タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


んさいげん!


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

制服!ごま塩!パンチ!/Yennai Arindhaal

2015.02.16(11:12) 1507

川口スキップシティ。
テルグ映画会の方が上映を企画してくださったAjith Kumar主演の「Yennai Arindhaal」見てきました。

会場のポスター。




【お話】
Thenmozhi(Anushka shetty)
YA2.png

は偶然飛行機で隣になったSathyadev(Ajith)
YA.png
(かっちょいいーーーーっ!
ごま塩バージョンもくっつけちゃお!)
YA5.jpg

が彼女の体調を気遣ってくれたことがきっかけで、彼に対してときめきを感じます。

翌日彼と待ち合わせをしたカフェで暴漢に襲われる2人。

実はいわくありげなSathyyadevを襲ったのではなく真の目的はThenmozhiだったのです。

そうとは知らぬ彼女は彼にますます思いを募らせます。
そんな彼女にSathyadevはかれのこれまでの半生を話し始めるのでした・・・。



あたしが英文字幕追い切れなかったというのもあると思うんですがね、次々とえーーーっ!えーーーーっ!と。

自分は何本インド映画を見てきたんだ?と問いただしたくなるほど、お話自体は実はそれほど奇想天外ではないんです。
でも、お話の進め方が上手いのね。

ちゃんと驚きましたよ。


親子の情愛とか、臓器売買、人生の分かれ道とかいろんなものがぐぐっと詰まっていて、しかもきっちりとまとまっていました。

Ajith扮するSathyadevが娘を愛おしみ、それにこたえる娘のいじらしいこと。
あたしはまんまとGautham Menon監督の意のままに号泣ですわ。

折りに触れて出てくるSathyadevの父(Naasar)も味があるなあ。

一方のArun Vijay演じるVictor(Arun Vijay)
YA3.jpg
も極悪で最高!
ガーガー怒鳴るだけの悪役より、こういう卑劣で冷血な悪役が主役を引き立てます。
SathyadevとVictorの因縁の関係も底辺にあるのも面白い。

Ajithのアクションもよかった。
スタントマスターってSivaって人かな。なに撮ってるんだろう。

Ajithのパンチが本当に効いてる感じでしっかりと重くて、こういうインド映画って珍しいのよねえ。
車や人が飛んじゃうのもいいけど、こういうずしっとしたアクションが新鮮でした。

音楽もサントラで予習しているときはどれもこれもぴんと来なかったのですが、絵が入ってくるとがらりと変わりました。

もう一人のヒロイン・Trisha Krishnan
YA4.jpg
おお!美しい。
のちの悲劇がさらに涙を誘います。

たぶんこちらが第一のヒロイン、Anushka Shetty はちょっと残念だったかなあ・・・・。
彼女の顔って実はなかなか覚えられないの。すみません。

スポンサーサイト


んさいげん!


<<マグネシウム | ホームへ | ココナッツ党宣言>>
コメント
スタントのシルヴァさんは、前も話題にしましたが、【Jilla】と【Veeram】のアクションもやってた方ですよ!
【2015/02/17 12:57】 | むんむん #tHX44QXM | [edit]
> スタントのシルヴァさんは、前も話題にしましたが、【Jilla】と【Veeram】のアクションもやってた方ですよ!

そうそう!
twitterでカーヴェリ川さんとお話してて、途中で、あ!と気づきました。

シルヴァさんと気づかず見ててもやっぱり好みだったので、この方のアクションが自分好みなんだなあ、と改めて愛を確信しましたv-10

Vijayと組むと、またアクションが変わりますよね。
シルヴァさん、すごいです!
【2015/02/17 21:23】 | やっほー #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ngsaigeng.blog65.fc2.com/tb.php/1507-43a7330b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。