タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

お祭りダンスはまだ捜索中/ Kai Po Che

2014.01.12(17:08) 1324

ボリウッドの順番。
見たのは「Kai Po Che」。
r_convert_20140112161039.jpg


去年の大阪アジアン映画祭では「わが人生3つの失敗」というタイトルで上映されてます。

原作はチェタン・バガット。
「きっとうまくいく/3 Idiots」の原作者。

監督はアビシェク・カプール。アルジュン・ランパル、ファルハン・アクタルが出演した「Rock On!」の監督です。

【お話】
かつてクリケット選手だったイシュ(Sushant Singh Rajput) 、
ヒンドゥ教派政治家ビットゥの甥、オミ(Amit Sadh) 、
そしてちょっと変わり者のゴヴィ(Rajkumar Rao)
の三人の若者は
クリケット選手を育てるスポーツクラブとクリケットショップを立ち上げます。

早速イシュはムスリム教徒の男の子アリの才能に気付き、熱心に指導を始めます。

オミの叔父に資金援助をしてもらい、3人は新しいスポーツショップを街中のショッピングモールに開きます。

イシュにはヴィディア(Amrita Puri))という妹がいます。
彼女に勉強を教えてくれるようイシュはゴヴィに頼みます。
ヴィディアとゴヴィは次第に恋仲に。

スポーツショップもクリケットクラブも恋も順調に滑り出したかに見えた2001年1月。
かれらの暮らすグジャラート州を大地震が襲い、かれらのショッピングモールの店も壊滅的な打撃を受けます。

資金援助をしてもらっていた手前、叔父の政治運動に手を貸すことになったオミ。

一方、アリ少年の属するムスリムがヒンドゥー教派政治団体ビットゥたちの立ち上げた被災者支援活動から援助を断られたことをきっかけに、イシュとオミは仲たがいをします。

また、アリを遠征にやるためにイシュが店の金を使ってしまったことでゴヴィとも仲険悪な関係に。

しかしアリをはじめとする選手たちがオーストラリアとの試合に劇的勝利をおさめたのをきっかけに、3人は再び協力し合います。

昔のような関係にもどったかに思えた3人。
しかしムスリムによるヒンドゥー教徒を狙った列車爆破事件が起きます。
その事件に巻き込まれオミの両親も命を失います。

この事件をきっかけにムスリムとヒンドゥ教徒の対立が激化し、やがて暴徒化した者たちがムスリムの虐殺を始めるのでした・・・。



実際にあった地震と宗教対立という事件を通して3人の若者を描いているのですが、お話のリズムが実にいい。

仲良し3人組の日々と、その後の殺伐とした殺し合いという対照的な前半と後半で、
彼らのやりきれなさや熱情が真正面から伝わってきます。



両親を殺されて呆然としている中、叔父に促されるままにムスリムに刃を向けるようになっていくオミ。
無我夢中でアリという少年を助けようとするためにオミと対立するようになるイシュ。
妹思いのイシュの性格を知りつつヴィディアと関係を深めていくゴヴィ。
3人だれにでも感情移入ができる作品でした。

彼らの心の動きが丁寧に描かれていて、彼らに向けられた監督の静かな目が感じられます。
近くに暮らしているがための、相手の宗教を見る目の頑なさ。
向けられた冷静な監督のまなざしは、展開は衝撃的であるのにもかかわらず、見終わった後にしんとした気持ちにさせてくれた気がします。

これもまた去年公開になった作品の、佳作の一本だと思います。

本当はヴィディアとゴヴィのお祭りダンスが好きなんだけど、なかったので、こちらを。



そして、オミの叔父さん、ビットゥを演じたManav Kaulのメイキングシーンを。
なんでって?
そりゃもちろん、好みだったから



スポンサーサイト


んさいげん!


<<人情家アニキの恋物語/Chintakayala Ravi | ホームへ | Action3D>>
コメント
アタシには、面倒な問題っていう認識で^^;
仏教徒ではあるけど、相当テキトーだしな~。
けど、当事者達には、えびでーえびたいついて回るんだろね~。
いつも悲劇的な事件ばかりの印象も強いし、
なんとかならんかいね~って思うよ。
っていう自体が、無宗教に近いよな立場だから
言えるのかな?(苦笑)

邦題だけなら、ドタバタ喜劇かと勘違いしそうだけど、
全然、そーじゃないよね?(^^;
こーゆうのももっと一般公開されればいいのにね!
【2014/01/12 23:40】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
オミの叔父さんが好みて《笑》
でもよく見るとイイ男ね。

私が大阪で見たとき隣とうしろがインド人グループで、ちょっとした“まみれ”鑑賞だったのだけど、ゴビがイシュの真似して新店舗の説明をするシーンや妊娠発覚後「計算したのに…」てつぶやくシーンで笑ってました。インド人の笑いのタイミングが分かって興味深かったです。
一昔前で3ケツしてる貧乏演出も好き。
これ3曲ともいいよね~
【2014/01/13 12:36】 | maiko #Cwt9fnWU | [edit]
> アタシには、面倒な問題っていう認識で^^;
> 仏教徒ではあるけど、相当テキトーだしな~。
> けど、当事者達には、えびでーえびたいついて回るんだろね~。

