タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ヘタレ・インド旅 in ムンバイ ⑥ 見た映画/DDLJ

2012.12.06(10:22) 1052

ムンバイでどうしてもやりたかったかった、大事なこと。

それは、17年間、ロングランを続けているシャールク・カーンの「 Dilwale Dulhania Le Jayenge(DDLJ)/花嫁は僕の胸に(またの邦題を「シャールク・カーンのラブゲット大作戦」)を見ること!

これが、その日によって上映時間が変わってるよ~、とあたしより先行してムンバイで見に行っていた友人が、わざわざインドから知らせてくれていましたので、(R小姐,多謝!)早速、コンシェルジュに調べてもらうことに。

昨日はシャールク城、今日はDDLJと、ミーハーな客なのは明々白々。
ビジネス客が多いのに、恥ずかしいなあ、と思いつつも、迷は突き進まねばなりません。

「他の新作映画は見ますか?」との問いかけに、
「何が何でもDDLJ!」と、あたし。

ネットで調べても出ていないらしく、わざわざ劇場まで電話で問い合わせてくれて、タクシーも呼んでくれました。
その、タクシーが、やはり、、昨日シャールク城へ行ってくれた運転手さんで、あたしのミーハーはここでも白日の下に晒されることに。
11:30からの上映に一時間以上も前にのりこんだMaratha Mandir Cinema。
こんなに早く着いちゃって大丈夫?みたいな表情を浮かべ、あたしが車を降りても中々立ち去らない運転手さんに、「大丈夫よ」とサヨナラするワシ。

入口は

こんな感じ。

「あれぇ?まだ早いから門も開かないのかなあ?」
と周辺をおよそ40分ほどうろつきます。

PB260140_convert_20121206200151.jpg

しかし、まだ、門が開いていない。

と、おもって、念のため、門の看板を見てみると、ここは開けないから隣の入り口に回れ、とな。
危ない危ない。
しかし、そんじゃ、あの開かずの門に集まっていた若人達は何だったの?(悩)

チケット買って
PB260142_convert_20121206200423.jpg
(これでどうやって席を判別するのかわからず。でも、劇場の人はちゃんとわかってた。摩訶不思議)
敷地内へ。
PB260151_convert_20121206205208.jpg


PB260146_convert_20121206205303.jpg

PB260141_convert_20121206200310.jpg

大きなアクシャイ
PB260149_convert_20121206200456.jpg

劇場内。

新しくはないけれど、レトロないい雰囲気。

PB260154_convert_20121206200540.jpg

さて、いよいよ開演。

あ、その前に昨日のJTHJの時もそうだけど、国歌が流れます。
これも、事前にR小姐が教えててくださったので、当然のように立つ。
(あ、ひとり、下の階ですわったまま後ろを見てる人がいたのも見逃さなかったぞ。)

そして、喫煙はこんなひどい目にあうぞ!!というスライド。
(ちなみに前日は、動画でした。)

お話はもう、何度も見ていて頭に入っているのですが、やっぱりシャールクが出てくると、鼻の置くがツーン。
特に、あの辛子菜畑のシーンは歓声、若しくは雄叫びを上げるインド人観客の中で、鳥肌立ててました。

そして、多分この映画の魅力は、こわいこわいカージョルパパの、手を放す所ね。
ここで始めてシャールクの思いは貫かれるのよね。
もちろん、そのあとの列車を追いかける所は、名場面。

シャールクは可愛いし、
お話も大好き。

インド人の吠えツボは
シャールクパパ、アヌパム・ケールの片手に人参、片手にバラの淡いロマンスシーン。
カージョルパパ、アムリシュ・プリーの、おもむろに踊り出すシーン。
辛子菜畑。
アムリシュ・プリーにシャールクがビンタの嵐をお見舞いされるシーン。
そして、ラストのカージョルが列車を追いかけるシーン、でした。

17年経ってもインド人に愛されているこの作品を、彼らと共に楽しめた幸せを胸に、劇場を後にしたのでした。

同作品から「Ruk Ja O Dil Deewane 」。


シャールクの軽やかさがちゃーミング。
(今日、ラジニさん見てきたんで、特にそう感じるのかな・・汗)

スポンサーサイト


んさいげん!


<<ヘタレ インド旅⑦ in ムンバイ 見た映画/そのほか | ホームへ | ヘタレ・インド旅 in ムンバイ ⑤ 見た映画/「JTHJ」>>
コメント
うわあ、インドでDDLJ!いいなあ…
アヌパム・ケールもなくてはならないと思うのですが、アムリシュ・プーリー、好きなんです。
インドの映画館は、大きいしお客さんも楽しんでるし、スナックも充実している(という印象がある)ので、いいんですよねえ。
【2012/12/06 23:42】 | きたきつね #Xnq8k9Uo | [edit]
インドの映画館って、すごく綺麗なんだね~。
いつか入ってみたいわ。

それに、17年もロングランを続けてる映画って、すごいね。
さすがだね
【2012/12/07 08:18】 | yonko #GfcxOkWw | [edit]
> うわあ、インドでDDLJ!いいなあ…

はい。思い切って出かけてよかったです。
楽しかった。

> アヌパム・ケールもなくてはならないと思うのですが、アムリシュ・プーリー、好きなんです。

もうアムリシュはきたきつねさんのもの、とあたしの中では思ってます。v-392
マニア向け(笑)

> インドの映画館は、大きいしお客さんも楽しんでるし、スナックも充実している(という印象がある)ので、いいんですよねえ。

スナック菓子かぁ!それ、ノーチェックでした。次の宿題だわ。
映画館大きいですね。
しかも家族連れで。
おませなJTHJもファミリーで見てる方多かったですよ。
(ちびっこは途中から飽きてましたが・・)
【2012/12/07 09:43】 | やっほー #- | [edit]
> インドの映画館って、すごく綺麗なんだね~。
> いつか入ってみたいわ。

ここは、本当に「映画館」って感じで、建物は古いけど、趣があったわ。


> それに、17年もロングランを続けてる映画って、すごいね。
> さすがだね

この作品はすでにスターだったシャールクをさらにキングにした作品じゃないかな。
名作で大好きなの。
日本でも上映されたことがあるから、DVD,出してほしいわ。

【2012/12/07 09:48】 | やっほー #- | [edit]
17年もやってるのに、お客がいるのがびっくり!
すごいわ。
スクリーンの中の17年前のお姿は、さぞ若いんだろうね(笑)
国家が流れるのって、ほかにもあるみたいなんだけど
国際試合でもあるまいし、考えてみると不思議な習慣よね。
NHKはやめちゃったもん。
【2012/12/07 10:19】 | 多謝。 #SO3OMlUc | [edit]
> 17年もやってるのに、お客がいるのがびっくり!
> すごいわ。

あたしがいったときは月曜の昼間だったので、お客さんも満員、とはいかなかったけど、日曜日に行った友人は「満員だった」って。

ほんとに愛されるに値する作品と思うの。

> スクリーンの中の17年前のお姿は、さぞ若いんだろうね(笑)

若いよ~。
ダンスも軽やか。

> 国家が流れるのって、ほかにもあるみたいなんだけど
> 国際試合でもあるまいし、考えてみると不思議な習慣よね。
> NHKはやめちゃったもん。

へええ!NHKって今やらないの?
それまで起きてないから知らなかったわ。

折につけて愛国心をはぐくんでるのかしらね。
【2012/12/07 13:45】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1052-f80cb710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。