タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

今回は醬油と唐辛子/インド旅行記3

2012.03.31(21:08) 858

中谷美紀さんの「インド旅行記」3、読了。

この回は南インド、そして、いったん帰国して5日後にムンバイをスタートして西インド。

1の北インド編は殺菌のためワサビを持ち歩き、果物をアルコールウエットティッシュで拭いていた中谷さん。

今回はそれもなく、ちゃんと調味料として醬油と唐辛子持参。

ヨーガも今回は無かったし、(ホテルでされていたのかもしれないけれど、記載は無かった)
ヨーデルもなく、

ゴアではアラビア海を眺めながらシーフードの夕食を食べて、おしゃべりをしてて、
読み進めるのがさらに心地いい旅行記になっていました。

ずっと貫いていたベジタリアンも、最後の頃はシーフード食べてたのも、なんかホッとしました。
血まみれヤギの頭の山積み見て以来、肉は食べてられなかったけど。

そして、あたしはバンバン、ヤギカレー食べてたんですが、やっぱりそういうの見たららダメになっちゃうのかな。

もともと「嫌われ松子の生涯」の撮影の後、逃れるようにインドにやってきた彼女でしたが、
徐々に味わう旅に変化していった感じです。

自分のインドの旅とも重ね合わせて自分も体験したインドを反芻したり、
まだ見ぬ、まだ味わわぬ、インドへの気持ちをつのらせたりして読みました。

そして、今日は仕事帰りに中谷さんの旅の写真集「インド旅行記4」買ってきました。

彼女の旅でも早い時期に訪れたタージマハール。

やっぱり、美しい。

世界レベルの観光地でありながら、あそこでゆったりと過ごした時間は反芻するたび幸せな気持ちになります。

ジャイプールのピンクシティに行ったから、次回はジョードプールのブルーシティ、行ってみたいな。

それから、彼女の行っていないカジュラホも行きたい。

もちろんシャー御殿前にも行きたいし。

彼女と違い、まだまだインドの入り口に居るあたしは、もっともっと足を踏み入れたい気持ちを高ぶらせながら、「インド旅行記」4、眺め始めています。


スポンサーサイト

んさいげん!


2012年03月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 今回は醬油と唐辛子/インド旅行記3(03/31)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。