タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」

2013.02.22(11:39) 1120

レディースデーに出かけたら、目的の3時25分からの回がすでに満席。

なので、6時からの回のチケットを買い、それまでわしたショップを冷やかし、そのあとガード下でちょいと一杯。


お通しとポテトサラダ


ハマグリ鍋、


寒ブリのお造り、


隣のお店からの出前の餃子


で、琥珀の時・・。

さあ、いよいよ上映です。

ところが、始まってすぐに琥珀の時が効いたか、NO.1が。。。

お話が始まって彼らの乗った飛行機がインドに着く前に行ってきちゃえ!と中座。

すっきりして、さあ、見るぞ。

イギリスで暮らす7人の年配の男女が、それぞれの目的からインド・ジャイプールのホテルにやってきます。
まあ、最初はみんなインドに驚くんですが、やはりすんなりとなじんでいく人あり、最後まで耐えられず去っていくものあり。

不仲な夫婦、妻は最後までなじめず、夫と別れ帰っていくのですが、そのリキシャに乗って行く姿が笑っちゃうほど背筋がしゃんと伸びてて清々しいです。
置いて行かれる夫の背中は丸いのに。

人は自分で決断するとき、すっと背筋が伸びていくのね。

一番印象に残ったのは、「最後は万事めでたし」という言葉。
不満が残っている間は、そのことは終わっていない、って。

あれ?これって「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム/Om SHanti Om」でも似たようなこと聞いたぞ。

そうそう、「ハッピーエンドでなければ、その映画は終わっていないのだ」っていうあれね。

インドの人を「生きることを権利としてではなく、恩恵と考える人々」って表現してるのも素敵でした。

ああ!ホテルのオーナー役のパテル君は、寸止めてませんでした・・。
スポンサーサイト

んさいげん!


タイトル画像

アップに手品に大興奮/カムイ外伝

2009.10.06(08:50) 183

あたしには、当初主演は鄭伊健(イーキン・チェン)の「カムイ外伝」。
見ました。
世間様の言うところの主演・松山ケンイチさんは友達に教えてもらうまで、興味が無くて知りませんでした。なんて失礼なっ

意識してみたら、あれこれ最近バラエティーに出ててるじゃないですかっ。

「あら、松ケンってJayにちょっと似てない?!」

と言うことで、イーキン&松ケン主演作品に、見る前にシフトチェンジ。

松ケンはJayをダブらせる濁った眼差しで見たけれど、かわいい!
あらあら、砂浜であんなに走っちゃって!
(ほぼ、ばぁば目線・爆)
しかも走りっぷりが、かっこいいのよ。

あと、上目づかいがらぶりぃ~。

しかも、Jay似の松ケンが手品まで御披露したときは、もう、悶絶。

Jayのマジック見せた後のあたしの大好きなあの得意げな表情が重なっちゃって!!

もちろん、最重要ミッションは「伊健を見逃すなっ!」だったので、最初から気を抜きません。
夜だけじゃなく、動体の方も、目があれだから、かなり気合が入りました。

見つけた!!

そして、ラスト近くのイーキンどアップシーンでは、あまりの嬉しさに、拍手しそうになりました。


ぶらぼーっ!!

動作導演(日本ではアクション担当っていうのかな)は我らが谷垣健治さん。
マツケンのアクションをかっちょよく演出。
うっっわあ、楽しい!

やっぱり忍者は子供のころからあこがれだったもんなあ。
その憧れを現代風に進化させて見せてくれました。

実はパンフレットも買いました。
てへっ。

2ムーン

読んだのは、まだ、谷垣さんとこだけだけど。

氏は「映画秘宝」のコラムもそうだけど、熱いなあ。
好きだぁ!!

映画の後は

霞月楼1ムーン

で、お決まりの御食事会となりました。うまうま。


      


最後は李克勤記事。

3日、お仕事の後、西貢でBBQを楽しんでました。

やきにく


入場のとこからのロングバージョン。
イーキンも出てたんだわ。



こっちはイーキン。


んさいげん!


タイトル画像

あたしもおんぶ希望!/我的教師生涯

2009.06.04(15:55) 98

今回の引越しは8年前にすんでいたところに戻ったのですが、
以前クリスマスや娘たちの誕生日、必ずお世話になっていたケーキ屋さんが、
今回、見当たらない
学習塾になってる!!!

