タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

IIMAX初体験と パンフレットについて(追記あり)

2013.01.31(14:47) 1103

昨日はレディースデー、ならばIMAXも安くなるんかなあ、と県内の車で30分ほどのところにあるシネコンへGO!

なにせ、IMAX初体験なので、どんなにきれいなのかなあ、とわくわく。

見たのは月曜日と同じ「ライフ・オブ・パイ」。

ところが、いざチケットを買う段になって、お会計一枚2200円です、とな。
はい、IMAXはレディースデーでも安くならなかったのです。

まあ、あのきれいな映像が3Dで見られるならいいや、と見ることにしました。

作品自体はとても素晴らしいと思うのですが、正直、特に3Dでなくてもいいです。
むしろ、IMAXの代金払うなら、レディースデーに2回見たほうが良かったかな、って。
一番うわあ!浮き出てる!!って思ったのは「字幕」でした(爆)

もう、たぶん、3Dは見ないと思います。


さて、この「ライフ・オブ・パイ」のパンフレット。

めったに買わないんですが、今回は買いました。

内容は最近の香港映画やインド映画のパンフレットに比べると、正直、かなり充実してます。
香港映画の「天使の目 野獣の街」なんて、パンフレットというよりチラシだったしねえ・・。


中でも面白かったのは「リチャード・パーカー」という名前のシンクロニシティ。

詳しくはこちらを。

そして、この作品にも出てきます、リチャード・パーカーが。

思わず、ポーのこの小説ポチっちゃいました。


もう一つ印象に残ったのが、アン・リー監督インタビュー。
その中にトビーさんが本作品から降ろされた経緯について語るところがあります。

「世界的に有名なトビーが出てきてしまうと、うなづいているだけの役なのに、浮いてしまう」と。
さらに、「イルファン・カーンやタブーはインドでは知られているが、インドだけだ」という内容なのですわ・・・。

イルファン、決してインドでだけで有名ってことではないと思うんだけどな。
欧米のほかの作品にも出てるし。
オスカー作品にも出てるし。

そして、ジェラールド・パルデューは有名ではないのかなあ・・・・。
あたしはこの作品の中で彼こそ古くから知ってる役者さんなのだけれど、それについては何の記述もないのよねえ。

むしろあたしはトビー何某を知りませんでした。
写真も見ましたが、やっぱりわかりませんでした。

あ、名前は知っていたけれど。

アメリカ映画をほとんど見てないのですから、当たり前です。

あたしが知らなくても、世界的に有名、というのはもちろん否定しませんよ。

そして、さらに
「大人になってからのパイはスーラジが演じる16歳のパイほど重要でないので、タレントエージェントに頼んで候補者を連れてきてもらった」のくだり。

とほほ。イルファン、あたしはとても重要な役だと思うのだけれど。

というか、重要でない役なんてあるんだろうか・・・。

どうも、アン・リー導演らしからぬ答えなのだわ。
あの知性あふれる監督から、このような、いうなれば「はすっぱな」言葉がが出たなんて、信じたくないのだけれど。

ちなみにこの記事、取材と文はハリウッドを中心にご覧になってる方らしいのです。


珍しくじっくり読んだら、興ざめするような記述。
どんなにとほほでもほめちぎるパンフレットがほとんどなのに、ある意味、ここまで書くパンフレットって稀有だわねえ。
久々にパンフレット買ったら、考え込んでしまいました。


この記事に疑問を感じでいたら、友達が
こちらのIt was a privilege working with Tabu, Irrfan Khan: Ang Lee という記事を紹介してくれました。

アン・リー監督はここで、イルファンとタブーがこの作品に出演することに対する思い入れを語っています。

うーん、どうも、こっちの記事のほうがすんなり入ってくるのよね。

パンフットのこの記事かかれた方、アン・リー監督作品やイルファン、タブー作品見たことあるのかなあ、と思ってしまいました。
スポンサーサイト

んさいげん!


<<インド関連雑誌とインドホラー | ホームへ | 「島へ免許を取りに行く」>>
コメント
何も知らないで、パンフ読んだら、
まんま受け止ってしまいそうだじょ!

