タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

ひとえにアーミルのおかげ チェイス!/Dhoom:3

2014.12.09(14:42) 1473

月曜日に見たのが「チェイス!/Dhoom:3」。
Dhoomシリーズは実は全く見ていなくて、これが初めてです。
初めてだけどシリーズ3作目。

お話
シカゴにあった大インドサーカス。
しかし、銀行の非情な判断により融資を断られ、サーカスの団長は自殺を遂げます。

それから月日は流れ、銀行に強盗が入ります。
強盗犯はシカゴ警察の追跡を巧みにのがれ、追っ手をかわします。
犯人をまんまと取り逃がしたシカゴ警察。
事件解決にムンバイ警察から二人の警官が呼ばれるのでした・・・・・。

Dhoom3-1.jpg


実は正直、アーミル・カーンという役者さんがあまり好みではありません。
優等生っぽくて、萌えないんです。

でも、彼の仕事はすごいなあ、とは思います。
今回はサーカス団の人ですのでね、身体作りこんでるし、ダンスはバシバシ踊るし、芝居は無論本気だし。
素晴らしい役者さん。

で、ふと考え込んでしまったのがムンバイ警察のウダイとアビシェク・バッチャン。

余談ですが、ウダイは実はシャールクの作品、Mohabbatteinに出てるんですね。
美しくも悲しいシャールクとアイシュワリヤの恋の物語
mohabattein.jpg


の一方で、若いんだかおっさんなんだかわからない学生で出てたのがウダイ(左端)!

mohambbattein.jpg

正直、なんかその存在が場違いで、思わず学生たち要らん!と思ってしまったほどです。

一方アビシェク(以下、アビ)はあのビッグB、アミタブ・バッチャンの息子。
あたしにとっては彼の作品は見れば寝る、という大睡魔王。
(唯一寝なかったのは「Bol Bacchan」。あ、あと「Raavan」はヴィクラムパワーで起きてたな)
何故かわからないけれど、出てくると眠くなる。

閑話休題。
その二人が演じるムンバイ警官が、なぜシカゴに呼ばれたのか・・・・。
これで半日悩みました。
まさか、犯行現場に残されていたのがヒンディ語の文字だったから?
いや、アメリカにインド人たくさんいるし、読んでもらうくらいいくらでもできるよね。
そんなはずはない!!なら、いったいなぜ彼らははるばるインドから?あたしはどこでストーリーを見落としたんだ?
勇気を振り絞って、どうして?ってツイートしてみたら@elza_genetさんから、そのまさかですよ、と教えられ、驚愕のあまりしばらく立ち上がれませんでした。

それでいいのか?シカゴ警察。

でまあ、来ちゃったものは仕方がない(えっ?)、捜査を開始するわけですが、ウダイ扮するアリは女を見れば目の色が変わるようなちゃらい男。
でも、まあバイクでの追跡シーンできらりと光るものもあり、ああ、こんなところが買われたのね、とやや納得。
で、肝心の大睡魔王アビ扮するジャイ。
これがどうもパッとしない。
ヘリからぶら下がって銃撃とかw
なんかヘタレ感が漂う。
これで犯人が捕まったら、あんなに大騒ぎした割に犯人実は小者じゃない?とまで思えてくるほど。

対立する相手がヘタレだと主役がキツい。

バランスが非常に悪い。

でも、そこはうたい文句が「国宝級」wアーミルですので、二人のヘタレ警官を相手でもきっちりと仕事をしていくんですよねえ。
普通こういうケースではともにヘタレていくのですが・・・。
アーミルの力技に近い完璧な演技により本作品はかなりきっちりとしたイメージとなりました。


ところが、どうやら完全版をご覧になった方によると、ムンバイ警察の二人の腕利きぶりが日本公開時にかなりの部分カットされてるんだって。

劇場の回転数上げるためカットするんでしょうが、そのためにこんなアンバランスな作品になったとしたら、映画っていったい誰のもの?

同じ配給さんから年明けにはあたしの大好きな「ミルカ/Bhaag Milka Bhaag」が公開決定。
大幅にカットされてるバージョンで。
こちらはインドの完全版見ています。
大好きなあのシーンこのシーン、カットされていませんように。

かっこよかったアーミルのタップ。


それからカトリーナ・カイフのパンチのきいたダンス。


是非大きなスクリーンで初見を楽しんでほしいな。
特にサーカスの場面。Malang!


オーディションのところはちょっと画面の切り替わりがあれ?って感じで残念だったかな。目がちかちかするのよ。
あれ、全部カトちゃんだったのかしら・・。
CGはちょっと残念。これ見ると、ラージャマウリはすごいなあ、と思う。
あと、カーチェイスも売りっぽいけど、アンドリューラウが撮る香港の街を疾走するカーアクションはあんなにわくわくするのに、正直全然ワクワクしませんでした。
それは街に思い入れがないせいなのか、やっぱり撮影技術によるものなのか。
スポンサーサイト


んさいげん!


<<アメリカフウ | ホームへ | 笑うタミルホラー/Aaah>>
コメント
実は私もなぜムンバイ警察が呼ばれたのか不思議だったんですけど…娯楽映画だから考えないことにしてましたっ
ウダイの学生集合写真、ひとりだけ腕を広げてアピールがイラっときますね。私は「Pyaar Impossible!」で初めてウダイ見て、結局美人だからプリやんに惚れたんじゃんと思ってしまいました。
ミルカは私の好きな最初の歌(宿舎みたいなところで汗臭い男たちが踊るやつ)がカットされてるそうだけど…監督自ら編集したものなら受け入れます、私。
【2014/12/10 11:23】 | maiko #Cwt9fnWU | [edit]
> 実は私もなぜムンバイ警察が呼ばれたのか不思議だったんですけど…娯楽映画だから考えないことにしてましたっ

あはは。
一応考えたのですね、やはり。

あたしはちょっと前に見た掃毒とかが頭に残っていたためか、やっぱりなんで?って。


> ウダイの学生集合写真、ひとりだけ腕を広げてアピールがイラっときますね。私は「Pyaar Impossible!」で初めてウダイ見て、結局美人だからプリやんに惚れたんじゃんと思ってしまいました。

そでは見ていないの。

でも、良きにつけ悪しきにつけ、インパクトはありますよね。
これからはプロデュースの方にいくらいいので、正直ほっとしていますが。


> ミルカは私の好きな最初の歌(宿舎みたいなところで汗臭い男たちが踊るやつ)がカットされてるそうだけど…監督自ら編集したものなら受け入れます、私。

そうね。監督が編集したなら仕方がないわ。
あの宿舎のところは好きだけど・・・。
【2014/12/13 01:20】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1473-b2f1990d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。