タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

今年の課題 第一弾

2015.01.22(22:37) 1494

某所で去年末決意表明したのですが、今年はちょっとテラリウムをやってみたいと思っています。

19世紀ナサニエル・バグショー・ウォードが発明したといわれているテラリウム。

密閉されたケースの中で蒸散し、それを水分として取り込む、普通の状態では目に見えない植物の「生きている」様が良くわかるんだなあ、と瞬間的にときめいてしまったのです。

かつてこうして大英帝国のプラントハンターは植物を運んできたのね・・。

ということで、今月は第一弾。

初歩の初歩です。

ビンは近所の雑貨屋さんでアンティーク風のを買ってきました。
根腐れ防止剤と、活性炭、小粒のバークチップ、を重ね、その上のミズゴケに
セラギネラ、プリテス、ヒポエステスを植え込みました。


蓋をしたところ。


今日はガラスケースが曇っていました。
植物の営みがはっきりと目に見えて、愛おしい。


反省点

蓋がガラスじゃなかったからか全体的に暗め。
昨日作ったのに100年前のもののような、・・・よく言えば渋い仕上がり。

欲張って苗を入れ過ぎたかな、という気もします。
実はもっと入れたかったのですが、そして、それが本命だったのですが、瓶が小さすぎました。

理想は亜熱帯の深い森。
そこ目指して来月も作ってみたいと思います。気が向いたら。
スポンサーサイト


んさいげん!


<<美白に努める | ホームへ | じゃぶたくとマダム/冰封俠 重生之門>>
コメント
こういうことがしたかったのね。

それにしても、このガラス瓶は模様も入っていて可愛いね。
中の葉っぱたち、どんな風に育つのかな。興味津々。
その後の報告も待っています!
【2015/01/22 23:43】 | meiry #- | [edit]
模様があるのね、蓋も渋いね~。
梅酒の赤い蓋の瓶じゃ、シャレオツじゃないもんねwww
【2015/01/23 00:29】 | パブロ・あいまーる #iU4puUNs | [edit]
瓶とか缶とか箱とか籠が大好きなので、
とにかくこの瓶に惚れました。(笑)

蓋の丸いガラス玉が更に良いわ。

この子達は冬は暖かそうだけど、夏はどうなるの?
【2015/01/24 00:19】 | usako #udg4x/Zk | [edit]
> こういうことがしたかったのね。

そうなの。とことんインドアで楽しむ園芸。

> それにしても、このガラス瓶は模様も入っていて可愛いね。

ありがとう。
あたしもそこきにいってかったけど、ちょっと詰め過ぎだったかな。


> 中の葉っぱたち、どんな風に育つのかな。興味津々。
> その後の報告も待っています!

元気にしてたらまたアップしますね。
毎日呼吸しているようで、ガン見してます。
【2015/01/24 22:12】 | やっほー #- | [edit]
> 模様があるのね、蓋も渋いね~。

ありがとう。
毎日ねっとりと見てるよ。

> 梅酒の赤い蓋の瓶じゃ、シャレオツじゃないもんねwww

でも、梅酒の瓶の赤い蓋も使い方によってはポップで可愛いかも!
ただ大きいのはそんなにたくさんあると人間のいる場所が・・・・。
【2015/01/24 22:15】 | やっほー #- | [edit]
> 瓶とか缶とか箱とか籠が大好きなので、
> とにかくこの瓶に惚れました。(笑)

まあ!缶のみならず、瓶もおすきだったのですね!w

テラリウムで検索すると、うっとりするようなガラス容器もあって、時を忘れます。

> 蓋の丸いガラス玉が更に良いわ。

田舎町には珍しい、アンティークショップで見つけました。
(これはもどき、ですけれど)

> この子達は冬は暖かそうだけど、夏はどうなるの?

夏は直射日光に当たらないところでだいじょうぶみたいです。
蒸れそうなら蓋をあけてやろうと思っています。
【2015/01/24 22:20】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1494-84538e37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。