タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

くらくら/Devdas

2012.10.09(20:57) 1007

インディアン・フィルムフェスティバル・ジャパン、三本目はシャールクの「Devdas」。

Devdas3.jpg


これも以前、あっち版の英語字幕で見ていましたが、あたしの英語力では、なんにもわかっていなかったな、の作品でした。

結婚を反対されて、シヤールクはやけになり…というへたれなインテリのレッテルをはってごめんなさい。
そんな単純なはなしではなかった。

地主の家と踊り子を嫁にした家。
娼婦と地主。
父と子の問題。
インドの、というよりは、なべて人の世につきものの矛盾や葛藤が、ずっと底辺に流れていて、そこに愛されてる様に見えながら本当の意味で家族にすら愛されなかった男性と、十年以上ひたむきにかれを愛しながら別の人と愛のない結婚をする幼馴染と、ずっと恋人を忘れられない男性を愛する娼婦のドラマがえがかれてきました。

それはそれは美しい、幻想的な舞台の中で。

中でも、娼婦・チャンドラムキー(マドゥーリ)がかっこいい。
お金の力にものを言わせようとする客の相手をするときの。
そのろうそくが燃え尽きるまでにデヴダス(シャールク)が来なければ、俺の言うことをきけ、みたいなとこ。
いよいよダメかっ!の直前に愛するシャールクが現れるんだけど。
その喜びと、でも、その心の中は別の人に向いている残酷さよ!
それでも貫く愛が強くて惚れ惚れして、涙腺決壊。


このダンスはそういうダンスだったんだ。

一方、大金持ちに嫁ぐものの、夫は死んだ妻が忘れられず、家を切り盛りするための結婚と知るパロー(アイシュ)。

二人の、それぞれの愛というか生き方そのものがびーんと背筋が伸びてる。

あたしはあくまで男性俳優ありきで見るけど、でも、出てくる女性の描かれかたがステキでないと嫌なの。

そういう意味でもこの作品は好み。

シャールクは、ずっと哀しみの中。
十年も子供をロンドンに追いやって帰ってこない(こさせない)家ってどうなの?
たぶん、かれの悲しみの元はそこだと思うのね。
さらなる追い打ちで恋人が別の人と結婚すると、自虐の道をつきすすんでいくし。

自分も他人も苦しめて行く姿が、辛かった。
この作品とってる時、かなり消耗したんじゃないだろうか。

あまりにも残酷で、シャールク、見てて辛いけど美くてたまらん!!

頭クラクラするほど泣きました。
泣きすぎて放心状態で、乗り換えの駅を乗り過ごし、タクシーで帰ってきました……。
スポンサーサイト


んさいげん!


<<華麗なるおっさん祭り/Tezz | ホームへ | ごりごりごりごり/Main Hoon na・俺がここにいるから>>
コメント
女優さんは、おっきなポイントだよね、
たとえ、名前を覚えられなくても(笑)

シャーってば、そんなに苦悩まみれだったの?
オトコマエの苦悩の姿は好物よね(≧∇≦)
的士代も、なんのそのだね!(爆)
【2012/10/10 10:50】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
頭くらくらするほど泣ける映画なんだ!
愛だね!!愛(^O^)

わたしわ可愛い仔ちゃん映画←ライブ映像を観ながらペンラぶんぶんに掛け声おっげ~で踊りまくっていいのよヾ(=^▽^=)ノ
おまけにポスターも貰えて嬉し涙に咽いだわヾ(=^▽^=)ノ
【2012/10/10 20:49】 | ソン #- | [edit]
頭クラクラするほど泣きました
>ああ良かった~
同類がいたわ(笑)

この夏のひこ映画の号泣は流石にどうなの?
と反省してたんですが

これで安心して
今度の「独身の行方」
また泣きますから
だって・・・あのカエルったら・・・涙
【2012/10/10 23:39】 | usako #udg4x/Zk | [edit]
> 女優さんは、おっきなポイントだよね、
> たとえ、名前を覚えられなくても(笑)

そうなのよ!!
女性がきちんと描かれてないなら、いっそいない方がいい!
トーさんみたいにね。

でも、トーさんの「柔道」は小夢がいいのよね。
トーさん作品で一番好きな女性キャラだわ。

> シャーってば、そんなに苦悩まみれだったの?
> オトコマエの苦悩の姿は好物よね(≧∇≦)

もう、その自ら望んで苦しむ姿に、あたしも苦しみながらウハウハ見たよ。

> 的士代も、なんのそのだね!(爆)
うん。ほぼ腰砕けだったから、ちょうど良かったかも。
【2012/10/11 09:10】 | やっほー #- | [edit]
> 頭くらくらするほど泣ける映画なんだ!
> 愛だね!!愛(^O^)

うん。
ひどい男なんだけどね、やっぱりシャーに感情移入しちゃうわ。

> わたしわ可仔ちゃん映画←ライブ映像を観ながらペンラぶんぶんに掛け声おっげ~で踊りまくっていいのよヾ(=^▽^=)ノ

うおお!
楽しそう。
ペンラは何色だっけね?

> おまけにポスターも貰えて嬉し涙に咽いだわヾ(=^▽^=)ノ

うわ!良かったね。
これからお部屋で彼氏がソンちゃんを見つめているのね。
【2012/10/11 09:13】 | やっほー #- | [edit]
> 頭クラクラするほど泣きました
> >ああ良かった~
> 同類がいたわ(笑)

はい。
いましたね。
もう、声上げそうになるくらい泣いちゃいました。

終わったら突っ伏したかった・・。

> この夏のひこ映画の号泣は流石にどうなの?
> と反省してたんですが

いやあ、そんなusakoさんのファンですからあたし。
ついていきます!

> これで安心して
> 今度の「独身の行方」
> また泣きますから
> だって・・・あのカエルったら・・・涙

ああ、楽しみ。
映画の中身とusakoさんの泣きっぷり!!v-411
【2012/10/11 21:23】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1007-0c1195d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。