と思ったら、ほんのちょっと離れたところに、ちゃんとお店がありました。

しかも以前よりお店も大きくなって、店員さんも増えてた!!

ほとんど甘いものは食べないけれど、ここのは大好き。
スフレ、買ってきて、おやつにいただきました。
2009060415240000_convert_20090604153136.jpg

そのケーキ屋さんの近所にあったパン屋さんも、ケーキ屋さんの隣にちゃんと移転してました。
嬉しい。

おほほ。ここの焼きそばパン、大好き。
もちろんお買い上げ。
2009060415270000_convert_20090604153235.jpg

帰宅して、今日は「我的教師生涯」見ました。
190339694_convert_20090604153307.jpg

ずっと買ってあって熟成してたもの。
主演は家輝さんです。
北京語で、声は吹き替え。残念。

山村の教師の家輝さん1963年から現代までを描いてます。

ここで、ほんのちょっと性教育らしきものをして校長先生とぶつかります。
校長先生は体罰もバシバシで、家輝さんとはことごとく教育方針で対立。
同じ学校の教師と恋に落ちて結婚。

成績不振の息子が家輝さんと出かけていった北京で脱走して、そのまま働いたり、
教え子を自宅に住まわせ、一生懸命街の学校に送り迎えして音楽を学ぶ協力したり、

いろいろありながら、教師として年老いていきます。

ドラマチックな作品ではないですが、
静かで、お休みにのんびり見るのにぴったりでした。

「長恨歌」でも思ったけど、家輝さんは老け役、上手いです。

若き日の家輝さんが、子供たちを負ぶって川を渡るんですが、いいなあ、あたしも!!
とちらりと思ったです。

なのに、なんでるいすのことはあたしが肩車したいんだろう(悩)

月湾の村の農村の景色が、そのまま我が家の窓の外
って感じ。(爆)
それも良かったです。


んさいげん!


タイトル画像

3回目「天使の眼 野獣の街」とオリ生で2人林雪

2009.02.28(19:39) 44

photo171090_convert_20090228191013.jpg

友達と3回目の「天使の眼 野獣の街」見てきました。

昨日は東京最終日。

「家輝さん、一見紳士かつダンディ。宝石店を狙うところで、警報機を押そうとする店員の手をそっと押さえる手つきなんぞ、なんともセクシーで、あたしが店員だったら、その手を握り返してしまいそうだわ、むっはっはーーーーっ」

とか、

「やむやむのお腹は詰め物かなあ。らむしゅは自腹間違いないだけど」

とか、

「ケイト・ツィ(徐子珊)もマギー・シュウ(邵美)もいいよね。へんなヒロインは邪魔だもんねぇ。」

とか感想を熱く語らいながら、映画の後、向かうは渋谷・センター街。

今日のお店は
沖縄そーきそば はいさい (渋谷/沖縄料理) -- グルメウォーカー


2009022718360000_convert_20090228190751.jpgオリオンビール、生。

2009022718080000_convert_20090228190430.jpg スーチカー(豚の塩漬け)

2009022718080001_convert_20090228190504.jpg島らっきょう

2009022718160000_convert_20090228190541.jpgゴーヤチャンプルー

2009022718170000_convert_20090228190639.jpgミミガー2009022721160000_convert_20090228190847.jpg〆のデザート 黒糖プリン

他にもじゅうしいと沖縄そば、食べました。

とっても美味しくて、お店の雰囲気もセンター街にあるとは思えない落ち着き。
お店のご主人も丁寧にご挨拶に来てくださいました。

ここのお店、好き。
渋谷に来たら行きつけにしたいわ。

すっかり満腹になり
「お腹が苦しくて、身体、曲がらないわ」
と腹をさすり、2人らむしゅと化して帰途に付いた我らでありました。

んさいげん!


映画と美味しいもの
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」(02/22)
  3. アップに手品に大興奮/カムイ外伝(10/06)
  4. あたしもおんぶ希望!/我的教師生涯(06/04)
  5. 3回目「天使の眼 野獣の街」とオリ生で2人林雪(02/28)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。