タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

フライング・ギロチン/血滴子

2014.07.06(09:34) 1400

ちびっこの妖怪DVDを借りに行ったら5枚で1080円、という甘言に踊らされ、4枚自分用に借りてきたうちのまず一本目。

387420fe04ad5ea30360dd51f4ca7447_convert_20140706093129.jpg


シネマートで上映されていたのだけれど、見に行けなかったのでした、これ。
お話
時は清朝、第5代皇帝の雍正帝(アンドリュー・ラウ)は、宮廷内において自分に反目する政敵たちを排除するため秘密裏に精鋭たちを集め、暗殺部隊“血滴子”を結成。邪魔者たちを特殊な武器を用いて次々と抹殺していく。部隊の総領官である龔額(ジミー・ウォング)は、隊員の冷(イーサン・ルァン)らに、“反清復明”(清朝を倒し明朝を復権させる)を掲げる革命闘士のリーダー、天狼(ホァン・シャオミン)の暗殺を命じるが、逆に天狼たちの反撃に遭い、仲間の穆森(リー・ユーチュン)が捕らえられてしまう。天狼を追跡する冷は、仲間から尊敬を受け革命を行う彼の姿を見て、暗殺者として生きてきた自分に疑問と葛藤を感じ暗殺を断念してしまう。それを知った朝廷は、冷と義兄弟である雍正帝の第4子(後の第6代皇帝)、乾隆帝(ウェン・ジャン)に仕える親衛隊の海都(ショーン・ユー)に“血滴子”の抹殺を命じる。反逆者として、一転、追われる身となった冷は、仲間たちが次々と命を落とす中、やがて天狼と再び対峙する。そこへ現れる海都率いる屈強の朝廷軍…果たして彼らの運命は如何に!?


主役の天狼演じるホワン・シャオミン(黄暁明)はいつみても美しいです。
イケメンにときめかないあたしは普通レベルのイケメンはむしろ個体識別がつかなくなってしまうのですが、シャオミンは違いますね。
いつみても、あ!しゃおしゃお!!!とすぐ分かります。
突き抜けたイケメン。

あとは今回のイーサン・ルアン(阮經天)のような、鼻水だらだらな演技も見たいです。
(オススメありますか?)

もう一人、イケメン枠は我らがショーン・ユー(余文樂)。
職務のためならば手段を選ばず、の役。
うーん、あたしは文樂師匠久々で、じっくり見たかったのですが何とも冷血過ぎて、へこたれました。
ダメなのよ、殺戮に子供が巻き込まれるの。

意外な発見は乾隆帝演じるウェン・ジャン(文章)がクールで素敵でした。
あの帽子(?)が良く似合う。
FG_convert_20140706090741.jpg

本作品の「見つけたさん」は文章先生でした。

オリジナル版リスペクトでしょう、王羽先生もご出演されていましたね。

オリジナル版



リメイク版


お話の中身はほとんど忘れているのですが、もちろん見ましたよ、王羽の「片腕ドラゴンと空飛ぶギロチン」も、ずいぶん前に。

そのときも、空飛ぶギロチンの禍々しさに慄きましたが、
今回の空飛ぶギロチンは
スタイリッシュにもなっていて、およそ40年も経つと武器一つでも隔世の感ありです。

お話もあのショウブラのなんというか淡々とした感じと異なり、重苦しい。
活劇風味のオリジナルとだいぶ趣を異にしています。
スタイリッシュなったフライングギロチンよりなにより、殺し合いが禍々しかったわ。

久々の東アジア風味の重苦しい映画でござったよ。
スポンサーサイト


んさいげん!


<<愛と憎しみのデカン高原/Preminchukundam Raa | ホームへ | 75杯残さず・・ BB2 Opnening Ceremony>>
コメント
いつか観るかもしれないからw、さ~っと読んだだけにしたから、
あいむそーりーひげそーりー(*^-^*)

しゃおしゃお、今でもあのケツあごは、苦手なのだがw、
なぜか、嫌いになれない(笑)
なので、ちゅーもできるぞ、ケツあごが大接近するけども(爆)

アタシ、王羽のも未見なのよね~(;^ω^)
そうそう、先日某所で、文章が意外とちっさいって発見があったね(笑)
やっほーちゃんはじめ、皆の食いつきがオモロイな~と、うふふってなるよ(^^)
【2014/07/06 17:41】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
> いつか観るかもしれないからw、さ~っと読んだだけにしたから、
> あいむそーりーひげそーりー(*^-^*)

いえいえ。
あたしも見る前のは片目つぶって読むよ。

> しゃおしゃお、今でもあのケツあごは、苦手なのだがw、
> なぜか、嫌いになれない(笑)
> なので、ちゅーもできるぞ、ケツあごが大接近するけども(爆)

今回はケツあごはひげでわからなかったの。
髭の効用。

> アタシ、王羽のも未見なのよね~(;^ω^)
> そうそう、先日某所で、文章が意外とちっさいって発見があったね(笑)

ああ!そうなんだ。
でも小さいのって、あたしら中華ファンは慣れてるよねw
そして、しゃしゃおよりイーサンのほうが大きいんだ!と発見したよ。

> やっほーちゃんはじめ、皆の食いつきがオモロイな~と、うふふってなるよ(^^)

あたしゃ次のしゃおしゃおは鼻水狙うわ。

みんなそれぞれの食いつきが楽しいよね。
【2014/07/07 22:48】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1400-8ee9322d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。