タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

A

2014.06.21(23:53) 1392

A.png


ウペンドラ監督・主演作品。

ヒロインはCandini。

これねえ、どこからどこまで書いていいんだろう。
これを読む人がいれば、の話だけど。

気難しい映画監督が撮った作品「A」。
しかし、その作品は途中からごっそりとカットされていました。
このカットされた部分が見たいという声に語られたこの作品と監督、そして恋人であった女優の物語・・。

いつもエネルギーの塊のようなウペンドラが今回もすごい勢いでまくしたて演じています。
だんだん何が真実なのかわからなくなるほど、かく乱されます。

愛を信じない男から、愛のために身を持ち崩す男までかなりのハイテンションで演じています。

実はインドから帰ってすぐに見たのですが、何せあの時は萌え汁やらはなぢやら出し尽くした後で抜け殻でしたので、この作品のウペンドラにさらに残りわずかななにかも奪われた感あり。
萌え汁やはなぢでない、「それ以外の」、そう、生気。

5日間絶食した後でジェットコースターに3時間のったような。

いまもなんか体の芯がぬかれてるような状態なので、もうちょっとよみがえってきたらまた見てみます。





スポンサーサイト


んさいげん!


<<瓶入り | ホームへ | 「侍」背負って Annavaram>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1392-66b29af1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。