タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

プニート君に前半苦戦/Jackie

2013.11.26(13:53) 1296

kannada_movie_jackie_wallpaper_-Bavana_Menon_and_Puneet_Rajkumar2_convert_20131126125210.jpg

スディープさまの【Bachchan】を買うときに、一緒に注文したカンナダ語作品。

今日はこの作品。

[お話】
ジャッキーは母親と二人暮らしの貧しい青年。

ある日幼馴染のヤショーダ(ハルシカ・プーナチャ)に縁談話が持ち上がります。
ヤショーダには別に恋人がいるため、父の進めようとしている縁談を渋ります。
同じ村に住む盲目の少女プッテも連れて恋人とついに駆け落ちをします。

犯罪を犯して逃亡中の友人をかくまった流れで、その友人ともどもヤショーダ探しに出かけるジャッキー。

しかし、後を追ってきた警官に友人は射殺され、ジャッキーはかろうじて難を逃れるものの、警察に追われる身になります。

森の中を逃げる途中、親戚の迷信によっていけにえにされようとしているラクシュミ(バーヴァナ・メノン)を助けます。

彼女と二人でバンガロールを目指す事になるジャッキー。

しかし、旅の途中でラクシュミとはぐれてしまいます。
仕方なく途中の街で車を降りたジャッキーはたまたま近くにあるビルの屋上に上がりこみ寝込んでしまいます。

翌朝目覚めてみると、そこは警察署の屋上。

そこで、彼は警察官の手伝いで遺体回収を手伝わされます。
しかし、池から引き揚げた遺体は同じ村の盲目の少女・プッティでした・・・。

ちゃらんぽらんな兄ちゃんの腕白話と思いきや、人身売買やいけにえなど、シリアスな問題も出てくる作品。
プニート君のルックスが気になってなかなか前半は集中できず、3日くらい寝落ちしてしまったのですが、中盤からはお話の展開の意外さに引き込まれました。

主役はそのプニート・ラジクマール君。
kannada_movie_jackie_wallpaper_-Actor_Puneet_Rajkumar_convert_20131126125130.jpg


君、なんて書いたけど、現在38歳だわ。

スディープさまと二つ違いなのね。
しかし、なんというか今回見たのが「気のいい兄ちゃん」ぽくてついつい、プニート‘君’。

ダンスも上手いし、アクションも面白いです。

ただねえ・・・何というか色気が皆無なのよねえ。

実はこの作品見る前に「Eradu Jadeyannu 」を聴いていて、素敵だなあ。どんな二枚目さんがダンスシーンやっているんだろう・・と妄想が膨らんでいたのですが、これがプニート君で正直がっかり。

目をつぶって聞いてね、の一曲。



まあ、救いと言えば、色っぽさを出していないので、かえって見てる方は気が楽ということかしら。
ホッと一安心。

突然のアルベルベッロ、そして、可愛いバーヴァナちゃんという取り合わせなのに残念なMV。

しかし、「普通に」踊る方はなかなかのプニート君です。


ヒロインのバーヴァナ・メノンという女優さんは、つい先日見たスディープさまの【Bachchan】で悲劇のヒロインを演じていました。

626434__bhavana-menon_p_convert_20131126135119.jpg


毎度お世話になっているカーヴェリ川さんのブログによると、カルナータカ州の南側のケーララ州出身の女優さんだそうです。
楚々としてて可憐なイメージで素敵です。
スポンサーサイト


んさいげん!


<<6回目マッキー/Makkhiとハエ話 | ホームへ | インドより遠いところ>>
コメント
プニート君ってお顔のパーツのバランスが悪いのよね~
スタイルは良いのに残念なことよね~
特に顎が・・・遠目はまだ良いけどね~

色々見せてもらうと 自分の好みが一段とはっきりするわ
やっぱり私にはひこが最高に素敵だとね(爆)
【2013/11/27 22:19】 | usako #udg4x/Zk | [edit]
> プニート君ってお顔のパーツのバランスが悪いのよね~
> スタイルは良いのに残念なことよね~
> 特に顎が・・・遠目はまだ良いけどね~

うはは!
これまた手厳しいw

カーヴェリ川さんにおしえていただいたのですけれど、
サンダルウッドの大御所俳優さんの息子さん、だそうです。

同氏によりますと、
「プニートに一目惚れする日本人はいない」そうなので、大丈夫です。(何がだ?)

ちなみに、スディープさまはホテルマンの息子さんだそうです。

シャールクも映画界と関係のなかったお家から世界の恋人になった人。

そういう中から大スターになって行くのは並大抵ではないと思います。

とはいえ、映画界のサラブレッドでもスターになれるかどうかは、やはり本人次第なので、プニート君も頑張ってるんだろうなあ、とかえってしみじみしてしまいます。


> 色々見せてもらうと 自分の好みが一段とはっきりするわ
> やっぱり私にはひこが最高に素敵だとね(爆)

うふふ。
usakoさんには彦祖君が絶対!ですものね
【2013/11/28 07:09】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1296-241f4abf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。