インド映画(じゃないけどw)ふぁんしーは、
いろいろと闘わなきゃいけなくて(何と?)、
大変だね~^^;

トビーって、スパイダーマンのトビー!?
実は、彼のことも、むにゃむにゃ(自粛)(爆)

エドガー・アラン・ポーには、いろいろと思い入れがあるよ(笑)
『アッシャー家~』『モルグ街~』『黒猫』読んだはずだが、
すでに、忘却…困ったもんだ~┐(^_^;)┌
【2013/01/31 23:12】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
> 何も知らないで、パンフ読んだら、
> まんま受け止ってしまいそうだじょ!

うん。
なにより、監督がこんな言葉を使う人でない!と言いたいよ。


> インド映画(じゃないけどw)ふぁんしーは、
> いろいろと闘わなきゃいけなくて(何と?)、
> 大変だね~^^;

なんかねえ、違和感がすごくあるのよ。

この記事。

糾弾する、というより、こういう違和感を、ちゃんと意識の上に置いておきたいな、って思うんだわ。

> トビーって、スパイダーマンのトビー!?
> 実は、彼のことも、むにゃむにゃ(自粛)(爆)

そう、蜘蛛侠の人らしいわ。(娘情報)

> エドガー・アラン・ポーには、いろいろと思い入れがあるよ(笑)
> 『アッシャー家~』『モルグ街~』『黒猫』読んだはずだが、
> すでに、忘却…困ったもんだ~┐(^_^;)┌

うん。あたしも読んだはずなのよ。
ああいう小説のちょっと禍々しい感じが好きだった。
でも、「ナンタケット島・・」は読んでないと思うわ。
【2013/02/01 13:10】 | やっほー #- | [edit]
く、そしてワン・ポーチェには気付かず(笑)

昨日見て、あのアジア人は誰だ?って思ったのよ。
2シーンだけだったけど、撮影してるニュース映像は
見たんだよな~。
中華ニュースもまた偏ってるのよね。

誰でもいい、ってのは,中華監督一流のレトリック。
キャスチングは、会社の事情で簡単に変わってしまうのが、映画。
パイロットドラマは、本来はらいみんだったらしいし、
あのインファのサム役をンさまに振ってた、
って話読んだことがある。
らいみんとンさまが、どうして同じ役できるんだ?!
そこを演出するのが監督の腕なのよね。
あの映画の主役は動物なので、少年以外は
どんなキャストでもできる、って言いたかったんだと思う。
【2013/02/14 09:17】 | 多謝。 #SO3OMlUc | [edit]
> く、そしてワン・ポーチェには気付かず(笑)

はい。

まったくわかりませんでした。
辮髪じゃなくちゃ!


> 昨日見て、あのアジア人は誰だ?って思ったのよ。
> 2シーンだけだったけど、撮影してるニュース映像は
> 見たんだよな~。
> 中華ニュースもまた偏ってるのよね。

そりゃそうだよね。

どこも自国の明星中心だわ。

> 誰でもいい、ってのは,中華監督一流のレトリック。

そうかあ。
なるほどなあ。
しばらく中華の感覚から遠ざかっていてぴんと来なかったわ。

> キャスチングは、会社の事情で簡単に変わってしまうのが、映画。
> パイロットドラマは、本来はらいみんだったらしいし、
> あのインファのサム役をンさまに振ってた、
> って話読んだことがある。
> らいみんとンさまが、どうして同じ役できるんだ?!
> そこを演出するのが監督の腕なのよね。


ん~(ン様だけに?爆)。
そのあたりは無問題なのかね。
腕?
そのあたりであたしら一喜一憂するのに。

> あの映画の主役は動物なので、少年以外は
> どんなキャストでもできる、って言いたかったんだと思う。

それだけの自信があったの?
でも、そんな風に言うイメージじゃないなあ、って思っちゃうのは夢見すぎか?李安監督に。
【2013/02/14 21:08】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1103-f04f4514
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。