タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

アーミルの目「きっとうまくいく/3 idiots」

2013.05.26(17:15) 1169

シネマート新宿で「きっとうまくいく/3 idiots」、先日22日に見て来ました。



2011年12月に香港で見たこの作品が、あたしの初めてスクリーンで見たインド映画でした。

その時の日本でも上映して欲しいという夢がまた一つ、叶いました。

今回日本語字幕で、あの時笑い転げるほんこんやんにおいてかれたあれこれがなんだったのか、やっと解明。

日本語字幕、実にありがたや。

笑いのネタはそこここに。
特にサイレンサー(消音銃)ネタは、映画帰りの夜道でも思い出し笑い。

頭をスッキリさせる薬を飲んでいるので、いつも臭いスカしっ屁をする友人のあだ名なんだけど。

学長。
時間節約のため、シャツのボタンはマジックテープで、訓練して両手で違う文章を一度にかけるように。

一番を目指して頭を使うのがそこなんだ。

アーミル演じるランチョーの、「Aal izz well /きっとうまくいく」の言葉は、某所で言われているような
「そのうちなんとかなるだろう」
というのとは、あたしは異質だと感じるのだけどな。
むしろ、次々と心が生み出す怖れからの思考停止と無駄な行動にストップをかけて、きちんと「考える」ことを目指すスイッチでは?

まあ、あたしはその日本の作品、きちんと見てないから、言い切ることはできないけれど、語感からは違和感。

この作品を見てから、ずっと以前読んだ「愛と怖れ」という本を思い出しました。




人の行動には、愛からのものか、怖れからのものか、どちらかしかない、という本だったような。

一番にならなかったら、人生終わり、とか、まさしく怖れ。
愛からとは、自分も他人(怖れから行動している人も含め)も信じ切るところから生まれてくる言葉。
それがランチョーの言葉だな。

だから、ランチョー演じるアーミルの目の輝き、あんなに綺麗だったんだ、きっと。

あたしは、40代で大学生を演じたことより、あの目の輝きに、アーミルの素晴らしさがあると思う。

ランチョーは自分のやりたいことをやれ!と、友達に言葉を掛けるし、友達もそうして自分の道をみつけていくんだけど、それはとても幸せなこと。

怖れの言葉で育ってきた子供たちは、むしろ、なにがしたいのかさえ、わからなかったりすることも多いから。

ファルハーンと父親のラストの会話もよかったな。
あなたにだけは認めて欲しい、と父に向かって語る息子と、その言葉を受けて、父親がとる行動がねえ。

こういうのが、こういう大人のでてくる作品が、大好きなんだ。

最後に、作品冒頭の音楽。
これ、香港で見た時も、なんだか鼻の奥がツーンとしたんだ。

インドの空気が流れてくるような音楽。




いろんなところで取り上げられていたのと、作品自体の力のため、この日もかなりお客さんが入っていました。

ちょっと年配の女性がお友達と
「インドって女性の人が、額にぽちっとつけてるのよね」

などと話されてて、

ああ、いつもインド映画を見に来る人たちだけでなく、いろんな方が見に来てくれてるのね、と嬉しくなりました。

実はこの邦題、好かんのです。
なんか、見るからに「ヒューマンドラマですよぅ」
「感動しますよぅ」
という感じがねえ。

「3バカ」でいいじゃない!!
おバカ映画と思って見に来たら、素晴らしい作品でびっくり!なのがいいのに。
と、考えてもいたのですが、

いやいや、それではたぶん、いつものお客さんしか見に来ないわよねえ。
やっぱり映画は足を映画館にはこんでもらってなんぼ。

ということは、やっぱり本作品のタイトルでよかったのかな、などと、わんさか人であふれるシネマート新宿でふと思ったのでした。
スポンサーサイト

んさいげん!


