タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

血まみれ復讐ダンスに圧倒される/Kalpana

2013.08.06(09:17) 1221

とんでもないものを見てしまいました。

そもそもなんでこれを買ったのか覚えてないのです。
たぶん、スディープさま以外で英語の字幕付きのカンナダ映画が見てみたくて、最近見つけたカンナダ屋さんのサイトの上のほうで紹介されていたのを思わずポチったのではないかと。

コメディホラーというのかなあ。

主役のウペンドラ演じるラーガワは
昼は友達とクリケットも楽しみ、喧嘩の腕もたつ青年。
そんな彼の弱点は、幽霊が怖いこと。
なので、いまだにママと寝てるし、夜はトイレにもついてきてもらいます。


彼がひそかに思いを寄せているのは義姉の妹プリヤ(ラクシュミ・ライ)。彼女のほうも彼を憎からず思っています。

ある日、ラーガワと仲間たちがいつもクリケットをやっている広場が工事をしているため、別の空き地にやってきます。
クリケット用の杭を打ち込んだのですが、知らない間に、そこに埋められていた遺体をも突き刺していたのでした。

帰宅したラーガワにやがて3人の霊が憑依し始めます。

1かるぱな


家族が依頼したお坊さんによって、霊がたちが封じ込められようとするのですが、その前にカルパナと名乗るヒジュラの魂が、なぜこのようになったのか語り始めるのでした・・・・。

ヒジュラとは半陰陽、もしくは両性具有者、というのでしょうか。
インドではお祝いごとの時に押しかけてきてお祝いしてあげる代わりにご祝儀ちょうだい、なんてこともあるようです(あたしはまだあったことがありませんが)

アウトカーストの立場ににある彼らの一人、カルパナは幼いころ家族に家を追い出されます。
あるイスラム教徒がカルパナを引き取り、知的障害のある自分の息子と一緒に育てます。
やがてカルパナは同じヒジュラの子を養女します。
かるぱな3


その養女は優秀な成績で学校を卒業。

貧しい人たちのための病院を作ることを夢見ています。

カルパナは働きづめに働いて稼いだお金で土地を購入。
しかし、腹黒い人に土地の権利を横取りされ、抗議に行ったカルパナは養親とその息子と共に命を奪われたのでした。


主役はウペンドラという俳優さんです。

かるぱな2


あたしはヒジュラのカルパナを演じたサイ・クマールという役者さんにも衝撃を受けました。

娘の卒業式での母親として情感のこもった堂々たるスピーチ。
素晴らしかったです。
ひとたび怒りに身をゆだねたときの、無敵ぶり。
特に足蹴りがパワフル。

そういえば動画の下に「Dialogue King Sai Kumar」と書かれていました。
そうか、この人、そんな風に言われてるんだ!

あああ、ほかの作品も見たい。


最後に再びよみがえり、復讐の鬼と化したときの血まみれの鬼気迫るダンス。

これはラーガワが憑依されてるのか?





この作品、タミル版のリメイクだそうで、こちらは(途中一か所抜けるのですが)字幕なしではあるもののほぼ全部YOUTUBEで見られました。


ほとんど内容が同じなのですが、ラストがちょっと違ってました。
復讐を成し遂げた後、霊魂(タミル版ではカンチャナという名でサラット・クマール

かんちゃな

という役者さんが演じてました)が、まだそこにいるんだぞ!
という含みを持たせたタミル版「Kanchana」のほうが、ちょっと好きだな。



スポンサーサイト


んさいげん!


<<蓮日記3とその他あれこれ | ホームへ | 茗荷>>
コメント
やっほーさん いやぁ~もうジャンルを問わずですわね~
お陰で本当に色々なインド映画教えて頂きました

このダンスったら~凄過ぎ!
怖いんだか可笑しいんだか
もう訳わかんない(笑)
でも目が離せないわね
とにかく滅茶苦茶凄いわ
迫力有り過ぎだけど ダンス上手過ぎ

そして私ダンスは何でも好きなんだと判ったわ(爆)
【2013/08/08 22:08】 | usako #udg4x/Zk | [edit]
> やっほーさん いやぁ~もうジャンルを問わずですわね~
> お陰で本当に色々なインド映画教えて頂きました

わあ!

まさか、このような激・マニアック作品にまでコメントくださってありがとうございます。


> このダンスったら~凄過ぎ!
> 怖いんだか可笑しいんだか
> もう訳わかんない(笑)

そうなんです。
笑っていいのかここは怖いところなのか、全編見てもわかりません。

> でも目が離せないわね
> とにかく滅茶苦茶凄いわ
> 迫力有り過ぎだけど ダンス上手過ぎ

上手いですよねw
どうも、カンナダ映画のダンス、
タミルやテルグ、もちろんボリウッドとも違う気がするんです。

その辺、まだまだ南インド作品は入り口にも立ててないので、がんがん見ていきたいんです。

> そして私ダンスは何でも好きなんだと判ったわ(爆)

あはは。そうですよね。
こってりとパンチのきいたキワモノダンスまで、お好きなんだなあ、としみじみ感じ入りましたv-392
【2013/08/09 09:52】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1221-6d483ccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。