タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

なんどりさんで南印度ご飯

2013.06.23(21:06) 1191

今日はずっと行きたかったなんどりさんでご飯。
尾久って始めて降りたのですが、交通の便良いのに、うるさくなくて良い感じの街。



南印度のご飯をいただきました。

美味しい。





バイキング形式でいただきました。
自分の盛り付けイマイチだったので、友達の撮らせてもらいました。



厨房にかかるラジニさん。


そして、ラジニさん幟。



お宝のシャールクの「アシュラ」VHSの付録の藁半紙ノートも見せていただき、印度の話に盛り上がりました。





昨日新所沢で「恋する輪廻」まさらに行かれた方に、当日撒かれた紙吹雪も見せていただきました



美味しかった&楽しかったのでまた行きたい!
スポンサーサイト


んさいげん!


<<字幕の力/「Dil Se/心から」 | ホームへ | スディープの丸い背中 /Mussanjemaatu(追記あり)>>
コメント
お店なの?
2階に住んでるのかしら?とか思っちゃった(笑)
尾久って、知らないところだわ~^^;
やっほーちゃんちに近いの?
常連さんになっちゃうんかな~(^^)v

で、あるじゅん的なモノはないの?(爆)
【2013/06/24 05:07】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
お宝&楽しい飾り付け+おいしいごはんで、楽しかったでしょうね。
わら半紙のノートなんてこっちじゃないもんね。
あ~、私もスパイシーなものが食べたくなってきた。
【2013/06/24 08:02】 | yonko #GfcxOkWw | [edit]
其処はインド好きな方々では相当有名なお店なのかしら。

やっほーさんのインド熱気にこちらまで熱くなります。(笑)

ただ前より気にして注意するから、時々聞こえてくるインドの女性観。
カースト制度下で動物以下な酷い生き方を余儀無くされている女性達のニュースに触れる度に、怒りを感じます。
それもまたひとつのインドなのですね。
【2013/06/24 20:05】 | usako #- | [edit]
> お店なの?
> 2階に住んでるのかしら?とか思っちゃった(笑)

バリバリの日本人よ。お店の方w

インド料理とインド映画への愛は素晴らしいよ。

> 尾久って、知らないところだわ~^^;
> やっほーちゃんちに近いの?
> 常連さんになっちゃうんかな~(^^)v

赤羽と上野の間よ。

大体1時間平均なところ、尾久は1時間10分でつくから近いと思う。
常連になりたい


> で、あるじゅん的なモノはないの?(爆)

基本的に南インド、なので、ないのよ。
ラジニさんで店はあふれてたけど。
【2013/06/24 22:36】 | やっほー #- | [edit]
> お宝&楽しい飾り付け+おいしいごはんで、楽しかったでしょうね。

お店からインド愛があふれてて楽しかったよ。
ごはんもおいしいし。


> わら半紙のノートなんてこっちじゃないもんね。

これ、シャールク作品なんだけど、日本版なのよ。
「ムトゥ」直後だったらしいわ。
こんな時代もあったのよね。

およそ15年、やっと再びめぐってきたインド映画が見られるチャンス。
今度こそこの灯を消したくないわ。

> あ~、私もスパイシーなものが食べたくなってきた。

ふっふ~wあたしも書きながらもう食べたくなったよ。
【2013/06/24 22:43】 | やっほー #- | [edit]
> 其処はインド好きな方々では相当有名なお店なのかしら。

はい。かなり有名と思います(きっぱり)

> やっほーさんのインド熱気にこちらまで熱くなります。(笑)

へへ。ありがとうございます。
つい前のめりになってしまいます。

> ただ前より気にして注意するから、時々聞こえてくるインドの女性観。
> カースト制度下で動物以下な酷い生き方を余儀無くされている女性達のニュースに触れる度に、怒りを感じます。
> それもまたひとつのインドなのですね。


女性の地位に怒りを覚えることも確かにあります。

でも、映画館のチケット売り場で女性が順飛ばしできる、なんて一面もあります。

驚くような虐げもたしかにあるとききます。

その一方で、あたしがすごした短い時間で出会ったインドの女性は、はっとするほど美しい笑顔もあたしに向けてくれました。

日本より女性が人として尊重されている国もあります。
その国からどのように私たちを見られても、解決するのは私たち自身です。

それはほかの国でも同じですよね。

インドは非常に異質なものとして見ることもできますが、
身を沈めると、日本以上に多様性に富む面白い国でもあります。

是非、旅行会社のツアーではない、自分の足で歩く旅をインドで!
あたしたちB型人間には、笑っちゃうほど心地良かったりしますよ。

【2013/06/24 23:14】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1191-fe807b94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。