タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

「燃えよ!じじぃドラゴン 龍虎激闘!/打擂台」

2013.01.14(20:56) 1089

昨日は友人と香港映画2本立てを楽しんできました。

1本目は「燃えよ!じじぃドラゴン 龍虎激闘/打擂台」。

これは2010年の東京国際映画祭で見てて、その時の日記でも書きましたが、るいすの「柔道龍虎房」と同じくらい好きな作品になりました。

以前の感想、香港版DVDはこちら、(ここで、「間違って日本湖公開されたら」って書いてあるぞ、あたし!)東京国際映画祭の感想とQ&Aはこちら

あれからずっともう一度日本語字幕で見たい見たい!と思っていたのですが、本当に見られて夢のよう!!
冒頭での功夫を見ながら、その流れるような美しさは心が震えます。

30年眠ったままだった師匠が目覚めたときからの、陳観泰と梁小龍の少年のような姿は、むしろあの年になったからからこそ出せる味とも感じます。
201052112457_convert_20130114210811.jpg

まさか、「あの!」陳観泰が、「あの!」梁小龍が!!とも思う反面、あの二人が今だからこそ!という気も。

そして、この作品を作り上げることにかかわったすべての人が、この作品と「香港映画」を愛し、さながらソン(梁小龍)とセン(陳観泰)のように目を輝かせて作ったことが、ひしと感じられます。

熱く描くかと思えば、ふぃと突き放したりのセンス。
お涙頂戴にもならないけど、斜に構えたりもしない、一見こてこてに見えて実はとても洗練された香港人の都会的なスマートさを感じるのは、あたしの香港への思い入れのせいかしら・・。

こういう作品が生まれてくる間、あたしは香港映画を愛せると思います。

今回は製作サイドにいた、アンディや家棟、ありがとう!!と、改めて彼らにも感謝したいです。

34938874_convert_20130114210924.jpg

にしても、ブルースリャンのこのヅラ、素敵すぎる!!(笑)

こちらは2011年の香港電影金像奨で最佳電影を受賞したときの家棟!!
彼の香港電影精神スピーチもぐっときます。
そう、彼らもリングに上り(打擂台)、勝ち取ったのですよね。「勁!」
スポンサーサイト


んさいげん!


<<「トリプルタップ/鎗王之王」 | ホームへ | ハエの復讐襲「EEGA」>>
コメント
ああ、やっぱり香港電影金像奨って良すぎる!
何度見ても、どんな年のでもぐっときちゃう(^^)
これ、ちゃんとみられて良かった♪そして次に見たものも、ね。
この写真もいいねぇ。ヅラも(笑)
【2013/01/14 23:06】 | アンディ #xRS1q4qQ | [edit]
大絶賛されてたから、ずっと、
いつかは観たいと思ってたよ。
きっと、いつかね(笑)
ヅラ、もはや、のっかてるよね(爆)

で、苗sir.の方も、よろしこ(^^)v
【2013/01/14 23:18】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
> ああ、やっぱり香港電影金像奨って良すぎる!
> 何度見ても、どんな年のでもぐっときちゃう(^^)

いいよね。
ある意味、ほしのおじいさんのがくーりな受賞シーンも(笑)

> これ、ちゃんとみられて良かった♪そして次に見たものも、ね。

ほんと、まさかの日本公開だからね。ありがたいわ。

> この写真もいいねぇ。ヅラも(笑)

いいでしょう?
今、一番会いたい香港明星はヤムヤムとブルースだわ。
【2013/01/14 23:37】 | やっほー #- | [edit]
> 大絶賛されてたから、ずっと、
> いつかは観たいと思ってたよ。
> きっと、いつかね(笑)

うん。いくら大絶賛してもしたりないほど好き。
日本版DVD出たら買うから、その時は見てね。

> ヅラ、もはや、のっかてるよね(爆)

足技も妙なるかな、だけど、このヅラ扱いも、もはや独自のものを確立してる!

> で、苗sir.の方も、よろしこ(^^)v

書いたけど、作品が辛すぎて、ヘンタイ感想になっちゃった(爆)
【2013/01/14 23:39】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1089-4eec3b7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。