タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

「コールド・ウォー/寒戰」

2013.11.07(13:47) 1288

たしか、今年の香港電影金像奨を総なめにした【コールド・ウォー/寒戰】。
梁家輝さんはこの作品で影帝さまになったし、


fb3367b93bc2459e94305fb08563b229.jpg
見るの楽しみにしてました。


お話。

警察の二つの部署のトップ、M.B.リー(家輝さん)と
150854261.jpg



ショーン・ラウ(アーロン)は、

1352171749-260x380.jpg



次期長官候補の最有力者でした。

ある日、パトロールに出ていた小隊が誘拐され、身代金の要求がなされます。

誘拐された5人の警察官の中には、家輝さんの息子・ジョー・リー(エディ・ポン)も。

長官(マイケル・ウォンだわさっw)が香港を不在にしていたので、この捜査の陣頭指揮を家輝さんが執ることに。

やがて、捜査の中で家輝さんとアーロンの対立があからさまになって行くのでした…。

            

すみません。
あたしにはこれが何故そんなに評価されたのか分かりません。

パンフレットを読むと、もともとはもっと地味な脚本だったらいしいのですが、プロデューサーのビル・コンがアクションシーンを入れたほうが商業的に成功する、と言ったとか。

あたしは、もっと舞台劇のように狭い中でいろんな思惑が入り混じる心理劇が見たかったなあ。
まあ、爆破シーンとかあるとびっくりして目が覚めるけどね。

作品としては、あたしが家輝さん迷だからかもしれないけど、彼におんぶにだっこのさくひんだったなー、と。
ICACのアーリフ君相手の演技なんて、息をのんだもの。
やっぱり上手いのよ。


で、もっと緊迫した心理戦だったら、ちょっとアーロンは苦しいかな。
(アーロン迷の方、ごめんなさい。)
いや、【父子】では最高の演技をしたと思うので、やってやれないことはないと思うのよ。
ただ、この監督ではどうかな。
是非、アーロンだけは譚家明(パトリック・タム)に演出をお願いしたい。

あと、ちょこっと出るアンディもあたしにはなんかふわふわしてて???でした。
アンディ迷の方、いらしたらごめんなさい。
いや、アンディだって・・・

たぶん、この監督さんたちの力量の限界なのかな。
すごい顔ぶれの俳優陣なのに、なんかもったいない。

続編もある、とのうわさもあるらしいので、その時は是非、一発逆転、してほしいと思います。
スポンサーサイト


んさいげん!


<<4回目【マッキー/Makkhi】カットされたとこ答え合わせと印度煲仔飯 | ホームへ | 3回目の「マッキー/Makkhi/Eega」とパンフレットのこと>>
コメント
あれなんだわ~。
ひねりすぎな割りには、ラストがあっけなくて。。。。
伏線らしい伏線もないし。
あれじゃ、ポンちゃんアホみたいだ。

でも、あれだけ香港の街を堪能したのは
久々だったので、うれしい・・・
って、香港で受けたのはそこか?
【2013/11/07 23:05】 | 多謝。 #SO3OMlUc | [edit]
> あれなんだわ~。
> ひねりすぎな割りには、ラストがあっけなくて。。。。

そうなの。
なんか結末に迷ったのかいな?と思ってしまいました。

> 伏線らしい伏線もないし。
> あれじゃ、ポンちゃんアホみたいだ。

彼の扱いはひどかったですね。

> でも、あれだけ香港の街を堪能したのは
> 久々だったので、うれしい・・・
> って、香港で受けたのはそこか?

あ、旺角が!とかね。それは楽しかったわ。
でもねえ・・・なんだか物足りないのよね。
シャングリラも大変な目にあってましたね。
【2013/11/07 23:11】 | やっほー #- | [edit]
こちらは土曜日からなので 初回にかちこみます

実は去年の大名との香港旅行の際 
目の前の映画館でやってたけど
まあ大名連れでは ひこ映画じゃ無かったし 
アーロンはイマイチなので(失礼)無理して観無かったのです
正解だったか 英語字幕じゃ多分寝たかな(笑)

監督の力って大きいですよね~
朝イチなので多分寝ないで観れると思いますが(笑) 
【2013/11/07 23:27】 | usako #udg4x/Zk | [edit]
いちいちおっしゃる通りで、なにもいうことはございません・・。

