タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

どこにいたの?/シン・ゴジラ

2016.08.18(20:38) 1792

最近、家族の一人が爬虫類にはまっております。
爬虫類カフェとか行くんだって。
そんな家族に「大きな爬虫類見に行かない?」と誘って映画見に行きました。
シン・ゴジラ。

えーと、お話は東京湾にゴジラが現れててんやわんや、、というもの。
実はちゃんと全編みたゴジラってたぶんこれが最初。
作品は見てなくても、、ゴジラってどんなんか、一応わかるのね。
で、この作品で最初に出てきたとき、「これ?!」って正直思いましたw
ねこバス???
これでいいの?
と思ったのですが、だんだん、そうじゃなくなってきたので、ほっとしました。
でも、ゴジラって溶岩みたいな、体の隙間から赤々としたものが見えるものなの?
といった按配でへー!!ほぉぉ!!
となりました。
これは他のゴジラ作品も見てみたいぞ。
お話はゴジラという日本存亡の危機に立ち向かう人々、って映画だったかな。
主役はだからゴジラ、じゃなくて人間か。
思った以上に面白かったです。
で、最後のクレジットで、あらまあ!!クレさん、出てるじゃない。どこにいたの?
DVD出たらもう一度確かめてみたい。
スポンサーサイト

んさいげん!


タイトル画像

出てきちゃったけど…./残穢 住んではいけない部屋

2016.02.05(10:30) 1700

夜の予定の前にまだ時間があったので、お口直しにもう一本見ました。
「残穢 住んではいけない部屋」。

お話はこちらで。
原作が小野不由美さんの小説。
彼女のホラー小説は大好きなので見てみることにしました。
多分、小説はすごく怖いと思うのですが、映画自体はそれほどではなかったです。
多分「出てきちゃう」と怖さ半減?
でも、お話にはどんどん引き込まれました。
こういう、結局、因縁も何もあったものではなく「来る」始末の悪さがイヤですねw
主役の竹内結子の声がとても良くて好き。
原作本は図書館で予約したので読むの楽しみです。
しかし、怖くないと感じたあたしは鋼の心臓?
周りの若い方たちはかなり怖がっていました。

んさいげん!


タイトル画像

久々のもやもや映画/最愛の子

2016.02.04(23:05) 1699

昨日は久々に時間ができたので二本見ました。
一本目が「最愛の子」。

あらすじはこちらで
ピーター・チャン監督作品。
実話を基にした作品だそうです。
が、正直、途中からきもちがモヤモヤ。
まず連れ去られた子供の感情がほとんどお座なりでしか描かれていない。
本当は最大の被害者は子供!だというのに。そこ、逃げてる!
 
そして、ラストの実在の人と一緒に映像を見るシーンに至っては、もう、ピーター・チャン監督の感性を疑います。
ニコニコと笑いながら対面する話しではないと思います。
パッチリメイクでニコニコしているヴィッキー・チャオにも(八つ当たり気味に)腹が立ちました。
割り切れなく、残酷で、いたたまれない問題であるのに、あのようなラスト!
1人で決着つけてしまってますね。
ピーターチャン監督の傲慢さを見た気がしました。

んさいげん!


タイトル画像

おしゃがみしてご飯食べてもアンディはアンディ/失孤

2016.02.02(21:00) 1698

今日は朝からちと病院へ。
痩せた原因をここでも訊かれたけれど、お話ししたほうが良かったかしらね。
午前中の診察時間を全部いただくと申し訳ないので踏みとどまったけどw
病院から帰って、
お部屋組の多肉さんとその他の鉢を少し配置換え。
貴重な日差しを遮らないようにあちこち向きを変えて。
こんなひとときも楽しいなあ。

さて、去年香港で買ってきたDVD、今日は「失孤」を見ることにしました。

アンディが金像奨候補にもなったからね。
アンディは子供が幼い頃に誘拐されてしまい、以来15年間、我が子を探して国中を回っている父親。
途中、さらわれて養父母に育てられた青年と出会い、共に旅をすることに。
その他知っている俳優さんといえば、アンディにそっとお金を渡す警官に梁家輝、
子供を誘拐してくる女に呉君如。
言われなければ気づかないほど。
特にサンドラは見事にああいう役を出番少ないながら演じてたわ。ええ、ニガテなんですけどねw少しそれほどでもなくなってきたかな。
この作品撮影中、アンディがいかに田舎の男をになりきっているか、というのが話題になっていたんだけれど、やっぱりアンディはアンディでした。
でも、このそこはかと漂うアンディの明るさが、この絶望的な子供探しの物語の救いになったていたかな。
おしゃがみしてご飯食べててもやっぱり大スターアンディなんだなあ。
さらわれて養父母の間で育てられた子は、戸籍がないから学校にも行けないし飛行機にも乗れない、(法律上の)結婚もできないのね。
子供が見つかっても親が自殺してしまったり…
近所に住むこの国のご出身の方が
「日本は迷子になってものんびりしてますね。私の国ならいなくなった子供はさらわれて売られてしまってるんですよ。」
と言っていたのを思い出しました。


んさいげん!


タイトル画像

お久のトニさん

2016.01.28(20:42) 1695

久々の映画館。
まずは腹ごしらえ。
牛カツあおなさんで。
美味しかった!

国産牛と黒毛和牛のミックスに十六穀米。
久しぶりに悲情城市を見ました。


ちょっと前に少し台湾の歴史の本も読んだので、最初に見たときより歴史的な背景は分かったかな。
トニーさんは上手いなあ。
ひさしぶりに見たトニーさんの演技。いつも唸る。
惜しい。
もっといろんな作品に出て欲しい。
王家衛監督、頼みますよ。
早く撮ってね。
トニーさんのご飯の食べ方って、なんて素敵なんでしょう!と改めて感じました。
顳顬が動かしてモグモグ食べるの好き。
トニーさんに限らず、香港男子のご飯食べる姿、いいなあ。
同時上映の「黒衣の刺客」は今回は見送っちゃった。
またいつか。
 同じ劇場で、来週はサタジットレイ。
見に行けるな。

今日は暖かかったので映画の後、渋谷をお散歩。奥渋ってとこね。

そのあと、トニーさんに敬意を表して?あのお店にも。

鉢が素敵なのよね、ここ。

でも多肉は今日は踏みとどまりました。
よく踏みとどまったものです。

んさいげん!


映画
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. どこにいたの?/シン・ゴジラ (08/18)
  3. 出てきちゃったけど…./残穢 住んではいけない部屋(02/05)
  4. 久々のもやもや映画/最愛の子(02/04)
  5. おしゃがみしてご飯食べてもアンディはアンディ/失孤 (02/02)
  6. お久のトニさん (01/28)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。