<<スディープのサリー着付け教室「Vishnuvardhana」 | ホームへ | 水曜日のお楽しみ>>
コメント
あ~、懐かしい映像!と見入っちゃった(*^_^*)
つい先週なのにね(笑)
でもね、ほんとに良かったし、あんなに好きだな、って思った映画は久々だったので嬉しかったんだ。
いままでインド映画を観たことない友だちが、観に行くそうです(^^♪
【2013/05/26 20:02】 | アンディ #xRS1q4qQ | [edit]
> あ~、懐かしい映像!と見入っちゃった(*^_^*)
> つい先週なのにね(笑)

うん。これは一回でいいや、と思ってたんだけど、あたしもしらずしらず懐かしくなっちゃって、あした、近所のシネコンに行ってくるわ。もう一度。

> でもね、ほんとに良かったし、あんなに好きだな、って思った映画は久々だったので嬉しかったんだ。

あら!そうなの?嬉しいな。
この映画の何がいいのかなあ・・・ってあれこれしばらく考えちゃった。
なににこんなに惹かれるんだろう、って。




> いままでインド映画を観たことない友だちが、観に行くそうです(^^♪

ほんと?
やっぱりこのタイトルでアリだったのか・・。
【2013/05/26 21:34】 | やっほー #- | [edit]
ピンとこなかったのよ、このタイトル。
いえ、観てもいないで、アレだけど(笑)
インドっぽくなく思えたからかな?
けど、インドっぽいって、なんだろう?(笑)
世間的なインドっぽいってのじゃなくって、
なんか、とにかく、ピンとこなくって~(笑)

いつか、観る機会があればいいな~。
【2013/05/26 23:26】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
なんかわかる~。
このタイトルって、ミニシアターでかかるヨーロッパの映画みたいだよね。
ニュースでも上がってくるくらいだから、ヒットしてるのね~。
忙しい週のしかも変な時間に上映だから、私は観れないなぁ~。
【2013/05/27 07:45】 | yonko #GfcxOkWw | [edit]
ここを訪れると、インドにきたみたい~って思いますぅ~

香港でみたインド映画というのもインドに縁があったのでしょうか。。。

>「3バカ」でいいじゃない!!

この映像を見るとやっほー様のネーミングに
ピッタリ~って思いました(笑)
【2013/05/27 16:21】 | ROKOMOKO #- | [edit]
> ピンとこなかったのよ、このタイトル。
> いえ、観てもいないで、アレだけど(笑)

レスが遅くてごめんなさい。

ああ、やはりそう思う?
ピンと来ないのよまさしく。

> インドっぽくなく思えたからかな?
> けど、インドっぽいって、なんだろう?(笑)
> 世間的なインドっぽいってのじゃなくって、
> なんか、とにかく、ピンとこなくって~(笑)

もっとパンチの効いたの、欲しいのよ、インドは。

いい意味で、あたしの好きな毒があってほしいんだなぁ。
でも、多分、そうすると、お客は限られるかも。

> いつか、観る機会があればいいな~。

あはは。いずれ。
DVD出たらかうから^_^;


【2013/05/28 12:05】 | やっほー #- | [edit]
レスが遅くて對唔住a.

> なんかわかる~。
> このタイトルって、ミニシアターでかかるヨーロッパの映画みたいだよね。

うんうん。
なんか綺麗過ぎなんだあ。

わけ知り顔なヒューマンドラマ、苦手なんだもの。
こう感じなさい!って強要されてる映画のタイトルみたいな。

あー、きっと、うまくいっちゃうんだあ!って分かっちゃうし。

いい意味でなにこれ?!ってタイトルがすきなの。
(ミニシアターでかかるヨーロッパ映画、みたことないけど^_^;)

> ニュースでも上がってくるくらいだから、ヒットしてるのね~。
> 忙しい週のしかも変な時間に上映だから、私は観れないなぁ~。

良い感じて成績伸びてるらしいわ。

もしかしたら、近所のシネコンでもかかるかも。
そしてもしかして、これは、いつか、テレビでも放映されるかも。
あ、でも、ノーカットだったら二回に分けて、だなw

170分だから。
【2013/05/28 12:13】 | やっほー #- | [edit]
レスが遅くてごめんなさい。

> ここを訪れると、インドにきたみたい~って思いますぅ~

あら!ほんと?嬉しいな。

> 香港でみたインド映画というのもインドに縁があったのでしょうか。。。

そうなの。
しかも多謝。さんが、やってるよー!って、香港にメールくださったのよ。
ありがたや。

> >「3バカ」でいいじゃない!!
>
> この映像を見るとやっほー様のネーミングに
> ピッタリ~って思いました(笑)

うふふ。
香港映画とか、みてると、綺麗すぎるタイトルはお尻がもじもじしちゃうんだぁ。
【2013/05/28 12:16】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1169-119b7315
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。