タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

100日目から101日目へ~Maanikya

2014.08.09(00:05) 1416

ほんとうは100日目の8月8日のうちに書いておきたかったのですが、ちびっこ関連業務夜の部があったため日付が変わってしまいました。

印度時間ならまだ8日だからいいか・・。

Sudeep様監督・主演作品、「Maanikya」がカルナータカ州の公開100日目を迎えました。

ひゃっほーい!!!!!


100譌・_convert_20140808070039

現地の100日目の上映劇場案内。
(たぶん、ほんの一例)









公開2日目の時の劇場案内。


数はこのころと比べればもちろん減りましたが、あの作品がカルナータカのどこかの町でかかっているのかと思うとワクワクします。


そして、あちらのファンクラブの方たちが作られた
いぇ~!100日だぜ!!なあれこれ。

愛するアニキのためにみんなすごい情熱です。














御写真はFacebookのFCからいただきました。

あたしがインドで撮った写真。
今もこうやって街のどこかにポスターあるんだろうなあ・・・。
いいなあ。




昨日のSudeepさまご本人のツィート。










くどいようですが、この作品、いいです。
ファンなので欲目はもちろん入っていますが。
過激な場面もあるものの、その底辺に流れる親子の情感はとてもきめ細やか。
あのイケメンさん、こんなに繊細な部分を持っていあのかぃ!と彼の作品を見るたび思うのですが、さらにその気持ちが強くなりました。

インドと言えばまだまだ伝説と言っていいほど日本では不思議な国と思われているようですが、
もちろん、びっくりすることもたくさんありますが、
驚くほど共感できるものもたくさんあります。
違っててびっくりすることも、共感できてうれしいことも、これからも味わっていきたいです。
その一番の近道は、やっぱり映画かなあ、と。

一方そのイケメンさん、今日は'Mandya to Mumbai'という作品のなかの歌を入れているのですが、それが公開されました。


すでに新しい作品の撮影に向けても動き出しているようで、ますますの活躍が楽しみです。


スポンサーサイト


んさいげん!


<<MalashriさんHappy Birthday!!~Shakti | ホームへ | Sudeep様、裏切ってね/Attarintiki Daredi>>
コメント
私もここのところずっとダン・チャオの映画の
公開まつりをやっていたので、
やっほーさんの高揚感はとってもよくわかる!
追っかけているスターは違っても、
好きな俳優の活躍を見られるのは嬉しいものですね。

>違っててびっくりすることも、共感できてうれしいことも、
>これからも味わっていきたいです。
>その一番の近道は、やっぱり映画かなあ、と。
ほんと、そうですね。
人間なんだから心情とか同じだよねってこともあるし、
でも環境や習慣の違いから、「へーそうなんだ!」って
思うこともある。それがおもしろいんだけどね。

インドの映画、私は何本かしか観ていないけど
欧米の映画よりは共感する部分も多くて
わりと素直に観られますよ、私は。
日本で上映されるものはごく一部だろうけど、
それだけにハズレがなくて、私の中では高確率で
おもしろいと思ってます。
【2014/08/09 09:55】 | meiry #- | [edit]
私も不毛な道を突き進んでいる者として、やっほーさんさん始め現地のみなさまの高揚感良く分かります。

100日とは凄いです!!、それもファン有ってこそ、本当に大人気なのね〜。
今のインド映画の勢いなら、これ日本でもきっと観れますよね。
日本語字幕でじっくりと観たいと思います!
【2014/08/09 19:38】 | usako #udg4x/Zk | [edit]
> 私もここのところずっとダン・チャオの映画の
> 公開まつりをやっていたので、
> やっほーさんの高揚感はとってもよくわかる!
> 追っかけているスターは違っても、
> 好きな俳優の活躍を見られるのは嬉しいものですね。

ありがとうございます。
そうなんです。
対象は違っても気持ちは同じですよね。

take care!と言いつつその舌のねも乾かぬうちに、次の作品は?などと言い出す始末です^^

> >違っててびっくりすることも、共感できてうれしいことも、
> >これからも味わっていきたいです。
> >その一番の近道は、やっぱり映画かなあ、と。
> ほんと、そうですね。
> 人間なんだから心情とか同じだよねってこともあるし、
> でも環境や習慣の違いから、「へーそうなんだ!」って
> 思うこともある。それがおもしろいんだけどね。

あまりにわかり過ぎちゃうのもちょっと刺激が足りないけど、
あまりに訳が分からないのもねえ。

そんなあれこれが楽しいですよね。

> インドの映画、私は何本かしか観ていないけど
> 欧米の映画よりは共感する部分も多くて
> わりと素直に観られますよ、私は。
> 日本で上映されるものはごく一部だろうけど、
> それだけにハズレがなくて、私の中では高確率で
> おもしろいと思ってます。

わあ!うれしいなあ。
もしご都合が合えば、是非、「あなたがいてこそ」ごらんください。



マッキーの監督ですが、弾けた部分と緻密に計算された部分がバランスのいい作品で、彼の最高傑作の1本と思います。
日本で見られるのはかなりの幸運かと。
【2014/08/09 21:40】 | やっほー #- | [edit]
> 私も不毛な道を突き進んでいる者として、やっほーさんさん始め現地のみなさまの高揚感良く分かります。

いやいや・・・彦さんはすごいですよ。
日本でもたくさんファン、いらっしゃるでしょう?


> 100日とは凄いです!!、それもファン有ってこそ、本当に大人気なのね〜。

映画の楽しみ方がすごいですね、あちらは。
まだまだ一番の娯楽、なのだと思います。

100日、すごいなあ、と思います。
みんなに愛されてる作品なのだなあ、と。

> 今のインド映画の勢いなら、これ日本でもきっと観れますよね。
> 日本語字幕でじっくりと観たいと思います!

カンナダ映画は今までウペンドラの作品が夕張で上映されただけなの。
カンナダ映画ももっと日本でふつうにみられるの、夢です。
あたしも日本語字幕ほしい・・。
【2014/08/09 21:43】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1416-af42aa7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。