タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

肉日快樂!と「Accident」

2016.02.29(16:06) 1711

今日は2月29日。
肉の日おめでとう!!ってことで我が家の多肉ちゃん。

秋に作って、まだしょぼしょぼのリース。

先日の雪の日に部屋の中にほんの出来心で部屋の中に入れました。
セダムがメインなので、冬の寒さもオッケーなのですが。

あらら、さっそく動き出しましたよ。
子持ち蓮華と

ドラゴンズブラッドかしら・・・。

もう、春と信じ切ってムクムクし始めたので、本格的な春になるまで部屋の中においておこうと思います。

*******

さて、今日見たのは「Accident」。

最近絶賛マラソン中のAhankar Nagの1985年の作品です。
@Peripro師匠からお借りししました。
念力ブツです。

政治家Dharmadhikari (Ananth Nag)の放蕩息子Deepakが薬とお酒を飲んで引き起こした交通事故。
それをもみ消そうとするDharmadhikari はこの政治権力を武器に、警察や新聞社に圧力をかけます。
事故を取材する新聞記者のRavi(Shankar Nag)は上司にも取材をやめるように言われ、
自らも暴行を受け、取材したもの一切合財を奪われます。
挙句の果てに身代わりとして名乗り出(るのを強いられ)たDharmadhikari の家の使用人が有罪判決を受けます。
事件は闇に葬られようとしているところで、事故で仲間たちを多数失った男がDeepakをたまたま見かけ、食って掛かるも、はねのけられ。
あわててDeepakは自分の車に乗り込み、禁じられていた運転をしてその場を逃れようとするのでした・・・。


これといったアクションもなし。
ヒーローのShankar Nagは突然強くなることもなく、
取材をすればバケツをひっくり返し、
暴漢に襲われればやられるままで重傷を負う。
accident.jpg

Deepakの友達でマリファナ?の売人は正体がばれて母ちゃんにぶちのめされる。
しかも、このラストよ!!
Dharmadhikari にそっと寄り添う傷だらけのRavi。
そっと隠し持った拳銃を取り出そうとして戻すRavi。あれだけじゃ、ちょっと肩すかしなのよね。きっと。

たぶん、このラストだからあたしはこの作品好きなんだな。
Dharmadhikari をやったAnanth Nagもたぶんこのころ若かったんだけど渋い。
悪を糾弾するだけでなく、
親としての煩悶も政治の力をよりどころに切り抜けようとするずるさも。



どうよ、カンナダ映画の底力!

はぁはぁはぁ
⇒肉日快樂!と「Accident」の続きを読む
スポンサーサイト

んさいげん!


2016年02月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 肉日快樂!と「Accident」(02/29)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。