タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

全編ほとんど泣きとおし/Bhaag Milkha Bhaag

2014.01.08(16:37) 1322

インドで買ってきた【Bhaag Milkha Bhaag】。

Bhaag_Milkha_Bhaag_poster.jpg


【お話】

1956年のローマオリンピック。
インドの期待を一身に背負い臨んだミルカー。

しかし、コーチの応援の掛け声に古い記憶を呼び起こされたミルカーは突然失速します。

その後、開かれることになったパキスタンとの陸上競技大会。

しかし、パキスタン行きを頑なに拒むミルカー。
彼を説得するために政府から派遣された役人は、道中、コーチたちからミルカーの半生を聞かされるのでした。




冒頭から泣きっぱなしでした。
ミルカの子供の頃の家族から愛された思い出の、なんと美しいこと。
もう、ここはばぁば目線。

そのあとの残酷な出来事の記憶。

フライング・シンと言われたミルカー。

子供の時、走ることで命を救われ、
長じても、走っていたことで心の深い悲しみから徐々に解き放たれていく姿が見ている方の心もほぐしていきます。

彼を演じたファルハーン・アクタルの全編を通じての演技が、とてつもなくエネルギーに満ちています。

肉体改造も凄いです。

髪に刃物を当てないというスィク教徒なので、お団子をしてるのですが、可愛いです。
時々昔あったドアノブカバーみたいのもしてて・・。



監督としてはシャールクの【Don】【Don 2】を手掛けていて、実力があると思うのですが、役者さんとしては
「Zindagi Na Milegi Dobara/人生は一度だけ」で見たときはそれほど印象に残らず、まあ、そのくらいの人なのかなあ、なんて失礼なこと思っていました。

しかし、この作品で全く変わりましたよ、考えが。
ごめんなさい。

この作品、もちろんファルハーンの渾身の演技なくしては成り立たないのですが、同時に恋人役のソナム・カプール
(パパがあのアニルさん)や



プラカーシュ・ラジや



姉役のディヴィア・ダッタ。

(ポッケのイヤリングのところ。ここも号泣)

ミルカ

2人のコーチ。

脇がしっかりしてこそのこの作品になったと思います。

最初のダンスシーン。



ソナムがきれいなのでこちらも載せとこう。



去年公開されたインド映画の中でも傑作の一本に数えられる作品だと思います。
スポンサーサイト


んさいげん!


<<Action3D | ホームへ | 色っぽさは皆無だけれど/CHINGAARI>>
コメント
このすごい眼力のお髭のオッサンのことかと思った!
すまん、せっかくの感動作だったのに、ズッコケな食いつきで(;^ω^)

この髪型、聖徳太子の頃のに似てるよね~、
なんか、違和感がなかったわ(笑)
【2014/01/08 23:16】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
> このすごい眼力のお髭のオッサンのことかと思った!
> すまん、せっかくの感動作だったのに、ズッコケな食いつきで(;^ω^)

彼がお姉さん役だったら、それはそれで別方面で深い作品になったかも。


> この髪型、聖徳太子の頃のに似てるよね~、
> なんか、違和感がなかったわ(笑)

聖徳太子!?
こりゃあすごいなあ。
髭はちょっと趣が違うけどねえ。

Pちゃん、意外とスィク教徒スタイルいけるのかも?

あ、あたしはターバンを実におしゃれに巻いてる方たち、素敵だなあって思ってるよ。
オススメ(何のじゃ?)
【2014/01/09 14:11】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1322-f8427859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。