タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

悔いなし!/Googly

2014.07.24(20:42) 1409

Yashさんのファンの方からの
是非、見て!とご推薦作品。
見てみました。
googly2.jpg

【お話】
大学生Sharath(Yash)は成績優秀ながら、その奇行故、生徒から距離を置かれる存在。
ある日マンガロールからやってきたSwathi(Kriti Kharbanda )
は一目見たときから気になり始めます。

一方、Sharathも授業中に起こされたことがきっかけでSwathiが気になり始めます。

やがてお互いの気持ちを知り付き合い始めるのですが、Swathiが親しげにしている友人に腹を立て嫉妬のあまりSwathiも平手打ちして今うSharath。

これで別れて2年。
大学を卒業したSharathはカルナータカの著名な青年実業家になっており、一方Swathiは医師として働き始めます。

Swathiを忘れられず悶々とする息子を見かねた母はSharathに縁談を勧めます。
それがきっかけになり、思い切ってSharathに電話をするのですが、彼女から返ってきたのは「婚約をした」という言葉でした。


えーとねえ、お話は特にどうということはないです。
びっくりするような展開もありません。
ああ、こうなるだろうなあ、という感じになっていき、そうなります。

これ、ヒットしたんですか。

ヒットしたとすればひとえにYash君の魅力?
ダンスは、まあ、そこそこ踊れるのかな。
でも、カンナダ映画は俳優にダンス、求めていないですから・・・。(たぶん)

とすると芝居?
うーん。。。。うーん。。。

そんなに芝居を要求される作品なのか?

わからんですけど、サンダルウッドは若手の台頭を待ち望んでいたのかしら・・・。。

そんな中、Yash君の警官スタイルはもう、こりゃサービスショットだわね。



サングラスをどこにかけるかで普通版、サル版、そしてオレ流
というくだり。
この夏公開の「Dabangg」ですねえ。

殴られた人の滞空時間の長いこと。
インド映画、どんどん滞空時間記録伸ばしていませんか?
香港映画が動体視力への挑戦だとしたら、インド映画はその逆だわね。

それとShwathiが電話を受けるところ。
そんな大雨の中花壇に腰掛けたらあなた、おパンツまで濡れてるでしょ。

最後駅にShwathiを追いかけていくSharathが徹頭徹尾裸足で、
あなた、普通もう足の裏血みどろでないの?

という特に内容はあたしとしてはあれな作品だったのですが
実は見ててとっても楽しかったです。
なあんにも考えないでぼんやりとみられたし・・。




カップルが襲われるシーンで
「ここはアッサムじゃない。カルナータカだ。女性に手を出すのは許されない」(意訳)というのがあるんだけど・・・・。
アッサムとカルナータカってどんな関係なのかしら・・。


特にどうということはない作品(失礼!)なのですが、初めてのYash君作品ということで見て悔い無し、でした。


スポンサーサイト


んさいげん!


<<美女をも跳ね飛ばす/Ramayya Vasthavayya | ホームへ | パリンコマサラ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1409-3fb6f8dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。