タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

Lucia

2013.12.17(13:28) 1306

MV5BMTQyMDA5ODkzN15BMl5BanBnXkFtZTgwMjIzMDkyMDE@__V1_SY317_CR1,0,214,317_


【お話】

Luciaと呼ばれる薬をふとしたことから手に入れた青年Nikki(Sathish Ninasam)。

眠れないことに悩んでいた彼がそれをのんだ時から、夢が始まります。

ピザ屋で働くSweetha(Sruthi Hariharan)が夢の中で女優になっていたり、
Nikkiが映画俳優になって彼女と共演したり、

殺し屋に命狙われてたり。

そして、交錯していく夢と現実・・・・。



見ながら、次第にどちらが現実でどちらが夢なのかすらわからなくなっていきます。

疑似Lucia体験的な。

主人公が働くのは街の映画館。
シネコンじゃなくて。

お客さんを暗闇の中で案内するのに使う懐中電灯の扱いも面白い。
あんなに後ろからカップル照射してて気づかれないのかな。

ムンバイでDDLJ見たときに、チケット売り場の窓口の小ささに仰天したけれど、
その反対側(つまり売る方の側)ってこんなになってるんだぁ。

その映画館の主人が掛けているのがカンナダ映画で、断片的に初心者のあたしでもわかる曲が二つ。

11月のあたしの個人的な大ヒットなんばる。
先日見たプニート君の【Jachki】の中の「Eradu Jadeyannu」

そして、スディープ様の「Bachchan」からこちらの曲。





その映画館と対照的なシネコンのワンシーンに貼られているのがサルマンの「タイガー/Ek Tha Tiger 」のポスターでした。


このMVで祝福の赤い水を捨てるのって初めて見たんだけど、どんな意味があるんだろう。




カンナダ映画らしからぬカンナダ映画とカーヴェリ川さんも書かれていて、気になっていました。
かなりのロングランを続けてる作品。


見たいなあ、と思っていたら、ツィッターでここで見られるよ、と教えていただきました。
OKA Mamikoさんありがとうございます。

カンナダ映画なのに公式サイトがあるのも驚いたのですが、ここから入って英語字幕付きで800円くらいで30日間、5回見られます。

これ、Blu‐Rayもある!


カンナダ映画は初心者で、あたしはそれほど数を見ているわけではないのですが、
というかほとんどスディープ様作品しか見ていないのですが、ちょっと毛色が違う感じ。
濃厚なカンナダ映画ではないのですが、イン度は決して低くないのもあたしとしては好きなところ。

もう少し、時間をおいて、また、見てみたいと思います。

こういうの、日本語字幕で見たいなあ。

いい意味で意表を突かれてしまう作品よ。
スポンサーサイト


んさいげん!


<<【Maanikya】いよいよ! | ホームへ | 又平又靚>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1306-32556577
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。