タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

「Just Math Mathalli」

2013.02.26(21:38) 1122

これも、先日と同じスディープ作品。
監督も。

空港で出会った二人の男。

二人はシンガポールの機内でも乗り合わせます。

ひとりはロック歌手
JMM2_convert_20130226204731.png

もう一人は映画の脚本家

JMM_convert_20130226204801.png


ロック歌手は彼の恋愛物語を語り始めます。

彼は旅の途中である女性タヌと知り合いますが、
jmm3_convert_20130226204841.png

自分の気持ちを告げずに彼女の元を去ります。

彼はとあるファンが自殺したことから、愛する女性へも自分の気持ちを言えなくなっていたのでした。

自分の気持ちを押し殺し立ち去るのですが、どうしても自分の気持ちが抑えきれず、再びタヌに会いに行くのですが、彼女はすでに父親とシンガポールに移住した後でした。

一方脚本家は、これからシンガポールで結婚をすることになっており・・・。

英語字幕だったのですが、たまたま一緒に見ていた娘と、あーでもない、こーでもないと、これからのストーリーを語り合いながらワイワイ見ました。

で、あたしらの結論は、
脚本家の彼は実はタヌと結婚することになっており、かつての恋を忘れられない花嫁候補を見て、偶然を装いかつての恋人と同行することに。
彼のほんとの愛を知り身を引く婚約者・・・と想像したあたしは、もはやボリウッド恋愛映画を見すぎ!?

結末は全然違ってました。

これ、もし、シャールクがやったらどんなになってたかなあ、などという妄想までしてしまいました。

きっとラストは涙でかみしめてただろうなあ。

冒頭のこの曲だけ、ちょこっと踊ってたスディープ。

スポンサーサイト


んさいげん!


<<U-zhaan著・「ムンバイなう。インドで僕はつぶやいた」 | ホームへ | じたーたじたじたじたーたたー「Veera Madakari 」>>
コメント
読みながら、「きっと、このおデブwが身を引く」って思ったの。
けど、違うのね、おデブw、彼女をかっさらったか!(笑)
スディープさんの悲恋なのね、そーなのね?
いえ、言わなくてもいいわよ~(/\)
【2013/02/26 22:15】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
> 読みながら、「きっと、このおデブwが身を引く」って思ったの。
> けど、違うのね、おデブw、彼女をかっさらったか!(笑)

ちっ!な展開だったわ。
そのふとっちょとも友情があったからねえ。

> スディープさんの悲恋なのね、そーなのね?
> いえ、言わなくてもいいわよ~(/\)

うん。じゃあ、ナイショにしとくわ(爆)
でも、スディープさん堪能作品としてはナイスだったよ。
【2013/02/26 22:35】 | やっほー #- | [edit]
ふふふ、先を読んで裏切られるのって、ちょっと楽しくない?
「お、そうきたか」って(笑)
今日は、奪命金を観てきたの。
これのラストには、私は裏切られました。
でもね、すっごく愉快な裏切られ方だったから、なんか嬉しくなっちゃったりして(^^)
【2013/02/27 20:04】 | アンディ #xRS1q4qQ | [edit]
> ふふふ、先を読んで裏切られるのって、ちょっと楽しくない?
> 「お、そうきたか」って(笑)

そうなの。
それで爽快ならいいんだけど、これはちと悲しい結末なのが残念。

> 今日は、奪命金を観てきたの。
> これのラストには、私は裏切られました。
> でもね、すっごく愉快な裏切られ方だったから、なんか嬉しくなっちゃったりして(^^)

面白かったでしょう?
えええっ?って。
見た後、ニコニコしちゃうよね。
【2013/03/01 21:17】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1122-30855588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。