タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

南インド本とグレゴリさんの文庫本

2013.05.31(20:00) 1172

「インドに行くなら草食系な南インドに行こう! 地球の歩き方にあまり載ってない、もう一つのインド」
こちらで紹介されていたので、さっそく。


はじめてKindleを利用して、読んでみました。
(紙の本であるのかな?と思ったらなくて。しかもお値段お手頃〉
iPhoneを使っているので、アプリをDLして密林さんで購入しました。

南インドのケララ州に住んでいた方の書かれたものです。

南と北、インドでもずいぶん違うらしいけど、南に行ったことがないので、そして行ってみたくて、どんなかんじかなあ、と思い、早速読んでみました。

著者はあたしの関心事、ルンギにも言及してくれていて、まさしく痒い所に手が届く本!

ほかにもインドでインプラントもされていて、同じ治療を日本で受けたものとして、興味ありました。

日本より安いんですよ、インド。羨ましい。
そして、治療は適切。

意外、と思ったあたしは、やはりまだまだインドを頭の中でとらえてる。
もっともっと大きいんだなあ。

もう一冊は「旅のグ」。



これはこちらで紹介してくださってたので。

グレゴリ青山さんの本の文庫化。
シャールクやマドゥーリのコーナーもあります。

楽しい一冊。
表紙はさりげなくシャールクの「DDLJ」だし。

いろんなところを旅されているグレゴリさんの文庫版付録での一節。

旅は孤独だ

孤独と闘うためいろんなことをした。
たとえば…

ほら舌を鼻の穴に突っ込むことが
できるようになったさ

孤独でもいいから
自由がいいなあ


というのがすごく好き。

あたしもほとんど一人旅で、(もちろん友達との旅も楽しくて大好きだけど)、
このひしひしと沁みる孤独感と、
だからこそ感じられる温かさが
好きなんだあ。
スポンサーサイト

んさいげん!


2013年05月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 南インド本とグレゴリさんの文庫本(05/31)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。