タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

みるみる増毛!/Hubli

2013.06.02(21:00) 1174

手持ちのスディープ・ブツ、ラストは
「Hubli」。
カンナダ語作品です。
そして、妄想鑑賞もの。

ある日、犬を散歩させている人が、血まみれで意識を失った男を発見します。

医師の診断で、毒も呑まされていることが分かります。
意識が戻ったものの、その患者は記憶を失っていたのでした。
身体を触ろうとすると、かすかに残る記憶に怯え、医師や看護師を投げ飛ばすありさま。

s5.png

しかし輸血を申し出た女性に

S1.png


だけは少しずつ心を開き始めます。

唯一身につけていたキャッシュカードから自分の名前を知ろうと銀行を訪れたこの男は、逆に不審に思った銀行側に警察に通報され、今度は前出の女性を巻き込んでカーチェイス、大立ち回り。

驚くものの、ビルから落ちかけた少年を力強く救助したこの男に、彼女も心惹かれて行くのでした。

しかし、ついに警察に捕まり男は警察に拷問を受けます。

s10.png

そこにやってきた警察の上層部が、男の本当は何者なのか、気づくのでした。

かれは、武器をテロリストに横流しする業者とそれと結託した有力者へ、果敢に捜査を挑んだ警官、アジャイ・クマールだったのでした。
s12.png


逆恨みを受けた男は、妹の嫁ぎ先で毒を盛られ、妹を殺され、黒い組織と闘って行き倒れてしまったのでした…。


話が途中から過去に戻る構成の本作品。
前半の初めて見るスディープの短髪髭なし。

s4.png


腕力の強さは野獣の如し。

それが、少年救助に心をときめかす女性との一曲の間に、見る見る伸びる髪と髭!

s6.png

s7.png


s8.png


s9.png

そして、いつものおなじみの姿に踊り終わる時は変貌!

ちょっと女性がむっちりし過ぎて、さすがのスディープも重そう!
とか、


ちょっと全体的にお顔にお肉が付いてる印象のスディープ、なんてのは取るに足らぬ些細なこと。

下着姿で警察に水を掛けられ殴られるシーンは、ちっ、もうちょっとじっくり写して欲しかったわね、などと言う黒い欲望までちらりと生まれてしまう、サービス處。

そして、その直後の第一線で活躍する熱血警官に変貌するあたりは、肩の三ツ星は
しゃきーん!!
と、文字通り音を立てて輝いて、

s11.png


よっ!待ってました!!
と声を掛けたい衝動に駆られました。

もちろんルンギシーンもちらりと盛り込み、

s2.png


あたしは心をぎゅっ!っと鷲掴みにされたのでした。
スポンサーサイト


んさいげん!


<<上田恭子著 「バナーラスの赤い花環」 | ホームへ | 朝は麺>>
コメント
下半身の女子だよね(苦笑)

っつか!拷問シーン!
やはり、引き裂かれたランニングと
おパンツいっちょだったのか!(≧▽≦)
うん、黒い欲望みなぎる大事なシーンだよね(笑)
【2013/06/02 22:22】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
増毛って(笑)
そーいえば、インドの方で
禿げた方ってお見かけしないね。
【2013/06/02 22:23】 | 多謝。 #SO3OMlUc | [edit]
> 下半身の女子だよね(苦笑)

うん^_^;

サリー着てると本当に素敵なのに、惜しいよ。
せめて、パツパツじゃなければいいのに。
(あたしが言うのもあれだけど)

> っつか!拷問シーン!
> やはり、引き裂かれたランニングと
> おパンツいっちょだったのか!(≧▽≦)

シャツは残念ながらやぷけなかったのよ。
前作ではおっさんに一気に引き裂かれたのに。

> うん、黒い欲望みなぎる大事なシーンだよね(笑)

うん、黒くて脂が浮いてる欲望。
重いダンスも頑張って見てて良かったと思ったわ。
【2013/06/03 08:29】 | やっほー #- | [edit]
> 増毛って(笑)

まさか、一曲で?
と思ったらその期待にバッチリ応えてくれてたわ。

> そーいえば、インドの方で
> 禿げた方ってお見かけしないね。

かぶってるんじゃないかしら。
(暴言)
かのラジニさんはバリバリかぶってるのよ。
でも、普段はかぶらないお姿も惜しみなく見せてくれてるから、そこがブルース・リャンと違うところか。


【2013/06/03 08:34】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1174-0097e91c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。