タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

電飾バージョンも出た!

2016.08.15(07:03) 1789

公開3日を過ぎて、いろんな劇場のSudeep様がどんどんアップされてきています。
青電飾Sudeep 様

赤電飾Sudeep 様

こ本人がいらしたSantosh劇場の

さぞや重かろう!な花飾りSudeep 様

街角のちょっとアレなSudeep様

タスキ掛け風花飾りSudeep 様。

もちろんミルクを浴びるSudeep 様も。

こちらはケララ州のポスターだそうです。
ケララの方はタミル語分かるので、あちらではタミル語バージョンが公開だそうです。

さて、あたしは盆業務最終日。軍資金稼いできます。(๑و•̀ω•́)و
スポンサーサイト

んさいげん!


タイトル画像

いよいよお祭り!

2016.08.12(18:34) 1788

さあ、お祭りが始まりました。
初日初回のかちこみはできないけれど、うれしくて@飛ばしたらお返事いただきました。
ありがとうございます。
嗚呼、ありがとうございます。
(あたしのへっぽこ英語には目をつぶってね。)

こちらカットアウトのお写真もFCの方から頂きました。
Tumkurというところの劇場のようです。
SIKSFA(SouthIndiaSudeepFans)のファンクラブの方によりますとこういうカットアウトはファンクラブのメンバーによって10-16日かけて作るそうです。

こちらはサントシュ劇場。

人山人海。

大きいことはいいことだ!

こちらでは⭐️4つ半付いとります。👍
興奮の動画もキター!

んさいげん!


タイトル画像

Sudeep様インタビュー その3 (念力御免)

2016.08.10(13:37) 1786

いよいよあと二日でKotigobba2の公開。
昨日はプレスミーティングもあったようです。
記事が次々と上がっています。
相変わらずの念力読解です。
まずはKiccha Sudeepa FC@KDKSFAさんのツイートで紹介されていたこちらの記事

本作品はS.Ravikumar監督によると本作品はShivakumarによって一年以上かけて脚本がかかれたもので、Dr.VishunuvardanのKotigobbaのリメイクではないこと。
しかし、最終的にはプロデゥーサーによってこのタイトルになった、と明かしました。
また、この作品をタミル映画界ではカンナダ映画のタミル語吹き替え版と認識していたようだがMudinja Ivana Pudiとして同時に2言語でさつえいされたものであるとも語っています。
一方ヒロインのNithyaMenonはManya以来のカンナダ映画復帰作品。
かねてからSudeep監督作品に出たいと思っていたので共演にわくわくした、
彼女にとってこれが初めての商業企画になるだろうと、と語っています。
さて、Sudeep様。
これまでの60本ほどの作品の中で13本のリメイク作品を撮りました。
(彼はリメイク作品「Huccha」での役名以来Kicchaとよおばれています)
これはままあることだけれど、この企画が立ち上がるまでに6か月かかりました。
さらに日数がかかるということになったので、さきに自分の監督作品Maanikyaを撮りました。
Sudeepはヒット作品を出している一方で他言語作品にも出演しています。
Phoonkではホラー作品にも出演しています。
「私は幸運なことに偉大なアミタブ・バッチャン氏と共演することができました。そのおかげでRajamouriの作品に出ることができました。
皆家ではイドゥリを作りますが、それを‘リメイク‘とは呼びません」とSudeepは皮肉交じりに語ります。
わたしが目指すのは質の良い楽しい作品、ただそれだけです。」と彼は締めくくりました。
********
やはり、リメイク王と呼ばれるのは腹に据えかねているご様子。
ムキになるタイプか?♥
FCから頂いたお写真二枚。


⇒Sudeep様インタビュー その3 (念力御免) の続きを読む

んさいげん!


タイトル画像

Sudeep様のインタビュー、あと二つ

2016.08.09(13:45) 1784

日記を書いてたらあと二つインタビュー上がってた。

さすがは映画公開目前!

しかし、目の疲れるお年頃。

貼り付けておく。とりあえず。

AsianetNEWSABLEの記事。

女性に生まれれば、なんて話など比較的やわらかめのお話。

そしてもう一つ。
Kotigobba 2 is A Straight Film Says Sudeep という記事。

いろいろ記事をチェックしてくださってシェアしてくださるfc各位に感謝。

んさいげん!


タイトル画像

公開まであと3日

2016.08.09(12:29) 1783

いよいよインドでは8月12日公開のKotigobba2、タミル版タイトルMudinja Ivana Pudi 。
昨日のお知らせで8月11日 夜9時30分から前倒し上映もあるようで、映画が終わったら公開初日!となるのね。
カットアウトも次々とできているようです。
Belagavi District Kiccha Sudeep Fans Clubのお写真より。

今朝は起きたらツイッターでSudeep様のインタビューがシェアされていました。
あたしにはちょっと読みづらかったので探したらありました。
Bangalore Mirror の記事より。
誤訳御免!

ーこの作品は続編ではないがストーリーに共通する部分もあるのでこのタイトルにした。
ーこの作品にはとても満足している。
ータミル版をとったのはKS Ravikumar監督がタミル畑だったから。
タミル語は撮影のときは文法的に間違っているときもあったが、ダビングのときに周りの人に助けられて修正した。
先にタミル版を撮影した。
ー(これから5か月で3本の自分の映画が公開されることについて)前作(Ranna)が公開されるとプロモーション活動で数か月費やす。そのあと休んでテレビ番組やクリケットをやる。そのあとで映画の撮影に入る。(映画撮影のときはほかに何もしない)
今回はたまたま同時に作品の撮影が始まったので自分としても初めての10月に Mukunda Murari 、12月に(およそ60パーセントほど取り終えている)Hebbuliが公開されることになる。
ーバンガロールで100館で公開になることについては、観客の収容の面を考慮して発給側が考えてくれた。ベストのことだと思っている。
ほかにこの作品のプロデューサー・Soorappa Babuへの謝意、Jigarthandaの成功、Karnataka Premier League で彼の率いるROCKSTARSの試合が9月16日から始まること、などを話しています。(たぶん)
そんなSudeepさまが久々に下さったリプライ。
昨日はこれで一日中怪しい笑みを浮かべておりましたよ。ふふふ。



んさいげん!


Kotigobba2
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 電飾バージョンも出た!(08/15)
  3. いよいよお祭り!(08/12)
  4. Sudeep様インタビュー その3 (念力御免) (08/10)
  5. Sudeep様のインタビュー、あと二つ(08/09)
  6. 公開まであと3日 (08/09)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。