FC2ブログ

タイトル画像

女性たちはチャーミング/ Yeh Jawaani Hai Deewani

2014.02.17(21:19) 1343

印度で買ってきて熟成していた「Yeh Jawaani Hai Deewani」。

南インドへの長の旅路から久しぶりにボリウッドに戻ってきました。

【お話】
Naina(ディーピカ・パドゥコーン)はまじめで優秀な医学生。
しかし、そんな生活に満ちたりない者を感じていました。

偶然出会った昔のクラスメイトAditi(カルキ・コチェリン)と再会したNainaは彼女と共にマーナリーにレッキングツアーに出ることを思い立ちます。

メンバーの一人Bunny(ランビール・カプール)と知り合ったNainaは彼に対し愛情と、今までの自分と異なる人生観に触れて今まで知らなかった楽しみを感じ始めるのでした。

         

たぶんChennnai Expressに続き、ディーピカちゃんの映画だと思います。

彼女のために作られた作品。
そのくらい魅力的です。

ただ、メガネ女子が外したらあらべっぴんさん!っていうのは、ちょっと使い古された感あり。
それに、メガネしててもきれいだったです。

お話がどうも定番化した感じなのが、残念。
これだけ豪華な作品で、もったいないなあ、と。
逆に言えばお話は、まあ、普通の恋愛ものだけど、映像だけで十分楽しめる、とも。

しかし、ランビールはちょっとやっぱり苦手かもしれない。
Barfi!ではいいかな?とも思ったのですが、今回は圧倒的なディーピカちゃんの存在感に比べ、あのダンスをもってしても、あたしの中では影が薄かったです。
ちょっと実生活の噂もだぶって、拒絶反応出たかもしれないです。ごめんなさい。

ふと自分の中で実生活がよぎっちゃうのは「Raavan」のアビシェクとアイシュ以来かも。
だめなんだ。
自分の中のこういうところが、はっかんへの恋(えっ?!)が終わった原因なのだろうなあ。



女性の方はカルキ・コチェリンも個性的でかわいかったし、アイテムガールのマドゥーリ様はもう、こりゃ女神さまでした。

女神さまのダンス。


ディーピカちゃんのダンス。
ランビール、ダンスすごいんだけど・・・やっぱり、ううむ。


スポンサーサイト

んさいげん!


2014年02月17日
  1. 女性たちはチャーミング/ Yeh Jawaani Hai Deewani (02/17)