タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

胸焼けしつつも・・「Rockstar」

2013.05.14(15:38) 1163

ちょっと最近。ランビール君が来てまして、今日は「ROCKSTAR」を見ました。

「BOMBAY TALKIES」のこのMVを見て、


こりゃさっそく見なければ!と。
EROSのサイトで1か月7.99ドルで見られる(しかも英語字幕付き)というところで見ました。

ストーリー
ロックスターを志すJJ(ランビール・カプール)が見初めたヒール(ナルギス・ファクリー)。
しかし、彼女はいいところのお嬢様で、結婚が決まっていました。
互いに恋心が芽生えるものの、彼女は許婚と結婚、プラハに。

JJはその後、やさぐれ生活を送るものの、メジャーデビューを果たします。
ある日ヒールが嫁いで住んでいるプラハ行きの話が持ち上がり、俄然その気になるJJ。
プラハでヒールとの再会を果たします。

かつてはほのかな恋心でわかれたはずの二人は、やがて深い関係に。
しかし、それを悔いたヒールは、夜中に家に押し込んできたJJに目の前から立ち去るように告げるのでした。
警官に連れ去られるJJのインドでの人気はうなぎのぼり。
ビッグになっていくものの失意のJJの心はどこかうつろ。

ある日ライブ会場にヒールの妹がやってきて、ヒールが体調不良のため帰国していると告げます。
さっそく、ヒールの実家にも押しかけるJJ。
両親は苦々しい思いですが、ヒールの体調が上向きになるのを見て、二人が会うことを認めるようになります。

ライブツアーに出かけたJJはヒールが再び倒れ、しかも、妊娠していることを知らされるのでした.



冒頭の髭もじゃはだれ?もしや、ランビール???なところから作品は始まり、全然イケてない大学生に時間が戻り、徐々に髪も髭も伸びていくに従いロックンロールになっていくランビールは、かなりかっこいいです。
ヒールと別れてから、どこかうつろで、一点だけが醒めている感じ。

これはかなりいいぞ!と思ったのですが・・・。
最後、ヒールが帰国してからが、余計だったかなあ。

あのあたりからだんだんあまりの熱血ランビールに、やや胸やけ気味。

ちょこっとだけでているチャルメラみたいな楽器(印度の古楽器だそうです)奏者役のシャンミ・カプールのめぢからがすごいです。
何でもみとおして、包み込むような目。

kapoors_031111_600_convert_20130514215131.jpg
(写真左)

ランビール君の大叔父さんなんだそうな。
今は鬼籍に入られているそうですが、この目は若いとき、どんな役を演じていたのかと、見てみたくなりました。
(やっぱりおっさんに目が行く)

突き放される男、という設定は先日見た「命ある限り(JTHJ)」もそうだけど、突き放された後の裡への籠り方がシャールク演じるサマルのほうが、より切なかったな、と思ってしまうのは、シャールクファンだからね。

そして「JTHJ」つながりでもう一つ、本作品でも可愛い舟が出てくるカシミール。
ランビール君も乗っていました。
名物なのか?乗ってみたいぞあたしも。もちろん、アヌシュカ気分でね。

でもランビールの非凡さ、やはり感じるので、胸焼けしながらも、さらに彼の作品、見たいと思いました。

スポンサーサイト


んさいげん!


<<主役はアジャイさんなのよ!「ミモラ 心のままに/Hum Dil De Chuke Sanam」 | ホームへ | 「タイガー 伝説のスパイ/Ek Tha Tiger」と酔鯨すいすい>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1163-3266a2e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。