タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

「置いておいてくれる」心地よさ/CHILLAR PARTY

2013.04.03(15:06) 1139



ムンバイのChandan Nagar Societyという住宅地に住む8人の子供と、そこにある廃車に犬と住んでいる少年のお話。

子供ものには流されないぞ!と思いつつも真剣に見てしまったのはたぶん、きれいごとをきれいに描いていないからかな。

きれいな服を着て両親がいて学校へ行く少年たちと、親がいなくて住宅地の車を洗って生きている少年(ファトカ)との近づき方も自然。
気になる相手をツンツンつつきながら距離をちぢめて行く。

この地を訪れた政治家がファトカの犬にほえられたことを根に持ち、住民の安全をうたい文句にひと月のうちに犬を追い出せ!と言い出したことから、子供たちが立ち上がっているところも、戸惑いながら、前進していく姿が微笑ましい。

住民の半数以上の異議申し立てがあれば、政治家の言い分を拒否できる、ということに目を付けた子供たち。
犬追放反対の住民署名活動に動き出します。

お偉いさんにいわれるがままの親に、子供たちが声を上げ、親を説得しようとする反面、やっぱり親の言うことになかなか逆らえない子供たち。
それぞれがそうしながら親との関係を改めて作り上げていく姿を見ると、親のないファトカは切ないなあ。
でも、ファトカはそんなセンチメンタルなものを振り切るんだよなあ。

そして、最後の子供たちへの大人の立ち位置も素敵。

あたしの知る社会では普通学校へも行かず、犬と暮らして車洗ってる少年がいたら、すぐさまどっかの施設に送るんだろうけれど、この作品では、そういう状態で置いておくのね。

他人の子供への虐待にも目を光らせる国もあり、
こうして置いておく国も。

冷たく放置するのではなく、「置いておいてくれる」(それは印度を歩いていてあたし自身も感じるのだけれど)心地よい自由を感じる作品でした。


画像を検索してたらサルマンが出てきて、なんで?と思ったんだけど、この作品、彼の会社で配給してるのかね。



fc2blog_20130403154236445.jpg
スポンサーサイト


んさいげん!


<<「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」マサラ3回目 | ホームへ | 一つで三個分のおにぎりとシャールク生放送>>
コメント
反則なブツだと思ってるのだがw、
だって、絶対、ココで泣けよ!なシーンがあるから(笑)
そして、まんまと泣かされるオレ(^▽^;)
やっほーちゃんに、こんなに上手に紹介されると、
観たくなってしまうよ(笑)

舞台挨拶?試写会とかだったのかな?
このお仔達が出演してるのね?
眼鏡と、おデブと、ちびっこがいる設定は、
世界共通だね(笑)←そして、優等生と、イケメンと、
ちょっぴり不良なコがいて、静ちゃん的な女子がいても可(^皿^)
【2013/04/03 20:35】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
そうそう、反則だよね。
でもやっぱり好きよ、こういうの。
「ライフ オブ パイ」だって反則だ、って言われてたけど(笑)いいよね~。
これ、私も観てみたいな(^^)
【2013/04/03 20:40】 | アンディ #- | [edit]
> 反則なブツだと思ってるのだがw、
> だって、絶対、ココで泣けよ!なシーンがあるから(笑)
> そして、まんまと泣かされるオレ(^▽^;)

この作品は、むしろ、「ここで泣け」がないんじゃないかと思うの。
確かに、動物と子供は、要注意なんだけど。

逆に、そこからちょこっと離れているところがあたしには心地よかったの。

どこぞの国の「ここでなかなかったら冷血漢!」的なぐいぐい来る感じがなくてね。
(いや、あたしもそれで思う壺の号泣なんだけど)


> やっほーちゃんに、こんなに上手に紹介されると、
> 観たくなってしまうよ(笑)

あら、そう?

この作品は、あたし、日本語字幕で見たいわ。

> 舞台挨拶?試写会とかだったのかな?
> このお仔達が出演してるのね?
> 眼鏡と、おデブと、ちびっこがいる設定は、
> 世界共通だね(笑)←そして、優等生と、イケメンと、
> ちょっぴり不良なコがいて、静ちゃん的な女子がいても可(^皿^)

うん。でもあたしは女子についてはちょっと言いたいんだよね。
でも、ネタバレになってしまんだわ。

女子に白パンツはけ!とは言えないんだけどね。
(ネタバレ気遣うとなんのこっちゃ、でしょう?)

おでぶかぁ。
あたしは、スィク教徒の子だ、ってインドの多様性を感じたの。
痩せてたりおデブだったりも、まあ、多様性だけどねえv-393
【2013/04/03 22:04】 | やっほー #- | [edit]
> そうそう、反則だよね。

そうなのよ。

子供とか特に。

スラムドックは苦手だけれど、
こういう作品は自分のツボをちょっと外してるのがいいの。


> でもやっぱり好きよ、こういうの。

おそらく想像以上にドライだよw

でもね、それがなんかいいんだなあ。

> 「ライフ オブ パイ」だって反則だ、って言われてたけど(笑)いいよね~。
> これ、私も観てみたいな(^^)

あらあ、そうなの?パイですら?

英語字幕でよければいつでもお貸しするけど・・。
【2013/04/03 22:10】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1139-9543dc06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。