タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

あちこちで涙腺決壊/Mahaaraja

2013.10.07(00:19) 1265

まだ見ます。

今日は「MAHAARAJA」。
Maharaja_Kannada_Movie.jpg

無字幕上等!作品。


【念力物語】
スーリヤ(スディープ)は赤ん坊の時に事故死した両親に代わって、たまたま居合わせた富豪の家に引き取られます。

母親と妹は彼に信頼を置いているものの、父親と3人の兄と兄嫁は彼をうとんじるばかり。

仕事を懸命にこなし、父親のライバルへも単身立ち向かうものの、いつも父親からは誤解されています。

ある日やってきた使用人が、父親不明で妊娠していることが発覚します。
窮地に立たされる彼女のために「自分が父親だ」と名乗るスーリヤ。
父親と兄弟に殴られて身重の使用人ともども家から叩き出されます。

力仕事をしながら妊婦をいたわり、陰で父親のライバルの魔の手から家族を守るスーリヤ。
しかしある日、兄の一人が父のライバルの色仕掛けにまんまとのせられ自分の家の穀物(?)を盗む手引きをするところをスーリヤが見とがめる、という事件が起きます。
やってきた父と警官にとっさにスーリヤが犯人だと罪をなすりつける兄。

スーリヤは留置所に送られるのでした。
彼はそこで自分が本当に愛していた人が結婚知ることを知ります。
彼女とは互いに憎からず思っていたのですが、スーリヤが使用人をかばったばかりに破局していたのでした。

護送途中に逃げ出したスーリヤは彼女の結婚式にやってくるのでした・・・。


インド映画ではよくいい年した男性も母親に寄り添うシーンがあります。
最初はびっくりしましたが、いまでは至極普通。
むしろ、愛情の表現の仕方がだいぶ異なる日本の男性のほうが今では奇異に感じることもあります。

そのくらいインドの男性、ママが好き。
もちろん、インド男性に限らず、どの国だってどんな子供だって、いくつになったって、ママが好き、ママは太陽なんですけどね。

スーリヤが針のむしろのような家で心優しい人に育ったのは、自分の子と同じように愛したママがいたからなのでしょう。
悪者のたくらみで酒を飲まされた牛がママを襲うシーンでも、牛相手に素手で戦うのです。

なので、使用人をかばって父親と名乗ってしまったときの母の表情に胸がつかれる思いだったに違いありません。

何でもできてスマートな役ではなくて、時にこのような役を演じるときのスディープ様の切なさったら・・・。

特に妊婦さんと元カノが出会ったシーン。
元カノが相手を侮辱したときに殴るんです、あのスディープ様が。
その時の哀しい表情!
ここですべてを知ってるあたしが泣かなくて誰が泣く!とばかりに涙腺決壊。


この作品、歌の場面の動画も上がっていない、どっちかというと地味な作品なのですが、あたしは好きです。
人情話っぽい感じなのですが、ウェット過ぎず、ちゃんとおちゃめなシーン(すっぽんぽんご披露をほのめかすような)もあって、涙は出たり引っ込んだりの二時間半でした。

mahaaraja2.png



この年5本の作品が公開されているスディープ様。
すごいですね、単純に考えればおよそ二か月半ごとに新作公開ですよ。
ファンにとってはウハウハな年だったと思います。

しかも翌年2月には彼の初監督作品【My Autograph】も公開されています。

そんな仕事熱心さは今も変わらずのようで、あちらの記事によれば右手骨折で医師に手術を勧められながら【MIRICHI】リメイク版を撮るために現場に戻って行ったようです。

どんどん仕事をしてくれるのは嬉しいけれど、体は大事にしてほしいと思う今日この頃であります。








スポンサーサイト


んさいげん!


<<葉問 最終章 | ホームへ | ルンギもアクションも男気も!!/Kaashi from Village>>
コメント
>すっぽんぽんご披露をほのめかすような

ほのめかすだけじゃなく、是非、ご披露プリーズ(爆)

ええ、ワシが食いつかんで、誰が食いつく?のポインツ!(笑)
任務完了(^^ゞ←使命感(爆)
【2013/10/07 00:28】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
そうそう、ママ好きだよね。それもスッゴク!
連れてってもらったシャールクの映画でも、ママが大事な映画があった。
あの、生まれ変わるやつ(^^;…ごめん、タイトルが出てこない。
あんなに美味しそうなお弁当やご飯を作ってもらって育つんだから、大事だよね。
インド映画のそういうとこ好きだよ。
【2013/10/07 09:24】 | アンディ #xRS1q4qQ | [edit]
> >すっぽんぽんご披露をほのめかすような
>
> ほのめかすだけじゃなく、是非、ご披露プリーズ(爆)

実はほのめかすのは最初に見た「ハエ」もだったのよ。
あたしが落ちたのはそこかもしれない・・。

あたしもぜひ、披露してほしい方に一票!

> ええ、ワシが食いつかんで、誰が食いつく?のポインツ!(笑)
> 任務完了(^^ゞ←使命感(爆)

ってがっぷり食いつき多謝。

【2013/10/07 11:25】 | やっほー #- | [edit]
> そうそう、ママ好きだよね。それもスッゴク!

そうなのよ。中華男子もそうじゃない?

だけど、日本の子は屈折しちゃうんだよねえ、たぶん表現方法が。

> 連れてってもらったシャールクの映画でも、ママが大事な映画があった。
> あの、生まれ変わるやつ(^^;…ごめん、タイトルが出てこない。

あはは。「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」ね。

> あんなに美味しそうなお弁当やご飯を作ってもらって育つんだから、大事だよね。
> インド映画のそういうとこ好きだよ。

だよねえ。
ちゃんとママが好き!って当たり前のことを表現してるのがいいなあって。
感情表現がストレートだからねえ、あちらは。

スディープ様の長身でも、
あのラジニさんですら、
ママの膝枕だいすき!だから。
【2013/10/07 11:31】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1265-a51b7b1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。