タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

Mr.Airavata

2016.09.12(22:36) 1801

このMV見ただけでむちゃくちゃ見たくなったダルちゃん作品見ました。

どなたかがツイッターでMVは販促物、と以前言われていましたが、けだし名言。
インディアンポリスのパッツパツ制服ダルちゃんと、ドーティ巻き巻きプラカーシュラジさんのお耽美目福映画。
アクションも楽しかった。
長い長いダルちゃんの御御足がシューっと伸びた瞬間、アドレナリンぶしゃー!
警官という枠を超え、世直し的存在と化したMr Airavataの八面六臂の大活躍にワクワク。
しかし、ラブラブシーンはやっぱりアレだわぁw
インディアンポリスの試験はマークシートなのね。了解!( ̄^ ̄)ゞl
スポンサーサイト

んさいげん!


タイトル画像

Mylaari

2016.09.12(21:53) 1800


Shiva RajkumarのMylaariという作品を見ました。

兄さんの軽快なダンスがふんだんに盛り込まれ、あまりに盛り込まれすぎて、話の筋時々忘れそうになりました。
できの悪い息子への仕打ちとか処刑前日の冷たい態度の父親に比べ、ひたすら父に認めてもらいたい息子を演じる兄さんですが、その辺りはMr Teerthaのような切なさはあまりに感じられない。
やっぱりメソメソはSudeep様がイチバン。
でも、その分見てる方は辛さを感じないから見ていられました。
乱暴者の役だけにアクションも決まっていました。
で、最後の最後のどんでん返し。
まあ、途中から予想ついたけど。
でも、明日処刑される相手を(たとえ本人が望んだとはいえ)あちこち連れ回すのって、違和感。
死刑囚の話は辛いからむしろこのくらいじゃないと見ていられなかったかも。
山羊との格闘シーンの素朴さ、というか、なんじゃこりゃな作りにも仰天しました。

んさいげん!


タイトル画像

6-5=2

2016.06.17(21:40) 1765

「6-5=2」。
Sixminusfiveposter.jpg


新人のK S Ashokaという監督さんの作品らしい。

これは・・・ホラー映画?

山登りに出かけた6人の男女が山の中で3人が死亡、2人が行方不明、ひとりだけ戻るという事件。
のちにメンバーの一人が映していたビデオカメラが発見され、起きたことが映し出される、という設定。

全然怖くなかったです。
「出てきたもの」も全く。

これをインドの方はどのようにご覧になったのかしら。
怖い場面になると笑い声が起きるんだけど、これ、怖いとこが全くなかったよ。

頭蓋骨持ち歩きもさっぱり解せないしね。
そして、いくら地図を持たないとうわさされるインド人でも、山登りに地図もコンパスもなく、軽装で、食料品もほとんど持たず、というのは変なものが出てこなくても、というか、むしろそのほうが怖い。

まあ、一応見ておこうか、という感じの作品でした。




んさいげん!


タイトル画像

 念力無念/Shivajinagara

2016.06.16(21:44) 1762

「Shivajinagara」











Duniya Vijay主演の2013年の作品。


Youtubeで見ました。なので字幕なし。



妄想上のお話


と行きたいところなのだけれど、字幕なしでおそらく時系列が前後していると思われ、話が全く分からない。


かすかに分かったことは



とばくの果てに借金をし、その取り立ての厳しさに自殺した父親(Avinash)の仇として金貸し(Ashish Vidyarthi)と取り立て屋に鉄槌を下す物語、ということ。


運動能力のあるブラックコブラならではの激しいアクションが見もの、かな。


さっぱりわからなかったので、ソングシーン貼ってお茶を濁すとしよう。





















んさいげん!


タイトル画像

ルンギダンス付き/Jayammana Maga

2016.06.10(22:24) 1760

一度途中で挫折したカンナダ映画「Jayammana Maga」。
今回は劇終まで一気に見ました。
CkkIxcZWgAA3AOv_convert_20160610221927.jpg


以前はなぜ見られなかったのだろう・・。
体質が変わったのかな。

ブラックコブラ・Duniya Vijay作品。

お寺の参拝客を相手に写真を撮ったり祈祷の口利きをしたりして暮らしているNaga(ブラックコブラ)。
母親はそろそろちゃんとした仕事についてほしいと思っています。
Nagaは参拝としてやってきた娘を見初めます。
しかし生贄として狙っている黒魔術の手が彼女に迫ってきます。
果たしてNagaは彼女を救い出せるのか。
その黒魔術師とNagaの両親との関係は・・。

つまりおなじみのヒーロー対マフィア、じゃなくて相手が黒魔術になるのね。
これが意外と面白い。
黒魔術がともすればはまりがちなお色気方面が本作品では全くなかったのと、
お母さんの若かりし頃の物語と、
インドの神様が集まって、という部分がうまく組み合わさってた。

もうちょっとインドの神話をちゃんとわかっていればもっとラスト、面白かったのかな。
おどろおどろしいシーン(本作品A認証だった)と裏腹にソングシーンは明るくていい息抜きにもなったな。





その中のこれはルンギダンス。


ブラックコブラのアクションも相変わらずよかったし。

ところでコブラって中国語で眼鏡蛇っていうらしい・・・。
あれ?途端にコミカルな雰囲気すら出てくる。

そういえばコブラって神様関係なのよね、インドでは。
(日本でもそうか)
母さんに危険がせまったとき、コブラが助けてくれるシーンがあったわ。

あたしは出会った瞬間にショックで絶命しちゃいそうだけど・・。





んさいげん!


Kannada
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. Mr.Airavata(09/12)
  3. Mylaari(09/12)
  4. 6-5=2(06/17)
  5.  念力無念/Shivajinagara (06/16)
  6. ルンギダンス付き/Jayammana Maga(06/10)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。