FC2ブログ

タイトル画像

スッキリ!インド特集を見た

2013.04.22(23:38) 1147

今日は月曜日でちょこっとメソメソさんのちびっこを保育園に送り、大量の燃えないゴミを一気に出し、午後からの仕事のため夕飯の支度もせっせとして、テレビの前に座りました。

目的は昨日ツィッターで告知いただいていた日テレの「スッキリ!」のインド映画特集を見るため。

あ、その前に一緒に友人数名に告知メール送信。

さて、いよいよ始まったーー!
サルマンのばんじゃーらーの映像になぜかアーミルのAll Izz Well が重なって始まる。

続いて「タイガー 伝説のスパイ」(以下「Ek Tha Tiger」)の映像。
(あああ!このカトリーナ・カイフ、すごくかわいい。こんなかわいい表情する人なのね。JTHJでは気づかなかったなあ)


そして、インド映画が現在製作本数も観客動員数も世界一というナレーションと共に、キターーーーーーっ!

「闇の帝王 DON ベルリン強奪作戦(以下「DON2」)の車のぶっ飛ぶ映像の後に、車の窓が下りて、ひゃあああ!
のシャー様降臨。
日本の公共放送の電波に乗ってスカイツリーから発信された美しい姿。

「きっとうまくいく」(以下「3 idiots」)のズビドゥビゥビドゥビ映像がちょこっと流れた後は、お決まりの
ラジニカーントの映画紹介。

去年公開の「ロボット」の戦闘シーンとともに「ハチャメチャな映像&ダンス」と紹介。
「Naina Miley 」の曲と共に本作品のヒロイン、アイシュワリヤ・ラーイの美貌とブラピが共演したい発言に言及。
 
ガガさま、シュワちゃん そして、ラッセルクロウの出演希望が報じられます。

あれれ?途中から「シヴァージ」乱入!

と、ここまで印度映画をざっくりと紹介した後、レポーターがインドに。

「命ある限り」(以下JTHJ)のアヌシュカのチャーミングダンスシーン、ちゃりれ!と共にムンバイが映し出されます。
ムンバイの劇場の様子が映ります。
ムンバイっ子の「ボリウッド大好き」インタビュー。
(通訳さんのインド英語がいいわあ)


と、ここで人気俳優の条件発表。
1)演技力
2)ダンス
3)アクション
4)人間的魅力

ふたたび「ばんじゃーら」(Ek Tha Tiger)の音楽が流れる中3大カーンの紹介。

まずはアーミル。
人柄とルックスと天才的演技力を兼ね備えた俳優。

ただ今公開中の「3idiots」も宣伝。

次にサルマン。
男子人気NO.1と紹介され「Ek Tha Tiger」の宣伝も。

そして、しんがりにシャールク。
あああ!
あの地下鉄シーンからかぃ!!

願わくは、髭のとこも出してほしかったわね、というのはよくばりなファン心理。


セクシーなシャールク!の家が次に映されます。
「シャールク兄貴」に脚本を持ち込んだ男性も語る。

シャールクを兄貴って!!いいなあ。


そ、ここでプリヤンカ・チョープラ登場。
「DON2」を宣伝。
あれれ、リティックのシーン、出していいの?!!の後に、美しいプリヤンカはサリー姿で登場して番組の人にメッセージ。



という、これまでのインド映画の紹介とは、頭一つぬきんでた感のあるコーナーになってたと思います。

(できたら、女優さんも、少なくとも今回のボリウッド4に出てる、カリーナ・カプールやカトリーナ・カイフの紹介もしてほしかった。



しかし、最後はキラー・カーン発言でややぐだぐだでしたけどね(苦笑)


「必ず歌と恋愛が入ってる」なんて発言もあったけど、あれあれそうかぃ?
あたしの好きな「Kahaani」は?

まあ、それもご愛嬌、ということで・・。

ってこうして書いてるのってどうなの?という思いもよぎるけど、いいんだもんねーっ!
やっと休みのあたしの、明日がボリウッド4初日なんだもん。

シャールク、待っててねーーーっ!!ひゃっほーぃ!!の浮かれ日記でした。













スポンサーサイト


んさいげん!


<<昨日もインド三昧 | ホームへ | 「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」Last Day>>
コメント
真的ボリウッドファンシーは、アレを高く評価するのね?
そっか~、アタシャ、「そんなの知ってるわい」的な目線だったわ、
ちょっち反省、真的迷でもないのにさ(笑)

にしても、あの10数分を、ここまで解説するなんて、
おみそれしやした(笑)

次の祭りが始まったのね、エンジョイv(^^)
【2013/04/23 12:31】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
> 真的ボリウッドファンシーは、アレを高く評価するのね?
> そっか~、アタシャ、「そんなの知ってるわい」的な目線だったわ、
> ちょっち反省、真的迷でもないのにさ(笑)


もちろん、いろいろあるけど、でも、今までのインド映画の扱われ方は、本当にひどかったからね。

キワモノ扱いで。
そこいくと、とりあえずカーンさんたちをとりあげてくれて嬉しかったわ。

なんか、ハリウッドがすごいって言ってるからすごいんだぞ、なところはあったけど、今の日本では仕方ないと思う。

> にしても、あの10数分を、ここまで解説するなんて、
> おみそれしやした(笑)

ここはあたしの備忘録だからね。
何年か後に読んだらへええ!!って思いそうな気がするの。

> 次の祭りが始まったのね、エンジョイv(^^)

始まったよ。
今日の分も語りたい!語り尽くしたいっっっ!
【2013/04/23 22:32】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1147-9874bcc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)