タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

色っぽさは皆無だけれど/CHINGAARI

2014.01.06(22:11) 1321

スディープマラソンも終わったし、これからはボリウッドと南インド映画、かわりばんこで見られたらいいなあ、と今日は【CHINGAARI】。

220px-Chingari.jpg


主役はカンナダ語映画の「チャレンジング・スター」ダルシャン。

"チャレンジング・スター!"って冒頭で出てくるのですわ。

【お話】

ダルシャン(ダルシャン)は腕利きの警官。
恋人のギータ(ディーピカ・カマイアー)は彼に心を閉ざしスイスに旅立って行ってしまうところからお話は始まります。

しかし、スイスに着いたとたん、人身売買を手掛けるマフィアによって誘拐されます。

やっと彼女と話ができた電話の最中に彼女は家の中からさらわれるのでした。

彼女の苦境に電話の向こうで手をこまねくことしかできないダルシャン。

彼女を助けるため、スイスに旅立つのでした。

そもそもダルシャンが警官であることを知らずに付き合い始めたギータ。
しかし彼が警官であることを知ったのは、皮肉にも彼女の麻薬依存症の兄が警官に射殺された時でした。
それ以来、二人の仲は上手くいかなくなっていたのでした。

スイスに渡ったダルシャンは手がかりをつかみそうなるものの、犯人の一人が事故に会い、捜査はまた振出しに戻ったかのように見えたのでした・・。





サスペンスものかな?と思うと、緊張感高まるところで過去にさかのぼってダルシャンとギータの恋愛に行ってしまい、気分がそがれました。
惜しい。

グングン追い詰めてってほしかったのに。

そして、ラストのシーン、彼女の腕に倒れこむところはもともと恋愛感情の片鱗も見えないのと、
強い中に潜む弱さがダルシャンには感じられないので、ピンとこないまま劇終となったのが残念でした。

映画の構成がちがったらもうちょっと面白くなったのではないかしら。


ダルシャンという人の作品を初めて見ました。
一本だけであれこれいうのもいかがなものかとも思うのですが、第一印象も大事。

ということで言わせていただくと、

ラブシーンは下手。全然色っぽくないです。


あたしはどの役者さんにもダンスをランビールやリティック並みのレベルは求めません。
しかし、役者なら、ラブラブダンスはラブラブっぽくやってほしいのよ!

シャールクやスディープさまレベルは、求めます!(きっぱり)
役者なら、演じてなんぼでしょう。

色っぽくないダンスシーン。




ということで、インド映画の真骨頂の一つ、ラブラブダンス面では★無し。

さて、この作品、ダルシャンは警官なので、アクションシーンも。
こっちは結構面白かった。
殴り合いより、犯人と思われる一人を見つけて追いかけるシーンがね。ちょっと今まであたしが見てきた数少ないインド映画では見られなかった感じ。

面白かったです。
こちらは★★★くらいかな。
点が辛いのはあたしの基準は宇宙最強のドニーさんですから。

インド映画でもこんなすごいアクションものあるよ~ってのがあったら教えてください。


最後に参考動画。

アクション★5個はこれが基準。

追っかけっこ★5個はこっちです。



スポンサーサイト

んさいげん!


<<全編ほとんど泣きとおし/Bhaag Milkha Bhaag | ホームへ | アクシャイの魅力全開/Special 26(追記しました)>>
コメント
やっほーちゃんが、ラブシーンについて語る日がくるとは!(笑)
しかも、辛口で(≧▽≦)
相当、数をこなしてきたんだね~、実生活じゃあないだろがww
そーね、ちゅーちゅーしてればいいってもんでもないしね~(爆)

アクションシーンはね、ムリよね、求めても(爆)
今後もどこの国のガイジンだって、日本人だって、
勝てる気がしない、あの方には(爆)
【2014/01/06 22:50】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
> やっほーちゃんが、ラブシーンについて語る日がくるとは!(笑)
> しかも、辛口で(≧▽≦)

そうだよねえ。まさかここまでねえ。
でも、いい加減なのは嫌なのよ。アクションもラブシーンも。

> 相当、数をこなしてきたんだね~、実生活じゃあないだろがww

こういうのは耳年増じゃなくてなんていうんだ?
妄想によるラブシーンの極意を見極めたいね。

> そーね、ちゅーちゅーしてればいいってもんでもないしね~(爆)

ああ。
もう、ちゅーちゅーなんてひよっこのすることね。
ちゅーちゅーなしでどれだけ色っぽく見せるかが、やっぱり今は一番見たい。
ちゅーちゅーしてしまうとむしろ興ざめしてしまう体質になってしまったわ。

> アクションシーンはね、ムリよね、求めても(爆)
> 今後もどこの国のガイジンだって、日本人だって、
> 勝てる気がしない、あの方には(爆)

そうなのよね。宇宙最強だから。
唯一無二の至宝なのよねえ・・・。
【2014/01/06 23:15】 | やっほー #- | [edit]
私もキス手前の寸止めみたいな方が好き。
逆にキスすると、あ~あやっちゃったって思うようになっちゃった(笑)

ところど『すたる』とか『なんばるわん』とかは、敢えてのインド英語だよね?
【2014/01/09 08:18】 | yonko #GfcxOkWw | [edit]
> 私もキス手前の寸止めみたいな方が好き。
> 逆にキスすると、あ~あやっちゃったって思うようになっちゃった(笑)

うんうん。

あああ~ってとこでの寸止め、いいよね。
しないことの方が多くを表現してる感じ。

> ところど『すたる』とか『なんばるわん』とかは、敢えてのインド英語だよね?

へへへ。
ふぁーざる、ぶらざる、どらいばる、
こっちの方がだんだん当たり前になってきちゃったよ・・。
【2014/01/09 14:13】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1321-97e0cf45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。