タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ニコ生放送で「ラ・ワン」Ra.One

2012.06.30(21:53) 931

昨日はラ・ワン ニコニコ生放送(ほぼ1円)試写会でした。

ニコ動はシャーの名作「Paheli」の日本語字幕版を楽しめますが、
これは映画劇場公開前に、しかも、限定3000名が視聴できる、というものです。

(面白かったら、後日ローソンの「震災義捐金」に1円寄付する、のだそうです。)

ん~、それでいいのかなあ。
たしかに東京でしかやらなかった試写会。
地方に住んでられる方は、なんとしても日本語字幕で見たい!と思われているはず。
でも、(ほぼ)1円で見て、くちこみ、ツィーッターなどで見たい人が広がっていくのかなあ・・。
なによりボリウッドのスーパースター、シャールク・カーンがこんな(安っぽい)企画で扱われているのが、やはり腑に落ちない。

でも、やっぱり見てみたい。

結局見ました。

始めはみんなのコメントが画面に出てくるので、
映画が見えない!!と、映画にかぶって出てくるコメント消してましたが、気付くと右側に出てくるコメント読んでました。

印象としては、ご覧になってる方は、ほとんどがインド映画、それほど見てられない方。

それゆえか最初は、
なにこれ?インド?
とか
踊れ踊れ!
とか。
(シャーの「鼻でかい」もあったな)

でも、Ra.One登場あたりでは既にすっかりみなさん、楽しむモード全開。
かわいい!と人気のアルマーン・ヴァルマー君(シャーの息子、プラティーク役)はマッシュルームカットでちょっとったれ目だからかひむら!なんてちゃちゃも入ってましたが。

あと、後半ラ・ワンのアルジュンは阿部寛と。
どう?似てる?



そして、ダンスシーンでは、画面が見えなくなるほどのコメントがんがん!

今年初め、「DON 2」がベルリン映画祭で上映され、シャーが熱烈に歓迎されてた折り、それを記念して、同じ日に迷仲間さんとそれぞれYOUTUBEで「DON」を同時に見ながらおしゃべりする、と言うのをさせていただきましたが、ちょっとそれに近い感じ。

でも、やはりこういう楽しみ方は、映画初見としてはもったいなくないか?

こういう映画の売り方はちょっと手抜きではないか?

という割り切れない思いも残りました。

まずは、たぶん、これで「ラ・ワン試写会」は終了なのだと思います。

残すところあと一か月。
いい形で映画宣伝を配給会社さんが頑張ってくださり、
ファンは憂いなく、心地よく、
いままでボリウッドもシャールクも知らなかった方が興味を持ち映画館に足を向ける気になる、
そんな状況になっていけばいいな、と思います。

スポンサーサイト

んさいげん!


2012年06月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. ニコ生放送で「ラ・ワン」Ra.One(06/30)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。