たぶんねえ。ついて回るんだと思う。
こればかりはお外からはなんともいえないのよね。



> いつも悲劇的な事件ばかりの印象も強いし、
> なんとかならんかいね~って思うよ。

身内の結束はますます強まるんだろうけれど。

近くにいればいるだけ、あれこれ見えてきちゃうんだろうね。

> っていう自体が、無宗教に近いよな立場だから
> 言えるのかな?(苦笑)

あたしもほぼ無宗教だから。
でもだからこそ見えてるものも、きっとあるはずだよね。


> 邦題だけなら、ドタバタ喜劇かと勘違いしそうだけど、
> 全然、そーじゃないよね?(^^;
> こーゆうのももっと一般公開されればいいのにね!

そうだね。

でも、書いてると重そうだけど、見ていて重苦しくはないの。

これは監督の腕だな、と思ったわ。

必ずどっかにふっと力を抜くところをつくってくれたりするの。

日本の映画はずーっと突き詰めちゃうのが多そうで、もう、それを見続ける気力も体力も失った気がするわ。

こういう作品もどんどん公開してほしい。
見るたびに意表を突かれるインド映画、山ほどあるから。
(もちろん、似たようなのもあふれるほどあって、幸せなんだけどねえ)


【2014/01/13 22:30】 | やっほー #- | [edit]
> オミの叔父さんが好みて《笑》
> でもよく見るとイイ男ね。

えへへ。
でしょ?

食いつきどころ、間違ってないよね?

> 私が大阪で見たとき隣とうしろがインド人グループで、ちょっとした“まみれ”鑑賞だったのだけど、ゴビがイシュの真似して新店舗の説明をするシーンや妊娠発覚後「計算したのに…」てつぶやくシーンで笑ってました。インド人の笑いのタイミングが分かって興味深かったです。


大阪でご覧になってたのね。
いいなあ。日本語字幕で見たかったです。
しかもまみれ鑑賞!!

今年は何が来るのかしら、大阪。
かなり期待しているんですが。

> 一昔前で3ケツしてる貧乏演出も好き。

あれ?記憶から欠落してるんですけど。
もう一度見直してみます。

(オミの叔父さん鑑賞するついでに)

> これ3曲ともいいよね~

いいですねえ。
いつも聞いてるボリウッドの音楽とは違ってましたね。
民族音楽っぽい、っていうのか・・。
【2014/01/13 22:34】 | やっほー #- | [edit]
>ビットゥを演じたManav Kaulのメイキングシーンを。

この方、お茶目さんですね!
映画のメイキングって、おもしろいですよねえ~

どこかの国で諍いがおこると、宗教がからんでいる事に、
なんだか哀しい気がします。
その宗教が、どんな教えなのかは知りませんが、
信心を持つ者同士が、どうして争ってしまうのか、、、

私自身、一つの宗教に凝っているわけでなく、
色んな所にお参りしますから~(^_^;)

京都という土地柄、お寺も、神社も身近なモノなのでして、
京都には色んな宗教も混在してますしね~

ちょっと映画のお話から外れてしまったようでごめんなさい。

今日久々に、レンタル屋さんに行くと、以前よりインド映画が増えてました。
あ、やっほー様が書かれてた映画だ~って(^_^)v
【2014/01/15 01:25】 | ROKOMOKO #- | [edit]
> >ビットゥを演じたManav Kaulのメイキングシーンを。
>
> この方、お茶目さんですね!
> 映画のメイキングって、おもしろいですよねえ~

いいでしょう?
映画の中身ではちょっと違うのですが、こういうメイキングでは作品と違う表情も見られるので面白いです。


> どこかの国で諍いがおこると、宗教がからんでいる事に、
> なんだか哀しい気がします。
> その宗教が、どんな教えなのかは知りませんが、
> 信心を持つ者同士が、どうして争ってしまうのか、、、


宗教に関してはあたしは全くわかりませんが、諍いになったら、これはもう宗教ではなく「人間」の争いなんだろうなあ、と思います。

もしかしたら理由づけとして宗教があとからつけられているだけなのかも、とか。

> 私自身、一つの宗教に凝っているわけでなく、
> 色んな所にお参りしますから~(^_^;)
>
> 京都という土地柄、お寺も、神社も身近なモノなのでして、
> 京都には色んな宗教も混在してますしね~
>
> ちょっと映画のお話から外れてしまったようでごめんなさい。

うちの夫もROKOMOKOさんと同郷なのですが、あれこれたくさんある土地で育ったためなのか、逆にとてもドライです。

あたし以上に。


> 今日久々に、レンタル屋さんに行くと、以前よりインド映画が増えてました。
> あ、やっほー様が書かれてた映画だ~って(^_^)v

まあ!思い出してくださってありがとうございます。
すこしずつこうして増えていってくれたらいいなあ。
【2014/01/16 23:12】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1324-3fa99691
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。