タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

川口でインド人まみれ(2回目) Bangalore Days

2014.07.02(10:04) 1396

インド・マラヤーラム語作品。

インド人まみれで見てきました。

ケララに住む Kuttan (Nivin Pauly)
BD5.jpg

その妹 Divya (Nazriya Nazim)と

BD.jpg

Divyaの結婚相手Das (Fahadh Faasil)

BD3.jpg

 KuttanとDivyaの従兄弟Arjun (Dulquer)
bd4

の物語。

お話はこちらで。

住んでられる方には、ちょっと違和感なバンガロール、なのかもしれないけれど、
4日しか滞在してなかったあたしは
「わぁい!バンガロールだぁ!!」
という気分でした。
前回行きたくても行けなかったバスのロータリーとかねえ。
もう、街の景色を見てるだけでワクワクです。

お見合いの時に,かつて好きだった人がいた、と告白するDas。
「古いものが入っている」と鍵が掛けられた夫の部屋。
仕事人間の夫。
寂しさを兄や従兄弟と遊ぶことで紛らわすDivya。



どうなるんだ?この二人の結婚生活?!

というところを中心にKuttanとCAの恋、
ラジオのDJとArjunの恋、

それから、ケララに住むKuttann,Divyaの両親やDasの元カノの両親も絡み合ってくる面白さ。

夫婦の関係とか、彼を取り巻く大人たちとかの姿がちゃんと描かれていて、172分、だれずに楽しめました。

特にDivyaの人との関係を作っていこうとする姿っていいな。
真摯な気持ちになりました。

女性には全く興味がわかない萌え脳なのですが、その映画に好感持てるかどうかの鍵はむしろ女性が握っている、というのがあたしの持論。
そういう面からもDivya演じたNazriya Nazimは良かった!!
Dasの元カノがイマイチなのも功を奏したか(爆)

Dasを演じたFahadh Faasilはちょっと謎めいた部分も持っていて、上手かった。
お見合いで過去を話すシーン、ゾクッとしたわ。
そして少しずつ彼が妻に心を傾けていく変化を巧みに演じていました。
この役者さん、好きかも。

彼、幸せな時のシーンでは髭がこくなるのよ!

他の出演作品も秀作なようなので、見てみたいです。
(すでに発注済みW)

バイクのレーサーを目指すArjunはDulquer Salmaan という役者さんが演じていましたが、甘い雰囲気で人気あるんだろうなあ・・・。

楽しい冒頭の結婚式でのドーティダンス。
やっぱり巻物バンザイだわ。



見たのは川口スキップシティ。
ケララの方たちにご一緒させていただきました。
ゆるゆると楽しむ雰囲気が心地いい。
日本もこんな雰囲気で映画が楽しめればいいのに・・・・。


インターミッションはスナック(カレーコロッケ)とチャーイ。
美味しゅうございました。





お片付けもテキパキでかっこよかったです。


スポンサーサイト


んさいげん!


<<あたしはKannada語の学校に通いたい  「マダム・イン・ニューヨーク/English Vinglish」 | ホームへ | アーロンの最高傑作の1本 浮城>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1396-ee560639
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。