タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

まずはTamil版/Jigarthanda

2016.06.27(16:52) 1767

Sudeep様のちょっと前のTweet。
Samjeev_convert_20160627164709.png
Few things i surely need to speak about Jigarthanda.という手記。
今月24日から公開になったSudeep様のKicchaCreations制作作品「Jigarthanda」。
公開前からカンナダ映画では悪役でおなじみのRavishankarさんが出ているということで楽しみにしていました。
公開を迎えた劇場。
カットアウトもRavishankarさんとRahulさんのが立った模様。

見たい気持ちはやまやまだけどなす術なし。
なので、まずはオリジナルのタミル版を見ることにしました。
Jigarthanda_poster.jpg
見たのはこちら
およそ400円で30時間レンタルができます。
【お話】
映画監督目指すKarthik(南のSiddharth)は映画監督の登竜門となる番組に応募するものの、審査員の一人(Nasssar)の不興を買い決勝に進むことなく敗退。
しかし、彼の才能を見込んだもう一人の審査員が映画を撮ることを勧めます。
条件は一つ。
「黒社会ものを撮ること」。
Karthikは調査を始めるものの思うように進まず、
ついに黒社会にコンタクトを取ることを試みます。
しかし、大ボスSethu (Bobby Simha)に自分の敵対する相手の殺し屋と誤解され、危機一髪。
jigarthanda3.jpg
誤解を解く代わりに、Sethu本人を主人公にした作品を撮らされることに。
しかし、所詮は素人。
Muthu (Guru Somasundaram)の スパルタ演技指導が入ります。
そして、いよいよ映画は公開初日を迎えたのでした・・・。
面白かった!
映画青年で特に腕っぷしが強くもないへなちょこと一途さを併せ持つ役がSiddharth君、とてもいい感じ。
大ボスSethu演じたBobbyさんは凶暴でコミカル。
jigarthanda4.jpg
こうなるかな?とおもうと案の定そうなったり、
あれ?!ここでこう来るか?という意外性もあったり、
残酷な一方で妙に可笑しかったり、
この一直線に進まないあっちへこっちへとゆさぶられ振り回される感じはかなり新鮮。
さあて、これがどんなふうにカンナダ映画になってリメイクされているのか。
ますます見たくなりました。
確かSudeep様が完全なリメイクではなくカンナダ版オリジナルの部分も40パーセントくらいある、と書かれていた記憶が。
カンナダ版はRahulさんやRavishankarさんたち出演者が映画館を回ってプロモーション頑張ってられるようなので、
どんどん興行成績が伸びていくといいなあ。
繝励Ο繝「繝シ繧キ繝ァ繝ウ_convert_20160627225828
最後にタミル版親分の宴会。
音楽、かっちょええ!!

そしてカンナダ版。

スポンサーサイト

んさいげん!


2016年06月
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. まずはTamil版/Jigarthanda (06/27)
次のページ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。