タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ハエの復讐襲「EEGA」

2013.01.10(22:24) 1088

220px-Eega_Poster.jpg


去年後半、あちこちから聞こえてきた「『ハエ』が面白い!」。

テルグ&タミル語映画ファンの友人からその「EEGA」勧められ探してみたけど、見つからない・・・。
英語字幕が付いてるヒンディ語吹き替え版「MAKKHI」がみつかったので、見てみました。

ビンドゥにぞっこんのスディープ。
しかしビンドゥには憎からず思う相手がいました。
それがナニ。
お金持ちで女性にも不自由しないスディープはなぜ自分になびかないのか、と探ってみると、ナニという青年がいると分かり、殺してしまいます。

やがて、ナニはハエに生まれ変わり、スディープへの復讐を誓うのでした・・。


もう、スディープ役のSudeepさんがエロ悪でいいのよ。
わるもの


あたしの好み。
悪人なのに、復讐を誓ったハエに翻弄されます。
毒針も、牙も持たないハエに!
翻弄されるけど、いつも九死に一生。


最初はバリバリ決めてるのだけれど、ハエに攻撃かけられてのてんやわんや。
サウナでいかにも!のぼかしでハエを追う姿に爆笑。
(でも、あれ、肌色の下着つけてない?←厳しい目!)


ビンドゥ(サマンタ・ルース・プラブ)も可愛くていいわね。

ビンドゥ


そして、ハエ。
ハエ

毒も持たないハエが復讐を決意したとき、どう、立ち向かうのか。
まさか、こんなことまで!な筋トレも想像を絶します。
ほとんど特撮作品。
素朴な何にも珍しくないハエが主人公の作品が、こんなに楽しいなんて。

日本語字幕で見たいなあ。

スポンサーサイト


んさいげん!


<<「燃えよ!じじぃドラゴン 龍虎激闘!/打擂台」 | ホームへ | ブルーレイ、到着>>
コメント
復讐するために姿を変えるなら、
何も、ハエでなくたってよかろうもん!(笑)
それこそ、毒持ちのクモとかサソリとかさ~。

って、それじゃ、ファンタジーじゃないか(^_^;)
え?コレって、ファンタジーじゃないの?(爆)
【2013/01/10 22:48】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
はえ~~~?!
って、すごい発想ですね。
でも、女優さんは、きれい。
くりっとしたお目目があいらしいですね~
【2013/01/11 08:06】 | ROKOMOKO #- | [edit]
> 復讐するために姿を変えるなら、
> 何も、ハエでなくたってよかろうもん!(笑)
> それこそ、毒持ちのクモとかサソリとかさ~。

そうなのよ。
でも、輪廻転生でハエだったのね。
でも、なかなか気骨のあるハエでした。


> って、それじゃ、ファンタジーじゃないか(^_^;)
> え?コレって、ファンタジーじゃないの?(爆)

うーん、ファンタジーほど甘くなく、アクションなのに「ハエ」。
でも、恋愛ものでもあり。
やっぱりひとことではくくれないわ、インド映画。
【2013/01/11 21:22】 | やっほー #- | [edit]
> はえ~~~?!
> って、すごい発想ですね。

発想が…なんていうか、自由でしょう?w

> でも、女優さんは、きれい。
> くりっとしたお目目があいらしいですね~

きれいですよね。
純愛ものにピッタリな。ハエとの、だけど・・。
【2013/01/11 21:24】 | やっほー #- | [edit]
このハエに目をつける発想が先ずもって素晴らしい!
こういうのはインド映画か香港映画しかないよね(笑)

あれ?そう言えばひこの映画の中でハエが出てきたっけな~
「想飛」(邦題度忘れ)の冒頭 ひこがプレゼンする作品がハエが主人公であえなく脚下(笑)

ハエが如何に復讐するのか興味深いので 日本公開期待します
【2013/01/14 07:31】 | usako #- | [edit]
> このハエに目をつける発想が先ずもって素晴らしい!
> こういうのはインド映画か香港映画しかないよね(笑)

そうなの。
よりにもよっての、「ハエ」。

テントウムシでもなければトンボでも蜂でもなく・・・。

> あれ?そう言えばひこの映画の中でハエが出てきたっけな~
> 「想飛」(邦題度忘れ)の冒頭 ひこがプレゼンする作品がハエが主人公であえなく脚下(笑)

えええっっ!
と思い、調べたのですが、あの「プリンセスD」ですかっ?
見直してみようかなあ・・。

> ハエが如何に復讐するのか興味深いので 日本公開期待します

かなりあたしには奇想天外で、驚きました。
これは去年、かなり評判を呼んだので、日本公開、可能性あるかなあ。
【2013/01/14 20:44】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1088-d30d57c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。