タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

楽しい楽しい!!「Son of Sardaar 」

2013.04.29(21:14) 1154

この作品、見終わったあとで、あ、そうだ、これはインドではディワリに公開、シャールクの「命ある限り/Jab Tak Hai Jaan」と同時期公開になってて、そういう意味でも話題になった作品だったわ、と思い出しました。

ロンドンに住むアジャイさんが父の遺産を片付けにインドに帰るのですが、途中、美しい娘・ソナクシと出会います。

招かれるままソナクシの家へお邪魔すると、サンジャイ・ダッドをはじめとする家族がお出迎え。

しかし、ほどなくして、アジャイさんとダットさんはそれぞれが報復に報復を重ねる仇敵の家族と知ります。

ダットさんはすわ!敵討ち、と意気込むのですが、この一族、客人は神としてもてなさなければならない、という家訓があるため、手出しができません。

やがて、この家を去る時がやってきて…。

英語字幕をほとんど無視して見たてんですが、楽しい作品。

シィーク教徒設定のアジャイさんのターバン姿が似合ってます。

実は途中意識を失いながら見たんですが、それでも十分楽しみました。

渋いアジャイさんもいいけど、こんなチャーミングなのもあたしゃ好きだわ。

アジャイ、サルマン、サンジャイのこってこて3人組の楽しい作品はいわば、香港のお正月映画、っぽいノリ。

Salman-Khan-Son-of-Sardar_convert_20130429211118.jpg




音楽も最高!

出勤途中に聞くのにぴったりだなあ。



ええぃ!、今日は二曲だぃ。

(スィーク教徒の方はこういう風にメガネかけるのね。)

片やシャールクの本格派ずっしり作品、

このメリハリ、すごいぞ。
ディワリのお休みにこんな豪華な2本が見られるなんて、インド、いいなあ。



スポンサーサイト

んさいげん!


2013年04月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 楽しい楽しい!!「Son of Sardaar 」(04/29)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。