タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

インド警官の拳銃に関する一考察w/Varadhanayaka

2013.10.01(15:28) 1262

先日のナマステ・インディアの写真で載せ忘れた大事な一枚。

シャールクとの2ショットで頭がいっぱいでしたが、ちゃんとシャールクだけのも撮っていたんでした。



10月11日から始まるインディアン・フィルムフェスティバル・ジャパン(IFFJ)のブースの前で待っててくれたシャールク。
友達は11時からこちらでお手伝いと聞いていたのに、着いてそうそう、ブースに立ち寄り、シャールクの写真を撮らせてくれとせまるあたしに、スタッフの方も慣れたもので、ちゃんとほかの写真を除けてくださる気の使いよう。

ありがとうございます。

公式サイトはこちら
ここはこの二日間、実際撮影スポットになったそうですよw。


さて、昨日途中まで見た「Varadhanayaka 」。
2007年のテルグ語映画「Lakshyam」のリメイク版です。


今日も妄想大爆走の【お話】
主役はスディープ様演じるVaradhanayaka。
彼はやり手の警官。
街の悪徳金融業&土地ブローカーのShankar(Ravi Shankar)の手による銀行頭取殺害計画現場に鉢合わせします。

たまたま居合わせた女子大生Sirisha(Nikisha Patel)はVarudhanayakaの活躍に見惚れるものの、彼には妻(Sameera Reddy)と子がいて、あら、残念。

彼女はやがて同じ大学のHariと知り合うのですが、Hari(Chiranjeevi Sarja)はVarudhanayakaの弟でした。
家族ぐるみのお付き合いが始まります。

Varudhanakaは家族との温かい時間を過ごす一方、警察でのShankarの悪事一掃作戦の指揮を執ることになります。

Sirishaの誘拐事件、警官殺害が続く中、デート中の襲撃でHariも重傷を負います。
Varudhanayaka獅子奮迅の活躍が続くのですが、やがてShankarによって殺されてしまいます。

夫の死を知らないまま第二子を出産する妻。

病院の霊安室で殺されたVarudhanayakaの遺体を運び出そうとするところに出くわすHari。
布の下に隠された兄の顔を垣間見た彼はすべてを悟るのでした。

街中で起きている地上げデモの混乱に紛れ、火が放たれたバスに放り込まれた兄の遺体に取りすがるHari。

やがて、Hariは兄の無念を晴らすため、復讐に立ち上がるのでした・・・。

いつもながら字幕がなくて本当に残念なのですが、それを補って余りあるSudeep様魅力満載作品。
だいたい、今までだと、やり手だけれど、女性関係はほどほどにしか描かれない警官、とか、やたらちゃらんぽらんなひとが多かったのですが、この作品は硬派と軟派の双方のスディープ様が堪能できる作品に仕上がっています。

言い方を変えれば警官Varudhanayakaの人間としての姿をバランスよく描いている、とでも言いましょうか。

なので、もちろんお宝ショットが多数。

VARADAYANAKA2.png

VARADAYANAKA3.png

ところで先日ミクシイでもきいたのですが、インドの警官って拳銃入れ(ホルスターというらしい)左なのよ。

香港差人、日本警官は右利きは右だわよね。
U様に教えていただいたのですが、ショルダーの時は利き手と反対側と。

しかも銃把っていうのかな、握るところがあっちむいてるんだわ。
まあ、当たり前だけど。

はたしてどちらのほうが抜くのが早いのか?
インド警官は銃を抜く前にネコパンチとかするからその流れで?拳銃抜くことを想定しての左側なのか?

VARADAYANAKA4.png

それから、今までサイモン・ヤムヤムを懐中電灯の似合うNO.1俳優(@PTU)として認定してきましたが、
スディープ様がこんな構え方もご披露くださいました。

VARADAYANAKA5.png


動画もつけよう。

オープニング、めちゃめちゃかっこいい!
飛び降りるときの素足が艶めかしいわね。
マリーゴールドの花がふわ~!!と舞うところは指笛ポイントよね。


悲壮なお話なのにちゃんと入ってる楽しいダンス。
良い塩梅のはだけ具合も好し。



弟君のも入れておこう。

スポンサーサイト


んさいげん!


<<好耐無見、ミーナさん!/Swathi Muthu | ホームへ | ナマステ・インディアと「マッキー」情報>>
コメント
高いところから、裸足で飛び降りるなんて!?
我的に、足の裏が心配だわよ(爆)
っつか、急須みたいな魔法のランプのよな、
ヘンな建物だったね(笑)

懐中電灯の構え方!
コレは「オレはここだ!」ってアピってたの?
ぷぷぷ、これじゃ、前が見えないよ~(笑)
っつか、下からあてなくてよかったわ(爆)
【2013/10/01 22:20】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
> 高いところから、裸足で飛び降りるなんて!?
> 我的に、足の裏が心配だわよ(爆)

普通はあり得ないけどね。
インド映画は香港とは違ったあり得なさで、スディープ様ならあの高さから素足で降りても無問題なのよね。

> っつか、急須みたいな魔法のランプのよな、
> ヘンな建物だったね(笑)

お供えの牛乳みたいなのかけてたから神様系のものなんだろうねえ。

> 懐中電灯の構え方!
> コレは「オレはここだ!」ってアピってたの?

ワルモノに暗闇で集中的に懐中電灯の光浴びせられて、そっから奪い取ったあとのこれなの。

挑発?!

> ぷぷぷ、これじゃ、前が見えないよ~(笑)
> っつか、下からあてなくてよかったわ(爆)

うん。前は絶対見えてないよ。
下からでも彼ならきっと美しいと思うけど(爆)
【2013/10/03 14:38】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1262-f1efb0d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。