タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

Chithiram Pesuthadi

2014.04.14(07:42) 1364

スディープ様の「Kiccha Huccha」のオリジナル版。

タミル映画です。

【お話】
Thiru(Narain)はAnnachi(Kadhal Dhandapani)の息子を助けた腕っぷしを買われ、彼のもとで働くことになります。

ある日、Thiruは子供たちが通学の手伝いをするCharu (Bhavana)と出くわし、それからというものことあるごとに喧嘩を繰り返します。

しかし、それぞれが自分の気持ちに気付き始め急接近。
Charuはいいところのお嬢さん。
Thiruは今までの稼業から足を洗い、道でぬいぐるみを売る仕事を始めます。

Charuは自分の縁談がもちあがったことから、自分には好きな人がいると父親に告白。
父親は驚くものの二人の関係を認め、ThiruとCharuの結婚の準備が始まります。

しかし、ある日売春宿で警官に捕まっているThiruを目撃してしまった、Charuは気持ちを閉ざしてしまいます。

彼女との結婚が破談になり、Thiruは元の稼業へ戻っていくのでした・・・。


           

PeriploさんにDVDを貸して頂いて見ることができた作品。

主役を演じたNirainという役者さんが良いです。
やはりこの作品のまず第一の見どころは、自分の気持ちに気付いたところのThiruの変化。
Sudeep版とはまた違った、武骨さがより一層出ています。

街中でド派手な仕事着になってぬいぐるみを売るところも微笑ましい。
全然似合っていない。
しかもぬいぐるみが可愛くない。

(Sudeep様が売るのは、さらにそれに輪をかけて可愛くない「シロモノ」なのですが・・爆)

そして警察に捕まったのをに見られた場面も切ない。
ああ!なんて残酷


さらにラストの「俺を見るな!」の場面ね。
ああ、もう、泣きましたよあたしは。

この作品、アクションも好きだ。
冒頭のトイレでのシーン。
(これ、Sudeepカンナダ版では駐車場でした。)
Annachiが駆けつけてきて・・・のところは久々にぐぇぇとなりました。
ああ!香港黒社会ものを見るようだ。
(嫌いじゃない。)

Thiruがもとの世界の戻って行っていくシーンは最高に好き。
がらんとした空き地でのあのシーンは名場面だ。
アクション監督誰なんだろう。

いつもインド映画はアクションが物足りないのですが、この作品でのThiruの蹴りに力がみなぎってるんです。
このNarainという役者さんが上手いのか?

気になります。

監督はShanmugha RajaMysskin。
ウィキでは6本しか紹介されてないのですが、この監督作品、ほかのも見てみたいです。

ダンスシーンはこれが最高。
最初にこれだけを見たときはイマイチぴんときませんでしたが、作品の中で見ると、ぐっと渋さが引き立ちます。

麗しきルンギの乱舞!!



スディープ版



これも好き。武骨男子の恋。



スィープさまの方は、ぐっと甘い。
はぁぁ~っ






スポンサーサイト


んさいげん!


<<Singam 2 | ホームへ | Manichitrathazhu>>
コメント
監督の「Shanmugha Raja」って、一瞬誰かと思いましたが、「Mysskin(ミシュキン)」のことですね。
他のもぜんぶ良いので、ぜひ見てください。(ほとんど字幕なしDVDになりますが。)
【2014/04/14 09:42】 | カーヴェリ #- | [edit]
本作を面白いと思ったのでしたら、ミシュキン監督作ではAnjatheyというのもお勧めですよ。字幕付DVDがあり、主演はやはりナレンです。
http://periplo.mond.jp/cgi/mt/archive1/2011/11/tnwanjathey.html

他にも北野武作品のリメイクをしてたりと、色々面白い監督です。
【2014/04/14 10:20】 | Periplo #- | [edit]
> 監督の「Shanmugha Raja」って、一瞬誰かと思いましたが、「Mysskin(ミシュキン)」のことですね。

ああ!そうです。
(なんで間違えたんだろう・・・。v-12


> 他のもぜんぶ良いので、ぜひ見てください。(ほとんど字幕なしDVDになりますが。)

はい。
みたいですね。
字幕なしなんですね。
がんばります。念力使います。
【2014/04/14 20:47】 | やっほー #- | [edit]
このような作品のDVD、見せていただきまして、ありがとうございます。
ちょっと呆けてしまいまして、次の作品が手に着かない感じです。

> 本作を面白いと思ったのでしたら、ミシュキン監督作ではAnjatheyというのもお勧めですよ。字幕付DVDがあり、主演はやはりナレンです。
> http://periplo.mond.jp/cgi/mt/archive1/2011/11/tnwanjathey.html

探してみます。
同じ役者さんの作品なんですね。楽しみだわ。

> 他にも北野武作品のリメイクをしてたりと、色々面白い監督です。

北野監督は菊次郎しか見ていないんですが。・・・この監督さんから北野作品見ることになるかもしれませんね。

ありがとうございます。
【2014/04/14 20:52】 | やっほー #- | [edit]
「Shanmugha Raja」って、ミシュキン監督の本名ですよ。
ミシュキンが翻案した北野武の作品は、まさにその「菊次郎の夏」です。
【2014/04/15 23:18】 | カーヴェリ #- | [edit]
> 「Shanmugha Raja」って、ミシュキン監督の本名ですよ。

ああ!そうだったのですか。
あわてて消しちゃいました。

監督さんでもあちらでは芸名?源氏名?ニックネーム??使うんですか?


> ミシュキンが翻案した北野武の作品は、まさにその「菊次郎の夏」です。

ぎょへー!!!w
見ます。

【2014/04/16 00:24】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1364-cd3c3d84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。