種類の食べ比べと即売会。

日本ではマンゴー、高いのよ、と話すと、
インドでは1キロ60ルピーだから買い占めて日本で売ったら金持ちになるぞ、みたいなことを言われました。




そして、ジャックフルーツの同じく試食と即売会。


ピクルス屋さんもありました。

ガイドさんが買うのであたしも試食させていただきました。


最後にぐるりとバンガロールを回って、帰路に就たのでした。






んさいげん!


インド旅行 2014.5
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. てんやわんや(ちょこっと追記)(06/05)
  3. 見た映画 さらにヘタレ(06/04)
  4. 食べたもの(今回はヘタレw)(06/02)
  5. かったもの(06/01)
  6. 行ったところ(05/26)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。