でも私、この映画は、香港映画ファンが香港映画スタッフの中にもいるんだな、と思ったので、自分のブログの中でも、あまり直球でいろいろいえなかったです。
気持ちはわかるってことで。

あと、当時、こういういかにも香港警察刑事もの、な映画が久しぶりだった、というのもあります。
日本の公開は、ちょっと遅いですからね。。
エイベックスも、どうせなら香港公開から間髪入れずに、くらいのタイミングで上映してくれればよかったのに。

アンディは、かなり年齢相応にみえましたね。
アンディにしかみえなかったです。笑
【2013/11/07 23:31】 | ゆずきり #IY7bLZJE | [edit]
こんばんは。
私この映画、飛行機の中と映画館で2回、計3回見たんですが、何度見てもいまいちスッキリせずにいます。
皆さんのおっしゃるように、なんか本筋よりも枝葉にこだわってしまったために、面白みが減ってしまったなぁと。
次回作も作るのでしょうが、あまり期待出来ないなぁなんて思ってしまっています。
【2013/11/07 23:48】 | misao #NrnKrJ0U | [edit]
> こちらは土曜日からなので 初回にかちこみます

あ、ご感想、楽しみです。
マッキーと合わせてw

> 実は去年の大名との香港旅行の際 
> 目の前の映画館でやってたけど
> まあ大名連れでは ひこ映画じゃ無かったし 
> アーロンはイマイチなので(失礼)無理して観無かったのです
> 正解だったか 英語字幕じゃ多分寝たかな(笑)

あたしは中文英文どちらも自信がないので、この映画のお話自体が理解できなかったと思います。
日本語版で見られてよかったです。

あはは。アーロンはイマイチなんですね。

> 監督の力って大きいですよね~
> 朝イチなので多分寝ないで観れると思いますが(笑) 

大きいと思います。
そういう意味で、パトリック・タム導演は偉大だったと思います。
あの「いつでもアーロン」な役者さんを、あんなひどい父ちゃんにさせたのですから。

朝イチなんですね。
なら大丈夫かと。
【2013/11/08 15:08】 | やっほー #- | [edit]
> いちいちおっしゃる通りで、なにもいうことはございません・・。
>
> でも私、この映画は、香港映画ファンが香港映画スタッフの中にもいるんだな、と思ったので、自分のブログの中でも、あまり直球でいろいろいえなかったです。
> 気持ちはわかるってことで。

きっとこの監督さんたち、香港映画大好きなんだなー、っていうのは感じました。
ただ、お好きだったらごめんなさいなのですが、この夏に見た「アイアン・フィスト」と似たものを感じてしまいました。

心意気だけはあっぱれだと思うのですが、大好きな香港警察ものだけに、もうちょっと何とかならなかったのか、と。

> あと、当時、こういういかにも香港警察刑事もの、な映画が久しぶりだった、というのもあります。
> 日本の公開は、ちょっと遅いですからね。。
> エイベックスも、どうせなら香港公開から間髪入れずに、くらいのタイミングで上映してくれればよかったのに。

確かに、こういう作品、珍しくなりましたものね。
そして、公開も遅かったし・・。

> アンディは、かなり年齢相応にみえましたね。
> アンディにしかみえなかったです。笑

あはは。なんか、そこにいるのは香港警察の人ではなく、まぎれもなく「アンディ」でした。
アンディいてもがーとんが頑張っていたのが嬉しかったです。
【2013/11/08 15:17】 | やっほー #- | [edit]
> こんばんは。
> 私この映画、飛行機の中と映画館で2回、計3回見たんですが、何度見てもいまいちスッキリせずにいます。

こんにちは。
3回もご覧になったんですね!
すごいなあ。
あ、でも、あたしももう一回ぐらい見てもいいかも。

見届けたいような感覚。

やっぱりスッキリされなかったんですね。

> 皆さんのおっしゃるように、なんか本筋よりも枝葉にこだわってしまったために、面白みが減ってしまったなぁと。
> 次回作も作るのでしょうが、あまり期待出来ないなぁなんて思ってしまっています。

こだわり過ぎてそぎ落とせなかったのでしょうか。
沢山描きたいものがあったのかな。

次回作、監督が変われば何とかなるかしら。(ならないかな・・・)
【2013/11/08 15:20】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1288-13d68609
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。