タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ヘタレ・インド旅 in ムンバイ ②行ったところ

2012.11.30(18:10) 1047

最初の一枚からぼけててますね。

ドバイの空港のお土産屋さん。

不思議なお菓子や、ドバイグッズ(Tシャツとかトートバックとか)売ってました。
買ったのは別のものだったけど。
PB240010_convert_20121129222536.jpg

ムンバイで迎えた最初の朝、行くのはもちろん、シャールクのおうち。
恥ずかしいけど、ホテルからのタクシーの運転手さんに、コンシェルジュの人から頼んでもらいました。

運転手さん、「知ってる」って即答でした。

こんなとこを通っていくのよ。
ここ、合計3回渡りましたが、大好き。
道はすいてるし、海の中を走るので風が心地いい。
それに、この道の向こうはシャールクのおうち~♪
PB250032_convert_20121129222649.jpg

ドキドキしながら、到着。
朝早かったのか、門番もいませんでした。
PB250037_convert_20121129222734.jpg

おうちの前のアラビア海。
シャールクの美しい瞳には、このアラビア海が映っているのね

PB250038_convert_20121129222805.jpg

ひとしきり撮影した後、向かった、最寄駅。
ほんとは印度はこういう交通機関の写真、基本的に禁止なんですが、ダメ!て言われたら消します、っていえばいいわ、と、撮りました。

PB250040_convert_20121129222830.jpg

駅の向かいの大きな「JAB TAK HAI JAAN」の看板。
PB250041_convert_20121130170658.jpg

電車にやっと乗ってみたら、あらら、すごい数のつり皮(皮じゃないけど)。
通勤時のラッシュがうかがわれます。

PB250042_convert_20121129223009.jpg

ムンバイ大学とそのクリケット場。
PB250048_convert_20121129223107.jpg

街の売店でお水を買って

PB250054_convert_20121129223308.jpg

向かったのはエレファンタ島行きの船乗り場。

PB250060_convert_20121129223407.jpg

船に乗ると、あのタージマハル・ホテル
PB250118_convert_20121129223815.jpg

インド門がみえます。

PB250120_convert_20121129223842.jpg

エレファンタ島船着き場から出てる、汽車。走行距離は1Kmくらいかな。



PB250068_convert_20121129223454.jpg

終点では牛がお出迎え。

PB250069_convert_20121129223515.jpg

息を弾ませ、牛の落し物にきをつけながら、坂道を登っていくと

PB250070_convert_20121129223625.jpg

あら!いい眺め。
PB250071_convert_20121129223652.jpg

でも、道間違ってました。

肝心の石窟はこの途中にあったのに、登るのに懸命で気づかなかったの。
降りてくるとき、入り口に気づきました。

ぼけててすみません。
PB250080_convert_20121129223754.jpg

ムンバイでどうしても行きたかったところの一つが、チャトラパティ・シヴァージ駅。
そう。シャールクの「ラ・ワン/Ra.One」で電車が衝突して崩れる駅ね。

近くから、柱を眺めて、
PB260155_convert_20121129223945.jpg

駅のロータリーの向こうから眺めると、息をのむ美しさ。
世界遺産です。
PB260164_convert_20121129224010.jpg

この駅の向かいのマック。入らなかったけど。こんなにおしゃれなのよ。
PB260159_convert_20121129224226.jpg

南ムンバイには、こんなイギリス統治時代の建物がたくさんあります。

香港の中環みたいでしょ?
数は香港以上でしょう。

PB250044_convert_20121129223040.jpg

PB250055_convert_20121129223338.jpg


夜、ライトアップしたらきれいだろうな、と思うけど、大都会なのにムンバイの夜は暗いです。

PB260131_convert_20121130190346.jpg
(花火上がってる。花火楽しむにはいいな。)


やはり電力問題があるからかな。

香港、と言えば、インドも工事の足場は、竹でした。

写真を見た夫は、
「香港に比べると、ちょっと安心して登れそうにない造りしてるなあ」と。

確かに(苦笑)
PB250050_convert_20121129223244.jpg


チェックアウト前の2時間で行けるかしら?って聞いたら、コンシェルジュの方が時間制のタクシーを呼んでくれて、行ったハジ・アリ廟。

イスラム教の殉教者の廟です。

P1010200_convert_20121129225202.jpg

海の中に参道があります。
干潮のときだけ廟にわたれるそうです。

参道の途中のお店。


P1010196_convert_20121129230649.jpg




追加写真
ドゥービーガート。
P1010204_convert_20121129230724.jpg

ガイドブックはよく、「スラムドックミリオネアの・・」と書いてますが、あたしあの映画あんまり好きじゃないから・・。

ここに限らず、いろんな人の生活臭がするのが好きなんだと思う。
なので、運転手さんに頼んで行ってもらいました。



印度で会った友人に連れて行ってもらった、プジャーの海辺。
追記:Juhu Beach(ジュフービーチ)というのだそうです。友達が教えてくれました

お店も出てます。
P1010231_convert_20121129231001.jpg

手動の観覧車がすごい勢いで回っていました。
P1010233_convert_20121129231022.jpg

月曜日の5時ごろ。のんびり砂浜で涼むムンバイっ子。


P1010228_convert_20121129230853.jpg


そうそう。この浜辺で、シャールクがちゅーしてくれたんでした・・・なんちって。


スポンサーサイト

んさいげん!


2012年11月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. ヘタレ・インド旅 in ムンバイ ②行ったところ(11/30)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。