タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

一徹者アルジュン「Rock On!」

2013.02.10(22:04) 1112

まずはお知らせ。

この春公開になるボリウド4の公式サイトがこちらにできました。

楽しみ~

さて、今日の作品は「Rock On!」。

posuta.jpg


えーと、なんでこれを見ようと思ったかというと、大阪アジアン映画祭で「わが人生3つの失敗/Kai Po Che ]
が上映されると聞いたからです。

監督はアビシェク・カプール。

この映画祭でインド映画が見られる!ってんで、むちゃくちゃ大阪に行きたくなったのです。

で、まずは気を静め、沈思黙考するためにも、同監督の過去の作品を見てみようかな~、と。

主役はファルハーン・アクタル。
彼はもともと映画監督で、シャールクの「DON 過去を消された男」や、この四月公開される「闇の帝王DON ベルリン強奪作戦/DON 2」の監督さんでもあります。

今回はかつて「MAGIK」というバンドのボーカルで、今はビジネスではかなり成功している青年役。

そして、同じバンドのギタリスト役が3月16日から公開の「恋する輪廻 Om Shanti Om」にも出演しているアルジュン・ラムパル。

ほかにメンバー2人がいる、合計4人のロックバンドのお話。

アルジュンってシャールクの「Ra.One」や「Om Shanti Om」の悪者キャラで、どうしても、脇役っぽさが残念でしたが、はっきり言って今回のこの作品は違います。

ほかのメンバーが解散後そこそこもしくはどぉん!と生活を安定させているのに、ギター1本を貫いているんですね、アルジュンは。
なかなかの一徹者です。

で、元、ボーカルの妻が彼らのバンドを知って、メンバーの再会をお膳立てするんですが、その時もただ一人来なかったりします。


コンテストにでてメジャーデビューの野心に満ちた若いころもさることながら、解散後金に困り妻につつかれながらも子供とセッションしたりもする姿もなかなか、ほほぅ!であります。

rock+on1_convert_20130210223905.png
なんちゃってギタリストもなかなか様になってます。

作品自体はきっちりまとまってました。
あたしとしてはまとまりすぎてお話の先が読めちゃったかな。

ロックが好きな人はまた違うのかな、見方が。
あたしはロック思い入れが薄いんだわね。

一番興奮したのは、冒頭のムンバイの景色だったな。

それならば、同じロック(?)バンドものの「四大天王」(ダニエル・ウー 監督作品)
四大天王

のほうが、あたしには圧倒的に面白かったかも・・

最後にアルジュンは、本作品で助演男優賞をいくつかの映画賞で捕ってるみたいです。

予告編はこちら
スポンサーサイト


んさいげん!


<<ちょびっとフライング気味に、「情人節快樂!」 | ホームへ | ナチュラル>>
コメント
しゅてきよー、あるじゅーん!(≧∇≦)
今回は、アタシのあるじゅんで間違いなかったね(笑)
もう、しゅてきしゅてきしゅてきー!
ロックってのは、ギターってのは、ますますソソル!
あ!歌は、歌わない方がいいんだっけ?(爆)

で、バンドメンバー、見たことあるヒト、2人いたよ。
なんで、知ってるんだろ、アタシって、少し愕然!(爆)
むろん、誰かさんの影響だけども(笑)
【2013/02/11 00:09】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
このアルジュン、ジョージ・ハリソンみたいでしょv-238
音楽シーンも、まるで『ハード・デイズ・ナイト』みたいなのがあって、大好きな映画です。
ただ、音楽がインドに他ならないのだけが、ちと残念。
【2013/02/11 00:56】 | うり #vtyDULzs | [edit]
あるじゅんの素敵なギタリスト姿にも惹かれるけど、

有り難う!!
ひこ監督作品思い出してくれて!
そう言えば「四大天王」、アジアン映画祭でも観たんだったわ(遠い目)。
三回映画祭で見たけど、韓流全盛で時期が悪かったのと、ポップ過ぎたのか、DVDリリースすら無かった。。。(涙)
配給の節穴~!!

と本日もひこ宣伝ばかりでした。f(^_^;
【2013/02/11 07:43】 | usako #- | [edit]
> しゅてきよー、あるじゅーん!(≧∇≦)
> 今回は、アタシのあるじゅんで間違いなかったね(笑)
> もう、しゅてきしゅてきしゅてきー!

これは普通にかっこよかったよ。
びっくりした。

> ロックってのは、ギターってのは、ますますソソル!
> あ!歌は、歌わない方がいいんだっけ?(爆)

あたしはロックには何にも感じないんだけど・・・。
あえて言うなら、元気だなあ、くらいかな。

歌は・・・どうだろう。
踊りはむにゃむにゃだけど。

> で、バンドメンバー、見たことあるヒト、2人いたよ。
> なんで、知ってるんだろ、アタシって、少し愕然!(爆)
> むろん、誰かさんの影響だけども(笑)

えええっ!
あたしはアルジュンしかわからなかったけど。

そうか、「Zindagi Na Milegi Dobara」に出てたんだね。

すげーな、Pちゃん。
【2013/02/11 20:39】 | やっほー #- | [edit]
> このアルジュン、ジョージ・ハリソンみたいでしょv-238

ごめんなさい・
ジョージ・ハリスンって、名前と「ふたりはアイラブユー」しか知らないの。
夫に言ったらそれはもし、ベスト盤を出すとしたら、20曲にも入らないぞ、と言われました。

> 音楽シーンも、まるで『ハード・デイズ・ナイト』みたいなのがあって、大好きな映画です。
> ただ、音楽がインドに他ならないのだけが、ちと残念。

ほんとにロック音痴なので、どれが「ハード・デイズ・ナイト」みたいかわからない・・・。
どれも同じに聞こえるのだけれど・・。
【2013/02/11 20:43】 | やっほー #- | [edit]
> あるじゅんの素敵なギタリスト姿にも惹かれるけど、
>
> 有り難う!!
> ひこ監督作品思い出してくれて!

ステくんもそうだけど、彦祖くんのセンスもあたし、期待してるんです。
あれは本当に面白かったし。

> そう言えば「四大天王」、アジアン映画祭でも観たんだったわ(遠い目)。
> 三回映画祭で見たけど、韓流全盛で時期が悪かったのと、ポップ過ぎたのか、DVDリリースすら無かった。。。(涙)
> 配給の節穴~!!

あたしも節穴!!と思います。
DVD、出してほしいですよ。

> と本日もひこ宣伝ばかりでした。f(^_^;

うふふ。
それでこそusakoさんですもの。

あの映画は。ほんと、もう一回スクリーンで見たいです。
【2013/02/11 20:48】 | やっほー #- | [edit]
四天王と言えば…って、もう今は昔だからいいや(笑)
でもやっぱり四大天王と言えば、アンディ、アーロン、レオンなんだけどなぁ…(笑)
あ、もう一人?いたっけ??(爆)
【2013/02/11 22:31】 | アンディ #xRS1q4qQ | [edit]
> 四天王と言えば…って、もう今は昔だからいいや(笑)

うん。ずいぶん昔だよぅ。(笑)

> でもやっぱり四大天王と言えば、アンディ、アーロン、レオンなんだけどなぁ…(笑)

いやあ、この作品も面白いのよ。

> あ、もう一人?いたっけ??(爆)

そのもう一人の方のインタビューも出てくるの。

あたし、やっぱり香港映画をこれから支えていくのはステくんとか彦祖君だと思うんだわ。

内地とあまりしがらみないところで楽しい作品作ってほしいの。

【2013/02/13 22:23】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1112-f58578cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。