タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

 「Chandu」

2013.08.21(21:35) 1237

夏休み最後の一本。

今日は「Chandu」。


ハイデラバードでごろつき相手に派手な喧嘩をした大学生のチャンドゥ(スディープ)に手を焼いた両親は
、彼を娘が結婚して住んでいるバンガロールの大学に行かせることにします。

たまたまバンガロールからハイデラバードにやってきていてチャンドゥの喧嘩の一部始終を見ていたヴィディヤ(ソニア・アガルワル)は、自分の大学の同じクラスに、暴れ者がやってきたことに驚きます。

しかし、興味を持つのは恋愛への第一歩。

やがてチャンドゥが喧嘩が強いだけではなく、やさしい一面も持つことを知り、ここはお決まりの恋愛関係に。

しかし、ある時、二人でバスケットをした後に、自分の露出した腹をチャンドゥがちらちら盗み見ていることに気付き、突然、
「あんた、いやらしい目で見てたでしょっ!」

「そういえば、付き合い始めてすぐにも、バスケットやりながら、どさくさまぎれに、こんなことしてたわね!えっち!!!

チャンドゥ2

(インド男性は足にムラムラする、という噂を聞いたことがあるのですが、腹にもやっぱり目が行くのね。インドの宝石屋で、店員さんがサリーでバリバリお腹出して仕事してて、あたしでも「あらぁ~!いいのかしら」と驚きちらちら見ちゃったんですが。そりゃあ、やっぱり目が行くのよね、と納得。)

ってなことから大ゲンカに。
別れてしまう二人ですが、そんなときにヴィディヤに結婚話が持ち上がります。

煽り立てるチャンドゥの売り言葉に買い言葉、意地で結婚することにするヴィディヤ。

どうしても2人とも素直になれないうちに結婚式を迎え、家族ぐるみで付き合っていたチャンドゥも姉夫婦と共に招待されるのでした・・。


2002年なのでSudeep様29歳の大学生役です。
もうすぐ40になる現在と、そんなに変わっていないかも。見た目には。

ただ、役どころとしてはまだまだデビュー5年目。
ヴィディヤの従兄弟の結婚式での大立ち回りでは火だるまにまでなります。
チャンドゥ


体張ってるなあ。

1997年にデビューして、その年1本、1999年に2本2001年に2本出演作品があって、そのあと本作品なようで、この後から一年に3~4本の映画に出演するようになっているので、やはりこの作品前後が転機になったのでしょうか。

ウエストが気になる、という歌。



インド恋愛映画の定番として、最後は強引に都合よくハピーエンドだし、途中には見るな!と言われりゃますます気になる露出した腹部に悶々とする若きチャンドゥ、というのもあって楽しいのですが、喧嘩シーンはそこまでやるのか?学生が、と思われるほどの暴れっぷり。
皆が甘い一面の一方で,めっぽう強いアニキな感じがSudeep像として形作られていく過程だったのかもしれません。

そういう意味ではこの秋公開になる「マッキー(ハエ)」は
hae1.png


新しい「Sudeep」としての一大転機だったのかな。
(注 上の写真は「マッキー」本編からのものではありません)

まだ、中身はできてませんが「マッキー」の日本版サイト(こちら)、リニューアルされてました。
ハエがおしゃれなもの引きずってまました。
ハエのくせにw
スポンサーサイト


んさいげん!


<<「Kicha Hucha」 | ホームへ | 後半本気 「Huchcha」>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1237-8b93270c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。