タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

あたしはKannada語の学校に通いたい  「マダム・イン・ニューヨーク/English Vinglish」

2014.07.03(08:21) 1397

本作品の半券持っていくとこちらで映画にも出てくるラッドゥが1個サービスでいただける、というので、映画の前に行きました。

お店の場所を調べていかないいつもいきあたりばったり人間なので、劇場の窓口でチケットを買うとき場所を教えていただきました。
親切に地図まで見せてくださって教えてくださり、ありがとうございます。

さて、お店へ。




いただいたのは今日もマトンカレー。
ワインも付けちゃった。


お腹も満たされたし、劇場へ。



ロビー。
もう、祭りですね。





すでにインド版で見ていたこの作品

夢のような日本での一般公開、初日には仕事で行けませんでしたが、時間が空いたので早速。

DVDで見てはいたのですが、やっぱりアミターブ・バッチャン Jiの登場シーンは、あわや指笛!でした。

EV3.png

一言一言が実にチャーミング。
別れ際にシュリーデーヴィーふんするシャシに言う言葉がいいですね。

初めては一回しかないから・・・云々。
(もう一回見に行ったとき、ちゃんと覚えてこよう。)
あの言葉に最初の涙腺決壊でした。

アミターブJi 改めてファンになりました。
言葉が生きるのねえ・・・・。

ところで、この役、タミル、テルグ版ではAjith Kumarという役者さんがされているとこちらで教えていただきました。
EV4.png

この方だと、また違った雰囲気。

で、どんな役者さんなんだろう、とツィートしたらナンさんがこのお写真を紹介してくださいました。



むっはーーーーーっ!!!
これ見たいわあ。

あ、お話を作品に戻します。


そしてもう一人、今回楽しみだったのはアディル・ハッサン。
シャシの夫役の役者さん。

EV.jpg

この方、日本で公開されてる作品ではこれが実は3本目。
本作品の前に「Life of Pi」のパイの父親役、「エージェント・ヴィノッド/Agent Vinod」ではあたしの中で「主役」の大佐役で出てる。

今回は英語の話せない妻をちょっと小ばかにしている夫。
たぶん、この夫は自分が馬鹿にしていると意識もしていないんじゃなかろうかな。
でも自分のたぶん意識せずに口にしている言葉が、妻を大いに傷つけ、子供たち(特に長女)へも影響を与えていることに気付いていない・・・。
無意識だからこそ罪深いんだけどねえ・・。

前回見たときも感じたのだけれど、この作品って英語啓発作品ではない、と思うのです。
自己肯定感をどうやって得るか、という作品だと。たまたまそれが彼女にとっては「英語」だった気がする。

英語を勉強しよう!と一歩踏み出したことこそが、彼女にとっての転換期、だったんだろうなあ。
踏み出すことは、「初めて」を味わって楽しむことは自分が根っこを張る力になる。

ということで、自分にとっての発根促進剤はただ今インド。

英語じゃなくて4週間でカンナダ語はなせるようになる学校に通いたい。
学校通って、合間に映画見て勉強するのよ。もちろん、映画はSudeep様作品ね

映画が終わってパンフレットを買おうと思ったら、あら、たくさんの英語本w



そして、ショーケースにはたくさんのインドグッズ。



マイソールのサンダルウッドの石鹸を見たときは恋しくて泣きそうになりましたよ。







スポンサーサイト


んさいげん!


<<75杯残さず・・ BB2 Opnening Ceremony | ホームへ | 川口でインド人まみれ(2回目) Bangalore Days>>
コメント
あみたぶジィもしゅてきだが、このあじす?ジィもいいね~(笑)

あ、やっほーちゃんのお話聞いてたから、
アタシも英語啓発ではないと思ってたよ~。
コレが英語だっただけだよね。

新たに何かを始めること、一歩踏み出す勇気、
それに伴う戸惑い、困難、喜び、楽しみ。。。。。。

人生って、コレで終りってことはないよね。
自分が求める限り、可能性はいつも無限に広がってるのかな~。
そして、それがどす黒い欲望へと繋がるオレ達(笑)
【2014/07/04 08:23】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
> あみたぶジィもしゅてきだが、このあじす?ジィもいいね~(笑)

いいでしょう?
40ちょいくらいの方らしいわ。
バリバリな感じ、たまらんわよね。

> あ、やっほーちゃんのお話聞いてたから、
> アタシも英語啓発ではないと思ってたよ~。
> コレが英語だっただけだよね。

うんうん。
そっち行っちゃうと違うかな?って感じる。

宣伝する方としては、こう言う持って行き方もありとおもうけど。

> 新たに何かを始めること、一歩踏み出す勇気、
> それに伴う戸惑い、困難、喜び、楽しみ。。。。。。
>
> 人生って、コレで終りってことはないよね。
> 自分が求める限り、可能性はいつも無限に広がってるのかな~。
> そして、それがどす黒い欲望へと繋がるオレ達(笑)

うん。
やっぱりあたしらを突き動かすのは、どす黒い欲望!!
それを力にすっとこもものともせず、突き進むんだよね、わしら。
【2014/07/05 08:12】 | やっほー #- | [edit]
おそくなりましたが、Ajith Kumar、いいですね。
その、おっさんまみれのダンスのある映画、観たい!です。
…と思ったら、これですね。

http://youtu.be/EliJQRqUgKw
http://youtu.be/VraJg5VQ-0E

あら素敵。

タミル映画の仕入れ先は、もっぱら重慶マンションのプレストだったのですが、閉店してしまって残念です。
【2014/07/06 11:11】 | きたきつね #Xnq8k9Uo | [edit]
> おそくなりましたが、Ajith Kumar、いいですね。

いいでしょう!
なんとも匂い立つようなおっさん臭!!

> その、おっさんまみれのダンスのある映画、観たい!です。
> …と思ったら、これですね。
>
> http://youtu.be/EliJQRqUgKw
> http://youtu.be/VraJg5VQ-0E
>
> あら素敵。

ぎゃっはー!!!
ありがとうございます。
なんて素敵。
しかも裾からげ尻はしょいもちゃんと入ってる!!!!

> タミル映画の仕入れ先は、もっぱら重慶マンションのプレストだったのですが、閉店してしまって残念です。

そうなんですってね。
あそこで大プッシュしていただいたダヌシュ作品でルンギ落ちしたので、もうお店が無いと思うと寂しいです。

いまはもっぱらネット通販使ってます。
Ajith作品も探さなくちゃ。
【2014/07/06 11:30】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1397-d84cc858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。