タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

チャンマクるUppi/Katari Veera Surasundarangi

2014.01.02(17:09) 1317

主演はウペンドラ。

そしてヒロインはラミヤ。

Katari Veera Surasundarangi

マフィアの世界に足を踏み入れようとするウペンドラ。
しかし、敵対するマフィアのボスにあえなく殺されあの世へ行きます。

閻魔大王の裁きで、ウペンドラはいいことも悪いことも半分ずつやったので半月ずつ天国と地獄に住むことになります。

天国でインドラージャに出会ったウペンドラは一目惚れ。
さっそくアタックを始めます。

ためらうインドラージャも次第にウペンドラに心惹かれるようになります。

しかし、しょせん女神と(元)人間の恋。
インドラージャをほかの神様を結婚させたいインドラ。

しかし、インドラージャのどうしても、という願いにほだされ、ウペンドラと人間界に戻されます。
その際、ウペンドラが3つの過ちを犯したら、二人は永遠に引き裂かれることになる、と言われます。


敵対するマフィアのボスに殺されたかのように見えたウペンドラは、息を吹き返し、再び人間界での暮らしを始めます。
再びマフィアの世界に向かおうとするウペンドラを人間に姿を変えたインドラージャが見守ります。

しかし、ウペンドラには天国での記憶が消されており、復讐を試みたり、ほかの女性にこころ惹かれそうになるのでした。



冒頭で、いきなりウペンドラがちょこっと踊る「チャンマク・チャロ」があります。

こちらご本家。きれいな(えっ?!)ちゃんまくちゃろ。
o31n7ixcet9x6upn_D_0_Shahrukh-Khan-Ra-One-Chamak-Challo-Song-Photo_convert_20140102164251.jpg



監督はシュレーシュ・クリシュナ(Suresh Krissna)という方。

この監督、タミルやテルグの作品を多くとっているようで、ラジニさんの「バーシャ」もこの監督の作品なのね。

さらにWIKIを見てて気になったのはヒンディ語の作品を2本、1991年と92年に、なんと、サルマンで撮ってる!
91年は「Love」92年は「Jaagruti」。

どんな作品なんだろう。かなり気になります。

ところで閻魔大王。英語字幕ではYAMAって書くらしい。
そして、ヒンドゥ教にも天国と地獄の考えがあるのですね。
ってかあっちが本家かな?

その閻魔大王、
katari-veera-surasundarangi_13317914556_convert_20140102160432.jpg

【Veera Parampare】でスディープさまの服を引きちぎったアムバリシュさんでした。

teeja.png


ところで、これ、アムバリッシュさん目当てでもなく、ウペンドラでもなく、実はスディープさまブツとして見ました。

スディープさまはナレーションで参加。
しかも、そのナレーション、冒頭の3分ほど・・・。

でも、まぎれもなくスディープさまの美声で、ファンとしてはそれで十分見る価値のある作品なのでした。

最後に
そのサルマンの「LOVE」のMVをつけておこう。

このころの体、薄い、サルマン!!

やはり見なければ。
スポンサーサイト

んさいげん!


<<北と南から | ホームへ | お正月>>
コメント
憶えてるわ、ジャバザハットみたいなオッサン(笑)
こんな閻魔様なら怖くないかな?(爆)

っつか、3分のナレーションで、スディープ様ブツと認識って、
さすがっすね~、3分だけ出演でも中信さんブツ@『窃聴~2』よりも、
さらに上をいかれた感があるわ(爆)
【2014/01/02 23:48】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
今年も、よろしくお願いします。

いつも、インド映画のお話を楽しく拝見させてもらってます。
でも、コメントが入れられなくってごめんなさい m(__)m

やっほー様にとって、幸多き年になりますように~
【2014/01/03 06:49】 | ROKOMOKO #- | [edit]
> 憶えてるわ、ジャバザハットみたいなオッサン(笑)

マニアならチェックしておきたい方よねw

> こんな閻魔様なら怖くないかな?(爆)

全然怖くなかったわ。
ウペンドラに押されてたし。

> っつか、3分のナレーションで、スディープ様ブツと認識って、
> さすがっすね~、3分だけ出演でも中信さんブツ@『窃聴~2』よりも、
> さらに上をいかれた感があるわ(爆)

わはは。

お互い、数分に萌える女ね。

この数分は特別な数分間(爆)

今日もその数分間ブツだったわ。
【2014/01/03 20:44】 | やっほー #- | [edit]
> 今年も、よろしくお願いします。

あたしも、どうぞよろしくです。

> いつも、インド映画のお話を楽しく拝見させてもらってます。
> でも、コメントが入れられなくってごめんなさい m(__)m

いえいえ。
マニアックでごめんなさい、なんですw
でも、ここに書いておかないと忘れちゃうのね。

> やっほー様にとって、幸多き年になりますように~

ありがとうございます。
ROKOMOKOさんも良き年でありますように。
【2014/01/03 20:48】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1317-1c62896a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。